いろは「やちよさん」

やちよ「な、なに…?」

いろは「まどかちゃんがやっつけたウワサって、その…ここでキスをしたら一生幸せになれる」

いろは「そう言うウワサなんですよね?」

やちよ「ええ、本当に恐ろしいウワサだったわ…」

いろは「……なら私…噂にしてみせます」

いろは「最初の噂に…!」
やちよ「え…?な、何を言っているの?」

いろは「私…ずっと考えてたんです」

いろは「何て言おうって…どう伝えようって…」

いろは「でも私は…あんまり頭を使うのは得意じゃないから…」

いろは「だから…もう決めました!」

やちよ「いろは…?」

いろは「やちよさん」ジー

やちよ「!!」ドキッ

やちよ(い、いろはのこの澄んだ真っ直ぐな瞳…)


やちよ(あ…ダメ…私…)

いろは「好きです、私と付き合ってください」

やちよ「!!!」

いろは「…」スッ

チュッ

少し離れた所

マミ「わ!わ!わ!」

マミ「す、すごい…環さんから…わっ!わっ!///」

みふゆ「やっちゃん…」

アリナ「…アーユーオーライ?」

みふゆ「……大丈夫です、むしろ…良かった」

アリナ「……」

みふゆ「これで私も諦めきれますから…」

みふゆ「……おめでとう、やっちゃん」

アリナ「…みふゆなら、すぐに良い相手が見つかるカラ」

みふゆ「ふふ、ありがとうございます」

みふゆ「でも…これを機に自分自身を見つめ直してみたいんです」

みふゆ「だから暫くは恋愛はしたくない…かな」

アリナ「…そう、もったいない」

みふゆ「なら、アリナが私をもらってくれます?」

アリナ「アリナはかりんのものだカラ」

みふゆ「はいはい、わかってますよーアリナさん」

アリナ「そこで顔真っ赤にしてるウブガールは?」

みふゆ「巴さんは相棒みたいなものですからね」

マミ「はい?」

みふゆ「ふふふ、なんでもないです」

マミ「?」

一方

杏子「なんていうか…すげぇな」

さやか「うん…すげぇよまどかは」

れん「///」

梨花「ご、ごくっ…!」

かりん「わたしもアリナ先輩にあとからしてみたいの!」

まさら「……」

こころ「私もまさらにしちゃおっかな?」

まさら「っ!?///」

こころ「ふふ、なんてね」

まさら「!……私があなたにしてみせる…っ///」

こころ「へ?」ドキッ

まさら「私は引かない…!」

こころ「ま、まさら…///」

梨花「先輩…」

梨花(加賀見先輩と粟根先輩ってアタックとディフェンス逆な気がしてたけど、そうでもないのかな?)

梨花「………」

梨花(私…ダメだな…やっぱり自信ないや…)

梨花(いくら魔法少女が女の子同士が多いって言ったって…)

梨花(たぶん境遇とか…そんなのがあるからだろうし…)

梨花(なのに私は…女の子が好きだから魔法少女になったんだよ…?)

梨花(私だけみんなと逆なの…だから…)

梨花(れんちゃんとは仲の良い友だちでいられれば…)

梨花(それでいいや…)

れん「……」

まさら「綾野さん」

梨花「あ、はいっ」

まさら「私達は行くから」

梨花「はい!今日はありがとうございました!」

まさら「頑張って」

こころ「頑張ってね、梨花ちゃん!」

梨花「っ…あ、ありがとうございます!」

梨花(いいなぁ…あの二人は二人だけで完結してるんだもん…)

梨花「……」

れん「…り、梨花ちゃん」

梨花「ん?あ、そろそろあたし達も帰ろっか?」

梨花「ここでずっと見てるのも、ほむらちゃん可哀想だし」

れん「は、はい…」

さやか「なんか面倒事に巻き込んじゃってごめんなさい」

梨花「ううん、あたしも迷惑かけちゃったし…」

杏子「そんなことねぇさ、なぁ?」

かりん「そうなの!」

梨花「あは…ありがと」

梨花「そんじゃあたし達もこの辺で…マミちゃんによろしく言っといてね!」

さやか「はい!どうもでした!」

梨花「行こっ、れんちゃん」

れん「あ…」

梨花「ん?」

れん「……は、はい」

かりん「それじゃあわたしもアリナ先輩のとこに戻るの」

かりん「わたしもまどかちゃんに負けてられないの!」

杏子「ほどほどにな」

かりん「ばいばいなのー」

さやか「何気にかりんってハンパないよね」

杏子「あのアリナを完全に堕としてるんだもんなー」

さやか「ま、あんたもさやかちゃんにおとされちゃったんだけどね」

杏子「は?あたしがさやかをおとしたんだろーが」

杏子「だいたいあんたは恭介が好きだったんだしよ」

さやか「ふふふ、実は杏子のことは最初から気になってたのだ」

杏子「なっ!?///」

杏子「い、いやいや!誤魔化されねーぞ!あたしがさやかを!」

さやか「さーどーだか?」

杏子「なにー!?」

さやか「なによ?」

杏子「おもしれぇ、ならどっちが正しいか今日こそケリつけてやる」

さやか「望むところよ!」

杏子「行くぞ!」

さやか「おー!」




ほむら「ま、まって…杏子、さやか…!」

まどか「わたしがいるよ?」

ほむら「ま、まどか…あ、あの…そろそろ///」

まどか「わたし、ほむらちゃんが返事くれるまで離れないもん!」ギュー

ほむら「う…ぅぅぅ///」

まどか「わたしはほむらちゃんが大好き、誰にも負けたくないもん!」ギュー

ほむら「ま、まどか…///」



マミ「あれは…いったい…」

マミ(ちょっと前に見た時は鹿目さんが猛アピールして告白してたんだけど)

マミ(今度は鹿目さんが暁美さんにしがみついているわ)

マミ(いったい何を…?)