やちよ「ごろごろごろ」ゴロゴロゴロ

やちよ「暇ね~」

やちよ「それに少しお腹もすいたし…」

やちよ「うーん、うーん」

やちよ「もう少し我慢すれば、私のいろはが帰ってくるはず」

ゴンッ

やちよ「それに今日の当番はいろはなのよね」

やちよ「だから我慢するべきなんだけど…」

やちよ「…」グゥー

やちよ「お腹すいたわ…」

やちよ「…うーーーん」

やちよ「あのドーナツ食べようかしら…」

やちよ「限定販売それに即完売必須のドーナツ!」

やちよ「苦労して2個だけ手に入れたのよね」

やちよ「もちろん5個買ってみんなと食べたかったのだけど」

やちよ「どう頑張っても2個しか手に入らなかったのよ…」

やちよ「鶴乃とフェリシアは喧嘩になるだろうし」

やちよ「二葉さんは遠慮どころか気遣いすぎて気負わせてしまうわ」

やちよ「そうなると、やっぱりいろはなのよね」

ガン

やちよ「私のいろは」

ゴンッ

やちよ「……ダメね、やっぱりいろはと二人一緒に食べなきゃダメよ!」

やちよ「美味しそうに頬張るいろはを見ながら食べるドーナツ」

やちよ「これこそまさに、一粒で二度美味しいね…!」

やちよ「うん、いろはの帰宅を待ちましょう」

やちよ「でも念のため、ドーナツが無事か見ておかないと」

やちよ「昔は勝手にみふゆが食べていたからね…」

ガンッ

やちよ「……あら」

やちよ「…私といろはのドーナツがないわね…私といろはの…」

やちよ「……この白い毛は…」

やちよ「……」

やちよ「なるほど、そういうことね」

やちよ「……はぁぁぁっ!!!」ゴォッ

やちよ「みふゆー!出てきなさいっ!幻惑で隠れられるのもここまでよ!」

みふゆ「わ、わ、わ」

やちよ「さっきから妙に物音があったけど、あれはあなただったのね…みふゆ…!」

みふゆ「ち、違います!私だけじゃないですから!」

やちよ「あなた昔から私のお菓子勝手に食べてたじゃない!ドーナツもみふゆが食べたんでしょ?」

みふゆ「それはそうですけど…」

やちよ「やっぱり!」

みふゆ「で、でも!物音は私だけじゃないです!と言うか私じゃないです!」

やちよ「他に誰がいるのよ?」

みふゆ「そ、そこに…」

やちよ「え?」

さな「ぴゃっ?」

やちよ「ふ、二葉さん!?」

さな「ご、ごめんなさい…」

やちよ「な、なんで透明になっていたの…?」

さな「そ、それは…あの…」

みふゆ「私にはわかります、いろはさんの帰りを待っていたのですよね?」

さな「うっ」

みふゆ「透明になって、いろはさんが一人の時何をしているのかが知りたかった…違いますか?」

さな「う、うぅ…そうです…」

みふゆ「私もよく幻惑で隠れてやっちゃんを見ていましたからね!気持ちはわかります!」

やちよ「現在進行形じゃない…」

みふゆ「あら、やっちゃんが悪いんですよ?一人の時の油断しまくりなやっちゃん凄く可愛いんですから」

やちよ「はぁ…」

さな「いろはさんも一人の時はやちよさんみたいに普段とは違ういろはさんになるのでしょうか…?」

みふゆ「どう思います?やっちゃん」

やちよ「……知らないわよ、だいたいプライバシーの侵害だわ」

みふゆ「とか言って、今悩んでたじゃないですか~」

やちよ「ぐ…とにかく!ダメよ!二葉さん、みふゆみたいになる前にその考えは捨てなさい」

さな「うぅ…わ、わかりました…」

みふゆ「『私のいろは』」

やちよ「っ!?」

みふゆ「このボイスレコーダー、いろはさんが聴いたらどうなっちゃうんでしょうか?」

やちよ「うぐぐ」

いろは「やちよさん…私のことそんな目でみてたんですね…実家に帰ります、さようなら」

さな「いろはさん!?」

やちよ「幻でいろはを作らないで…」

みふゆ「私がいることは珍しくないのに、油断してるやっちゃんが悪いんですからね?」

やちよ「くっ…望みはなによ…」

みふゆ「いろはさんが一人の時、何をしているのか気になりませんか?」

やちよ「…気にならないわ」

みふゆ「『私のいろは』」
やちよ「気になる!気になるから!」

みふゆ「ですよね~」

やちよ「くっ…みふゆこそ何が目的なのよ…」

みふゆ「やっちゃんの観察もですけど、いろはさんの観察もしたいんです」

さな「いろはさんの…?」

みふゆ「まぁ私にもいろいろあるんです」

ガチャガチャ

いろは「ただいまー」

やちよ「!」

さな「か、帰ってきました!」

みふゆ「私達の魔法を組み合わせればバレないはずです、いきますよ!」

さな「わ、わ」

みふゆ「ほら早く!いろはさんが来ます!」

さな「わ、わかりました…えいえいっ」

やちよ「どうなってもしらないわよ…」

いろは「あれ?誰もいないのかな?鍵はしてあったけど…」

いろは「二人は万々歳にいたし…」

いろは「やちよさーん、さなちゃーん」

いろは「うん、いないみたい」