それから

万々歳からの帰り道

フェリシア「な?とーちゃんも喜んでたろ?」

鶴乃「うん…でもやっぱりちょっと可哀想かな…」

フェリシア「どーせオレも手伝いで万々歳にいるんだし」

フェリシア「オレも家事とか手伝ってやるよ!」

やちよ「フェリシアが家事を手伝うですって!?」

フェリシア「んだよ、オレだってそんくらいできるんだからな!」

やちよ「みかづき荘では何もしないじゃない」

フェリシア「いろはとさなで十分だからな!」

さな「それはそうですね」

やちよ「そうだけど…」

いろは「あはは…」

みふゆ「ふふっ」

鶴乃「まー、今までも夜は自分の部屋に一人でいただけだから」

鶴乃「そこがみかづき荘に変わるくらいかな」

フェリシア「髪乾かしてくれよ!」

鶴乃「髪?いいよ!ふんふん!」

やちよ「これで私の仕事が減るわね」

フェリシア「どーせいろはとイチャイチャするんだろ?」

やちよ「悪い?」

フェリシア「今までさなと二人で気を使ってたんだからな!」

フェリシア「鶴乃もみふゆも気使えよ!」

鶴乃「わかってるよー」

みふゆ「もう邪魔なんてしませんよ」

やちよ「なんかやりにくいわね…」

いろは「あはは…」

鶴乃「私達は4人で遊ぶからいーもんねー」

フェリシア「デッカンバトルやろーぜデッカンバトル!」

鶴乃「やろやろ!」

さな「ふふふ」

みふゆ「さなさんは何をされるのですか?」

さな「え?わたしは動物の動画をよく見ます」

みふゆ「そうなんですか?私もよく見るんです!最近なんかは毎晩見てます!」

さな「え!どんなのを見るんですか?」

みふゆ「今は子猫が多いですね」

さな「私も子猫大好きなんです!」

みふゆ「ならさっそく後から見ましょう!」

さな「はい!」

鶴乃「さなー!みふゆを独り占めしちゃダメだよ!」

フェリシア「そーだぞ!さなはオレといつも一緒だったんだからな!」

やちよ「ふふ、今日からは一段と騒がしくなりそうね」

いろは「はい、そうですね!」

やちよ「マグカップ洗わなきゃ」

いろは「コースターも買わなきゃですね」

やちよ「ええ、そうね…いろは」

いろは「はい?」

やちよ「…本当にありがとう」

いろは「ん?」

やちよ「あなたがいなければ、きっと今ごろ私はみかづき荘に一人でいたはず…」

やちよ「いや、ひょっとしたらもうこの世にいなかったのかもしれないわ」

いろは「そんなことないですよ」

やちよ「でも」

いろは「だって私が、私達がいるじゃないですか」

やちよ「え?いやだから…ううん、そうね」

いろは「どんなことがあっても…やちよさんを、みんなを、一人になんかさすません」

やちよ「いろは…うん」

いろは「やちよさん」

やちよ「初めてあなたと出会った時はまさかこうなるとは思いもしなかったわ」

いろは「私もです、あの頃のやちよさん怖かったですし、ふふ」

やちよ「ももこにも嫌われていたからね…反省しているわ」

いろは「でも怖かったのって本当に最初だけでしたよ?」

やちよ「え?そんなはずないわよ?」

いろは「だって縁結びのころには…ね?」

やちよ「た、たしかに…」

いろは「あのスタンプラリーって本当に縁結びの効果があったんですね」

やちよ「…そういうことになる…のかしら?」

いろは「私はあの頃からやちよさんのことが気になってたんですよ?」

やちよ「!」

いろは「最初が怖かったのも、私のためだってすぐわかりましたし」

いろは「時々見れた優しい顔が本当のやちよさんなんだなってわかりましたもん」

やちよ「私…やっぱり演技が下手なのかしら…」

いろは「そうでもないですよ?結構演技でマギウスも騙せたりしましたし」

やちよ「そうよね?」

いろは「でも、ハロウィンは…」

やちよ「わすれて!」

いろは「あの棒読みのやちよさんかわいかったなぁ」

やちよ「うう…でも本番は上手くできたから!」

いろは「一生懸命練習してましたからね」

やちよ「…見てたの?」

いろは「もちろん!」

やちよ「夜中だったのに…」

いろは「人知れず頑張るやちよさんも大好きです」

やちよ「そ、そう?」

いろは「怖いやちよさんも、強いやちよさんも、ドジなやちよさんも、かわいいやちよさんも」

いろは「どんなやちよさんも大好きです!」

やちよ「いろは…ふふ、私もどんないろはも大好きよ」

いろは「やちよさん」

やちよ「いろは」

鶴乃「ひゅーひゅー!」

フェリシア「まーた二人の世界に入ってる」

みふゆ「いつもこうなんですか?」

さな「そうですね」

みふゆ「なるほど…道理で勝てないわけだ…」

やちよ「っ…あ!ついたわよ!」

いろは「ただいま!」

フェリシア「あ!いろは逃げんなー!ただいま!」

さな「ただいま」

やちよ「ほら、鶴乃も」

鶴乃「うん!お邪魔します!…じゃなくて!おまちどー!じゃなくて!」

鶴乃「えっと…お世話になります!」

やちよ「ええ、よろしくね」

鶴乃「ふんふん!」

やちよ「そして、みふゆ」

みふゆ「はい、私もお世話に…」

やちよ「みふゆ」

みふゆ「!…ふふ、そうでしたね」

みふゆ「ただいま」

やちよ「おかえりなさい」