暫くして…

杏子「たぶんこの辺に…いたいた」

杏子「おーい」

マミ「あら、佐倉さん!」

みふゆ「こんにちは」

杏子「どーも」

マミ「ん?今日は美樹さんと一緒じゃないの?」

杏子「今日はちょっとな、あ…そうだお前さやかやまどかに何かしたか?」

マミ「え?いや何も?」

杏子「だよな?でもなんかさやかがマミに謝るとか言ってたぞ」

マミ「??何かしら…?」

杏子「まぁいいや、どうせ暇だろ?なんか食いにいこーぜ!」

マミ「まったくもぉ、どうせ私に奢らせるつもりでしょ?」

杏子「ああ!」

みふゆ「ふふっ、本当に素直ですよね」

マミ「しょうがないわね、さっきは殆ど飲まず食わずだったし…」

みふゆ「そうですね、あ!なら最近話題のあそこに行ってみましょうか」

暫くして…

みふゆ「なんということでしょう」

アリナ「かーりーん♪」

かりん「せーんーぱーい♪」

イチャイチャ

マミ「あわわわわわ」

杏子「どこにでも現れるな」

みふゆ「やっちゃん…私まだ死にたくない…」

マミ「もういっそのこと佐倉さんの腕の中で…」

杏子「ちょっと何言ってんのかわかんねーけど」

杏子「最悪あたしの魔法でなんとかするし気にすんなよ、それに結構席離れてるんだし」

マミ「いいの?」

杏子「ん、まぁ奢ってもらうしボディーガード料みたいなもんさ」

マミ「ありがとう、佐倉さん!」

みふゆ「じー」

マミ「?な、なんですか?」

みふゆ「…やっぱり巴さんは私の仲間じゃないのかも」

マミ「えぇ?そ、そんな!?わ、私は梓さんの仲間です!」

みふゆ「ふふ、冗談ですよ。でも佐倉さんと仲良しだなって」

マミ「ま、まあ…佐倉さんは一番古い仲ですから」

杏子「一応元師匠だからな」

マミ「私は佐倉さんを弟子にしたつもりはないのだけどね」

マミ「今も昔も大切な仲間よ」

杏子「はは、そりゃどーも」

みふゆ「弟子…か、私もやっちゃんみたいに振る舞っていれば…」

マミ「由比さんや十咎さんからは今も慕われてるんじゃ?」

みふゆ「やっちゃんほどではないですよ、それに私はみんなから逃げ出したんですから…」

マミ「逃げ出した…」

マミ「……」

杏子「……」

みふゆ「…やっぱり逃げずにちゃんと受け入れるべきだったって」

みふゆ「今はそう思ってるわ…ね、巴さん?」

マミ「っ…」

みふゆ「……」

杏子(ふーん?何だかんだでちゃんとマミの面倒見てくれてんのかな)

梨花「マーミーっちゃん!」

マミ「わぁっ?」

梨花「えへへ、ひさしぶり!」

マミ「綾野さん!どうしたの?」

梨花「友達と待ち合わせしてるの、そしたらマミちゃん見かけたから」

梨花「あ、こんにちは!マミちゃんの友達の梨花です!」

みふゆ「ふふ、こんにちは」

杏子「おっす」

梨花「ん?もしかして杏子ちゃん?」

杏子「え?あぁマミから聞いたのか」

マミ「いや?私はまだ…」

梨花「友達から聞いたの、何回も助けてもらったって」

梨花「ありがとう、杏子ちゃん!」

杏子「なんかよくわかんねーけど、ありがとね」

れん「ぅ…」オロオロ

杏子「ん?あれ、あそこにいるの…」

梨花「あ!れんちゃーん!」

れん「ぁ、り、梨花ちゃん…!」

みふゆ「ば、バレてませんよね?」

マミ「完全に二人の世界に入ってるみたいだし大丈夫だと思います…」

アリナ「あーん♪」

かりん「あーん♪」

杏子「何があったらあそこまでキャラ崩壊するんだろーな」

その頃

テンコウセイヲショウカイシマス

キレー

カワイイー

スッゲーブジン

いろは(あんまりアニメとか見たことないからわかんないけど)

いろは(昔ういと見た魔法少女のアニメってこんな感じだったよね)

いろは(今のところシリアスな感じ全然しないけど…)

ほむら「じー」

いろは(ほむらちゃん、すごく真剣に見てる)

いろは(……ほむらちゃんの横顔…やっぱりやちよさんみたい)

いろは(やちよさんと映画…いつか来たいな)

いろは(やちよさん…今はまだ撮影中なのかな…)

その頃

さやか「やちよさんからも連絡ができない…?」

やちよ「ええ、まったく反応がないわね」

まどか「マミさん…?何かあったのかな…」

やちよ「今はわからないけど、昨日もいつも通りだったから心配する必要はおそらくないわ」

やちよ「それに巴さんが連絡先を変えたとしても、それを私はともかく鹿目さんや美樹さんに隠すとは思えないもの」

やちよ「きっと他に理由がある…だからあなた達を嫌いになんてなってないわ」

やちよ「巴さんはそんな子じゃないわよ」

まどか「マミさん…」

さやか「……」

さやか(冷静に考えてみたら…そうだよね…)

さやか(マミさんはそんなことする人じゃないよ…)

さやか(でも…)

やちよ「ひょっとしたら、今ごろうちにいるかもしれないわ」

やちよ「ちょっと待っててね、うちにかけてみるわ」

やちよ「………」

やちよ(あら?でないわね…いろははいないのかしら?)

さな『も、もしもし』

やちよ「あ、もしもし。さなね」

さな『は、はい、どうかしましたか?』

やちよ「そっちに巴さん来てない?」

さな『いえ…まだ今日はきてないです』

やちよ「そう、ありがとう。フェリシアはゲーム?」

さな『はい』

やちよ「ふふ。一段落ついたら宿題も一緒にしてあげてね」

さな『わかりました』

やちよ「そうそう、今日は早く帰るわ」

やちよ「いろははどうしてる?」

さやか「ぬ!?」

まどか「?」

さな『いろはさんならお昼前からでかけてます』

やちよ「そうなの……?」

さな『……あ、あの?』

やちよ「あ、いえ、ごめんなさい。それじゃあまた後でね」

さな『は、はい』

やちよ「ばいばい…」

やちよ(いろは…いないのね、鶴乃はお店があるし…ももこ逹かしら?)

やちよ(最近いろはとあまり話せていなかったから…)

やちよ(………)