その後

マミマンション

まどか「あっ、ほむらちゃん!ほっぺにクリームついてるよ」

ほむら「え?どこ?」

まどか「えいっ」ペロッ

ほむら「ひゃっ?も、もうっ///」

まどか「うぇひひ!」

さやか「おーおーお熱いですなー、そしてどさくさに紛れてつまみ食いすんな!しかもあたしの分!」

杏子「ちっ、バレたか」

さやか「バレバレだっての、それともさやかちゃんと間接キスがしたいのかなぁ?」ニヤニヤ

杏子「してぇ!」

さやか「へ!?」

杏子「だから食う!」パクッ

さやか「あー!ちょっ、む~」

マミ「コラ!後から食べるんだから味見はもうやめなさい!」

くろは「まぁまぁ、少しくらい大丈夫だよ」

マミ「ダーメ。くろはは甘いのよ、ちゃんと後輩を導くのも私達先輩の役目なんだから」

くろは「後輩と言えば…そう言えばこの前の子とはどうなったの?」

マミ「この前の?あぁ、お店で私のチーズケーキ盗み食いされた子よね」

ほむら「!」

くろは「そうそう、何かあった?」

マミ「あの後ご両親と一緒にわざわざ謝りにきてくれたのよ」

マミ「なんだか逆に申し訳ないわ」

くろは「そうだったんだ」

ほむら「……」ジー

くろは「ん?ほむら、どうかした?」

ほむら「いえ、なんでも」

くろは「そう?」

ほむら(この時間軸で見かけないと思ったら…そもそも魔法少女にもなっていないのかもしれないのね)

さやか「あの子ならあたしも会ったことあるよ」

まどか「この前さやかちゃんとほむらちゃんのところに行く途中で会ったの」

さやか「なんか懐かしい気もしたけど、なんだったんだろ?」

ほむら「…前世であったとか?」

さやか「え!?あんた前世とか信じてんの!?」

ほむら「は?」

まどか「わたしは、ほむらちゃんと前世で会った気がするよ!」

ほむら「私もよ、まどか」

さやか「なんなんこれ」

杏子「さやか…」

さやか「ん?なに?ちょっ…顔が近いんだけど」

杏子「あたしもさ、さやかとか前世かどうかは知らねぇけど、絶対会ったことあると思うんだ」

さやか「そ、そう?」

杏子「だからさ…さやかのが欲しい」スッ

さやか「あっ…」

杏子「さやかのケーキくれ!」

さやか「……はぁぁぁ!?」

ほむら「今絶対期待してたわよね」

まどか「かわいい」

さやか「あたしはあんたらみたいなバカップルじゃないのよ!!」

杏子「もぐもぐ」

さやか「くぉらぁぁぁ!きょうこぉぉぉ!」

杏子「やーい、やーい」

くろは「ちょ…あんまり走り回らない方が」

マミ「ティーロ」シュルル

杏子「なっ!」ガシッ

さやか「わっ?」ガシッ

マミ「部屋で走り回らない」クルッ

杏子「あだっ!!」ゴチン
さやか「いだっ!!」ゴチン

くろは「だから言ったのに…」

ほむら「巴さんは怒らせない方が身のためよ、常識じゃない」

マミ「おこってないわ。リーダーとして当然の務めよ」

まどか「マミさんが帰ってきてから二人も静かになったよね」

くろは「これでも静かになった方なんだ?」

マミ「みふゆさんには感謝しなきゃね」

くろは「みふゆさん達、そろそろかな?」

マミ「ええ、12人…近所迷惑にならないよう気を付けなきゃね」

くろは「一応、私の魔法で防音しとくから大丈夫だよ」

マミ「ありがとう、そんな応用ができるなんて凄いわ」

くろは「えへへ…」

ほむら「飾りつけはこんなところかしら」

まどか「もうつまみ食いしちゃダメだよ」

杏子「くそー…なんであたしだけ…」

さやか「あたしも巻き込まれてるんですけど…」

ほむら「私はさっき少し味見しただけよ」

~♪

まどか「あっ、いろはちゃんからだ!」

まどか「もう着くって!」

ピンポーン

マミ「さっそくね、はーい」

ガチャ

フェリシア「いえーい!オレがいちばーん!」

鶴乃「マミちゃん、こんにちは!」

やちよ「ちょっと、静かにしなさい」

いろは「良いマンションですね」

さな「こ、こんにちは」

みふゆ「お待たせしました」

マミ「みんな、いらっしゃい!」

くろは「こんにちは!」

みふゆ「はい、こんにちは!」