マミ「はーい、それじゃあ準備もできたし、パーティーを始めましょうか」

みふゆ「せっかくですし、一人ずつ何か話して最後にかんぱいしませんか?」

くろは「そうですね、ならマミから」

マミ「え!?」

くろは「主催者でしょ?」

みふゆ「ふふ、じゃあお願いします」

マミ「え、えっと…こほん」

マミ「私はこうして見滝原に帰ってきて良かったと思っています」

マミ「神浜にいた頃も楽しかったけど、ずっと罪悪感があったから…」

マミ「でも今は毎日が楽しいです、これもみんなのおかげだと本当に思っています」

マミ「みんな、ありがとう!」

マミ「次は…くろは」

くろは「う、んと…わたしはただのマギウスの黒羽根だったのに」

くろは「今ここにいれるのは、みんなのおかげです!その…あ、ありがとう!」

くろは「じゃあ…みふゆさん」

みふゆ「私は本当に迷惑ばかりかけてしまいました…」

みふゆ「一度はみんなの前から姿を消しましたし、死ぬつもりでいました」

みふゆ「ですが、いまこうしていられて本当に幸せです」

みふゆ「やっちゃんとも仲直りできましたし、私にも家族ができたような気がします」

みふゆ「みなさん、これからもよろしくお願いします!」

みふゆ「やっちゃん!」

やちよ「私こう言うの苦手なのよね…だから一言だけ」

やちよ「みんな、今までありがとう。そしてこれからもよろしくね」

やちよ「鶴乃」

鶴乃「私も一言だけ!みんなのおかげで元に戻れたよー!これからも鶴乃と万々歳をよろしく!ふんふん!」

鶴乃「フェリシア!」

フェリシア「昔のオレはとーちゃんもかーちゃんもいなくなって居場所なかったけど」

フェリシア「今はみんながいるから!みんな大好き!」

フェリシア「さな!」

さな「わたしも居場所がなかったけど…今はみなさんがいてくれます」

さな「みなさんと出逢えたことが私の宝物です!」

さな「んと、いろはさん!」

いろは「私は…ういを探すために神浜に来たの」

いろは「いろんな辛いことがあったけど、楽しいこともたくさんあって…」

いろは「だから私、神浜に、見滝原に来て本当に良かったって思ってます!」

いろは「私もみんなが大好きです!そしてやちよさんを愛してます!」

鶴乃「ひゅーっ!ひゅーっ!」

まどか先輩「ひゅーっ!」

みふゆ「ふふっ。ほら、やっちゃん!」

やちよ「ちょ、ちょっと…」

やちよ「わ、私も愛してるわ!いろは!」

いろは「えへへ、ありがとうございます!」

いろは「じゃあ、まどかちゃん!」

まどか「わたしもいっぱい迷惑かけちゃって…ごめんなさい」

まどか「でも、みんなのおかげで今も幸せでいられるの」

まどか「だから、あの、本当にありがとう!」


まどか「そして…ほむらちゃん、大好き!」

ほむら「まどかぁー!」

まどか「ほむらちゃん!」

さやか「もはや伝統芸能ですな」

杏子「あのバカップル暫く戻ってこねーぞ」

さやか「んじゃ、次はあた」

杏子「あたしの番!」

さやか「あっ!」

杏子「みかづき荘のみんな!これからもよろしくな!」

フェリシア「うん!」

杏子「くろは!仲間になってくれてありがとな!」

くろは「う、うんっ!」

杏子「マミ!帰ってきてくれてありがとう!」

マミ「さ、佐倉さん…!」

杏子「まどかとほむら!幸せにな!」

まどか「うんっ!」

杏子「そして、さやか!」

さやか「なに?」

杏子「大好きだ!」

さやか「ちょっ///」

マミ「ひゅーっ!」

さやか「うー…杏子の癖にまともなこと言ってくれちゃって…」

さやか「言いたいことはあたしも全部同じだから省略ね!で、杏子!」

さやか「あたしも大好きだから!」

杏子「ああ!」

マミ「きゃーっ!きゃーっ!」

くろは「マミテンションたかっ」

さやか「んじゃ、最後はあんたの出番だ!ほむら!」

ほむら「私?私は…」

ほむら「………すごく、幸せよ」

ほむら「みんな…ありがとう」

さやか「まどかに対する感情は!?」

ほむら「もちろん決まっているわ…『愛』よ」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどかぁー!」

マミ「きゃーっ!きゃーっ!」

くろは「なんかマミおかしくない!?」

みふゆ「ふふ、いいじゃないですか」

くろは「ふふっ、そうですね」

やちよ「巴さんのテンションが…ならかんぱいは、いろは」

いろは「わかりました!」

いろは「みんな、これからもよろしくお願いします!」

いろは「みんな大好き!」

いろは「かんぱーい!」

みんな「かんぱーい!」

おわり