こころ「///」ルミナス
まさら「///」ルミナス

魔法少女A「…いつまでやってるんだろ」

魔法少女B「ルミナスってそんなに良いものなの?」

魔法少女A「さぁ…したことないからわからない…」

魔法少女B「私だってないよ…」

魔法少女A「……」

魔法少女B「……」

魔法少女A「…ねぇためしに…」
魔法少女B「…ねぇためしに…」

魔法少女A「っ?しないからね!?」
魔法少女B「っ?しないからね!?」

魔法少女A「ちょっ!まねしないでよ!」

魔法少女B「真似したのはそっちでしょ!?」

魔法少女A「だいたいルミナスなんて極一部の魔法少女でしかできないんだから!」

魔法少女B「知ってるわよ!」

魔法少女A「そもそも私達には受付係って大事な使命があるのよ?シリアスな使命が!」

魔法少女B「わかってるってば!あなたは死にました!って伝えなきゃいけない辛い使命って!」

魔法少女A「辛いならやめてもいいんだよ!?」

魔法少女B「やめないよ!じゃなきゃあんたと会う機会なくなるじゃん!」

魔法少女A「えっ?」

魔法少女B「あ……」

魔法少女A「ふ、ふーん?そうなんだ、ふーん…ふふ」

魔法少女B「あー!笑ったでしょ!?」

魔法少女A「別にー?笑ってないけど?」

魔法少女B「笑った!ぜーったい笑ったもん!」

魔法少女A「ただねぇ、ふーん?私に会う機会がなくなるのがいやなんだー?」

魔法少女B「あああーっ!!」

まさら「最初に会った時とキャラが違うわね」

こころ「そうだね」

魔法少女B「うわ!?びっくりした!」

魔法少女A「い、いつから帰ってきてたの?」

まさら「帰ってくるも何も、急に目の前でいちゃつかれれば…」

こころ「仲が良いんですね」

魔法少女A「それ君達が言う!?」

魔法少女B「こ、こほん…と、とにかくこれでようやく先に進めるね」

魔法少女A「そ、そうね…」

魔法少女B「はぁ…せっかく威厳のある先輩っぽく振る舞いたかったのに…」

魔法少女A「ねー…」

こころ「な、なんかごめんなさい…」

魔法少女A「まぁ無理にキャラ作る必要なくなったし、別にいっか」

魔法少女B「そうかもね」

まさら「たしか…手続きをするのよね、何の手続き?」

魔法少女A「早い話が、ここで生活するための簡単な手続きだよ」

こころ「生活…やっぱりここでも生きてた頃のように生活できるんですか?」

魔法少女B「まぁ一応はね…と言っても生きてた頃とは結構違うんだけど」

まさら「どう違うの?」

魔法少女A「簡単にまとめると…」

①ここには時間と言う概念はない、だから永遠にそのまま。歳をとらない。

②もう死んでるからだけど、死と言う概念もない。ある意味不老不死。

③だから食事や睡眠の必要も全くない。けど喫茶店とかはあるにはある。食べたものとかは魔法で消化される。

④ここには魔法少女しか存在しない。いつからあるのかも謎だけど、魔法少女専用の死後の世界。

⑤だから魔法少女以外とはもちろん一生会えない。それに魔法少女も必ずここにくるわけじゃない。

⑥ここで生きるための免許証がないと暫くして完全に消滅してしまう。だから免停の時は大人しくすること。

魔法少女A「……こんな感じかな」

まさら「………」

こころ「………」

魔法少女B「やっぱりショック?」

まさら「…想像していたよりも、ずっと軽い…わね」

こころ「う、うん…」

魔法少女A「軽い…うーん、まぁそう思うよね」

魔法少女B「けどね、ずっとずっと想像よりも辛いことたくさんあるよ…」 

こころ「…辛い…」

まさら「その免許証がある限り、永遠にここにいる…それで間違いない?」

魔法少女A「今のところはそうだね、私達もまだ死んでそんなに経ってないと思うだけど」

こころ「い、いつ頃亡くなられたんですか?」

魔法少女A「私は…どのくらいかな?まだケータイがガラケーのころだよ」

魔法少女B「生きてたらそろそろおばさんだよね(笑)」

魔法少女A「生きてたら学生の間にスマホできてたから!!」

魔法少女B「あ、私は5年くらいかな。生きてたら大人になってたんだろうけど」

魔法少女B「死んじゃったからずっと16だよー」

魔法少女A「私も16だから!」

まさら「そう…同い年ね」

こころ「でもほんとは10と5つ違いだから先輩…ですね」

魔法少女A「あぁタメでいいよ、同い年だから」

魔法少女B「ほんとは26と16だけどね」

魔法少女A「しつこい!!」

まさら「そうなると実年齢はともかく、ここでの年齢はある程度みんな同じ…なのかしら」

こころ「でも魔法少女って昔からいるんだよね?なら100歳越えもたくさんいるんじゃ…」

魔法少女A「たぶんだけど、ここができたのはそんなに前じゃないのかも」

こころ「えっ?そうなんですか?」

まさら「仮に初めから免許証制度があったのであれば、そう昔ではないのかもしれないわね」

まさら「それにここでの制度…おそらく当時私たちくらいの年齢の魔法少女が考えて作り出したシステムなのかも」

魔法少女B「あ!すごーい!たぶんそれであってるよ!」

魔法少女A「魔法少女を救おうとした魔法少女が頑張って作った制度…なんだろうね」

まさら「ここでの最古参は誰かわかる?」

魔法少女A「それがわからないんだよねー…結構魔法少女たくさんいるから」

こころ「死んじゃった魔法少女はみんなここにいるわけじゃない…んですよね?」

魔法少女A「うん、ここじゃない別のところにいるかもだし」

まさら「別のところ?」

魔法少女A「魔法少女が魔女になるのは知ってるんだよね?」

こころ「…」

まさら「まぁ…」

魔法少女A「魔女になった魔法少女はここにはこないよ」

こころ「そ、そうなんですか…?」

魔法少女A「魔女になった私の友達はいくら探してもいなかったからね…」

魔法少女B「ここにいる魔法少女は魔女にならずに死んじゃった魔法少女なんだよ、きっと」

まさら「……そう」

こころ「……」