そしてそれから…

あいみ「よーし!グリーフシードゲット~!」

こころ「今日もタイミングバッチリだったね!」

まさら「ええ、完璧な立ち回りができたわ」

あいみ「いやー、ほんと二人は凄いよ!阿吽の呼吸って言うやつ?」

あいみ「とにかくもう一心同体!って感じだもん!」

こころ「まさらが何を考えてるのか何も考えなくてもわかる気がするの」

まさら「そうね、私もこころの考えが自然と浮かんでくるわ」

こころ「ねっ♪」

まさら「うん♪」

あいみ「ひゃー、流石神浜一のバカップル魔法少女だね」

こころ「バカップルなのはあいみもでしょー」

あいみ「えへへ、まぁね♪」

まさら「それにあいみ、あなたになら安心して背中を任せられるから」

まさら「私とこころは目の前に集中できるのよ」

こころ「うん、あいみの援護があればもう何も怖くない、かな?」

あいみ「ふふっ、ありがと!」

まさら「これからもずっと三人で戦いましょう、今の私たちなら」

まさら「チームみかづき荘にだって負けない強さを持っているはずよ」

こころ「うん!でもチームアザレアもあの日からもっともっと強くなってるし、負けられないよね!」

あいみ「まっ、とにかく私達三人が力を合わせればどんな魔女にだって勝てるよ!」

あいみ「だからこれからもよろしくね、まさら!こころ!」

まさら「ええ!」

こころ「うん!」

あいみ「ふふ、さーてと、それじゃあ私はこの辺で」

あいみ「グリーフシードは二人で使ってよ」

こころ「ううん、あいみが持ってて」

あいみ「え?でも」

まさら「十分ストックはあるし、それに」

こころ「これからデートでしょ?」

あいみ「…えへへ、まぁね♪」

まさら「この前は伊勢崎くんの目の前で妄想に耽ってソウルジェム濁されていたんだもの」

まさら「何かあったらそのグリーフシードを使うといいわ」

あいみ「うぐぐ…もうしないよ…」

あいみ「でも念のためもらっとくね、ありがと!」

こころ「伊勢崎くんが『妄想してるあいみも可愛い』って言ってくれる人で良かったね」

あいみ「隼人くんってば私が何しても可愛いって言ってくれるんだもん♪キャーキャー///」

まさら「恋は盲目と言うやつね」

あいみ「否定はしないけど、まさらにだけは言われたくない!」

まさら「え?」

あいみ「まさら昔は学校一クールでミステリアスな美少女ってみんなから言われてたのに」

あいみ「今はデレデレでバカップルなこころの嫁ってみんなから言われてるからね」

こころ「ふふん♪」

まさら「……別に何と呼ばれようと構わないわ」

まさら「私はこころさえいてくれれば他に何もいらないもの」

こころ「私もだよ」

まさら「ねー♪」
こころ「ねー♪」

あいみ「私も人のこと言えないけど、バカップルすぎるのもホドホドにしなよー?」

まさら「好きなんだから仕方ないわ」

こころ「あいみにもわかるでしょ?」

あいみ「…まぁね♪」

あいみ「じゃ、隼人くん待たせてるしもう行くね!」

まさら「がんばって」

こころ「妄想に気を付けてね」

あいみ「うんっ!それじゃあまたあした!」

まさら「ええ、また」

こころ「ばいばい!」

まさら「さて、私達はどうする?」

こころ「まだ時間あるし、私達もデートしよ?」

まさら「ええ、もちろん」

こころ「まさらはどこか行きたいところある?」

まさら「そうね…なら…」

まさら「……山、かしら」

こころ「えっ?山?今から?」

まさら「山と言っても町外れの小さい山よ」

こころ「町外れの…あっ!でもどうして?」

まさら「あなたと初めて二人で遠出した時を覚えてる?」

こころ「もちろん、忘れるわけないよ」

まさら「あの時はまさか恋人になるだなんて想像もできなかったけど」

まさら「あのハイキングが私達最初のデート…と言えるのかもしれないわ」

こころ「…うん、そうだね。今でもあの日のことは昨日のように覚えてるよ」

こころ「本当に楽しくて…嬉しかった」

こころ「それにね?まさら」

まさら「なに?」

こころ「まさらは私達が恋人になるだなんて想像もできなかったのかもしれないけど」

こころ「…私、あの時はもうまさらのこと好きだったんだ」

まさら「!」

こころ「でもまさか本当に恋人になるなんて思わなかったもん」

こころ「だから今がすごく幸せだよ…まさら」

まさら「こころ…」

まさら「……私も」

こころ「え?」

まさら「あの日、あなたと一緒に見た風景が」

まさら「そしてあなたの表情が」

まさら「今でもくっきりと脳裏に焼き付いているわ」

まさら「それはたぶん…私の初恋の瞬間なのよ」

こころ「!…///」

まさら「私にとって、あの初めてのハイキングでのあなた」

まさら「そして、あの花火の中のあなた」

まさら「この二つが私の一番よ」

こころ「まさら…///」

まさら「二つも一番があるのは卑怯かもね」

こころ「ううん、そんな…いや、うん、そうだよ!」

まさら「こころ?」

こころ「でもね、私もまさらと初めて登頂した時の景色をはっきりと覚えてるよ」

こころ「一生忘れないと思う」

こころ「だって、あの日は…私のそれまでの一番を乗り越えた1日なんだもん」

まさら「!」

こころ「そしてあの花火もね…」

こころ「初めてまさらと登ったあの日、そしてまさらと恋人になれた日」

こころ「一生忘れないよ…絶対」

まさら「…///」

こころ「でもね、私…もっともっと上に行きたい!」

まさら「!」

こころ「もっともっとまさらと色んなところに行って」

こころ「もっともっとまさらと色んなことしたい!」

こころ「私とまさらの恋の登山はまだまだ始まったばかりなんだよ!」

まさら「………」

こころ「あ、あれ?」

まさら「…なんだか、言い回しがみたまさんみたいなような」

こころ「えっ?そ、それって高校生っぽくないってこと?」

まさら「いやわからないけど…」

こころ「うぅー///がんばってかんがえたのに…」

まさら「ふふ、でも可愛いわ、すごく」

こころ「もー!まさらの意地悪!」

まさら「こころが可愛いのがいけないのよ」

こころ「まさらだって可愛いからおあいこだよ!」

まさら「…ふふふ」

こころ「ふふっ」

まさら「今のはみたまさんには内緒よ」

こころ「うん、じゃないとまた特製ドリンク飲まされるかもだし…」

まさら「一周回って思いでの味…ではないわね」

こころ「あれは強烈すぎるよ…」

まさら「でも」

こころ「良い思いでだよね」

まさら「ええ…!」

こころ「これからはもっともっといろんな思いで作らなきゃ!」

まさら「ふふ、楽しみだわ」

こころ「だからね、まさら…行こっ?」スッ

まさら「こころ…うん」ギュッ

こころ・まさら「一緒に行こう」

こころ・まさら「あの日の一番を越えて」

こころ「えへへ///」

まさら「ふふっ///」



fin