ホーリーまさら「だから…わたしは…私は…っ…」

こころ「ううん、違うよ」

ホーリーまさら「こころ…」

こころ「星は星でも、私にとってのまさらは…うん!流れ星だよ!」

ホーリーまさら「流れ…星…」

こころ「うんっ!キュゥべえじゃ叶えられない願い事をたくさん叶えてくれたもん!」

ホーリーまさら「……」

こころ「私っ…まだまだたくさん願い事を叶えてほしいよ」

こころ「そして、まさらの願い事も叶えてあげたい!」

ホーリーまさら「私…は…」

こころ「まさらっ!」

ホーリーまさら「私…だって…あなたの願い事を…叶えてあげたい…」

ホーリーまさら「あなたが喜んでくれるのなら…なんだって…」

こころ「私もまさらが喜んでくれるなら全力でがんばるよっ!」

ホーリーまさら「こころ…」

こころ「まさら…!」

ホーリーまさら「……あなたにとっての幸せ…教えて?」

こころ「うん、教えるよ…でも、まさらの幸せも教えて?」

ホーリーまさら「私は……」

――回想――

さやか「大切な人とーーー」

――――――

ホーリーまさら「……!」

こころ「…教えてくれる?」

ホーリーまさら「ええ…」

こころ「じゃあせーの、で言おう?」

ホーリーまさら「ええ…!」

こころ「まさら」ギュッ

ホーリーまさら「こころ」ギュッ

こころ・ホーリーまさら「せーのっ」

一方

ももこ「くそっ!どうなったんだ…こころっ!」

杏子「チッ…」

さやか「どうすりゃいいのさ…もうっ!」

マミ「…」

超ホミ2「はぁっ!!」

超ホミ2「みんな!下がって!全力のティロ・フィナーレで…!」

あいみ「…私はこころを信じる」

超ホミ2「江利さん…」

あいみ「こころなら…きっと、まさらを助けられる」

あいみ「ううんっ!こころなら絶対まさらを助けてくれる!」

あいみ「私は二人を信じるよ!」

ももこ「あいみ…」

さやか「…うん、そうだね!あたしも信じる!」

杏子「だとさ」

超ホミ2「……」

ホミ「そうね、わかったわ」

あいみ「こころ…まさら…」

カッ

あいみ「!」

ホミ「な、なに!?」

ももこ「さっきまでとは違う魔力だ…!」

さやか「ってか眩っ!!」

杏子「でもすげぇ魔力だ…」

あいみ「ぅ…目が…あっ!!」

ももこ「うぉっ!?」

杏子「ひゃー…!」

さやか「まどかとほむら…!?」

ホミ「…ううん、違うわ」

あいみ「こころ!…まさらっ!」

image


こころ「やっと会えたね…まさら!」

まさら「ごめんなさい…あなたのおかげよ」

こころ「まさら…」ギュッ

まさら「こころ…」ギュッ


ホミ「フローレンスから加賀見さんを取り戻せたのね!」

ももこ「やっぱこころだろ!」

さやか「あの二人を見てるみたいだね」

杏子「目のやり場に困るんだよなー」

あいみ「よかった…よかったぁ……」

ホミ「…!まって!フローレンスはどこに!?」

ももこ「!マミちゃんっ!後ろだっ!!」

ホミ「え!?」

神浜聖女のウワサ「」ギュンッ

杏子「あいつまたマミに取り付く気か!!」

さやか「マミさーん!!」

ホミ「しまっ…」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドォォォン

神浜聖女のウワサ「」フラフラ

マミ「はぁ…はぁ…」

ホミ「わ、私…」

杏子「お、おい…その体じゃ…」

さやか「む、無理しちゃダメですよ!後はあたし達が!」

マミ「いえ…あのウワサは私がずっと追跡してきたウワサよ」

超マミ「私が…この手で…!」ボウッ

ホミ「………」

超ホミ「…私にも手伝わせて」ボウッ

超マミ「……」ジッ

超ホミ「……」ジッ

超マミ「……わかったわ、一緒に行くわよ」

超ホミ「!ええ、ありがとう!」

神浜聖女のウワサ「」ギュンッ

超マミ「ティロ!」
超ホミ「デュエット!」

神浜聖女のウワサ「!?」

ドォォォン

ももこ「や、やった!」

さやか「さすがマミさん…」

杏子「へっ」

ホミ「……」

マミ「…これでフィナーレね、先行ってるわ」

さやか「あっ!待ってくださいよ!」

マミ「私はこの世界の巴マミじゃないわ、あまりあなた達と干渉するべきじゃないのよ」

さやか「そんな…でもせめてもっと回復くらい」

マミ「大丈夫よ…ふふ、元気でね!美樹さん、そして」

杏子「…」チラ

マミ「佐倉さん」タタッ

杏子「…向こうでも元気でな」

さやか「全然話せなかったね」

杏子「ま、こっちの世界のマミで我慢しろってことだろうな」

杏子「あんたも帰るんだろ?」

ホミ「……」

杏子「ん?」

神浜聖女のウワサ「」ボロボロ

杏子「なっ!?こいつあれをくらってまだ生きてんのか!?」

さやか「今ならあたし達でもっ!」

ホミ「待って」

杏子「!」

さやか「で、でも…」

ホミ「……たしかに私はこのウワサに…フローレンスに操られていたわ」

ホミ「でも…さっきの加賀見さんのように完全に支配されていたわけじゃない」

ホミ「私の意思もたしかに残っていたわ…」

ホミ「みんなを幸せにしたいって意思が…」

ホミ「でもきっとそれは…フローレンスの意思でもあったと思うの」

ホミ「フローレンスはフローレンスなりにみんなを幸せにしたかったのよ」

ホミ「だから私の残留意思が消えたあとも加賀見さんの身体でみんなを幸せにしようとしていた」

ホミ「邪魔さえしなければ…危害を加えようとは…」

ホミ「それにマギウスに叛逆したのも、私とフローレンス両方の意思だったわ」

ホミ「純粋にみんなを幸せにしたかったから…」

杏子「は、はぁ?」

さやか「た、たしかにあたし達も間違ったやり方で願いを叶えられたけどさ…」

さやか「でもだからって危険ですよ!ウワサなんですから!」

ももこ「…こっちの世界の神浜聖女のウワサはアタシやまさらが倒した」

ももこ「…そっちはどうするのさ」

ホミ「…私は…」

神浜聖女のウワサ「」ボロボロ

ホミ「……フローレンス、今度こそあなたと正しい道を歩んでみせるわ」スッ

カッ

さやか「ちょっ!?」

ももこ「……」

杏子「…やっぱあんたの正義感はわかんねぇ…でも…」

ホーリーマミ「……」

さやか「あ、あれ?なんか違う?」

ももこ「アタシらが知ってるあの時の巴さんよりずいぶんシンプルだな…ただの白い巴さんっていうか」

杏子「…あんた、誰だ?」

ホーリーマミ「…私はホーリーマミ、もう二度とこの力に呑まれたりしない」

ホーリーマミ「だって、この力はもう一人の私の…」

ももこ「ん?」

杏子「…なるほど、さっきのか」

さやか「へ?」

ホーリーマミ「迷惑をかけてしまって、本当にごめんなさい」

ホーリーマミ「私はもう大丈夫、私も円環の理で一から修行するわ」

杏子「相変わらず何行ってるのかわかんねぇけど…頑張りなよ」

ホーリーマミ「ありがとう佐倉さん」

ホーリーマミ「加賀見さんにも謝りたいけど…」

さやか「…あの間には入れませんよね」

ももこ「入れるのはあいみだけだよ」

ホーリーマミ「いつかきっと必ず今回の謝罪と恩返しをするわ」

ホーリーマミ「私もここで失礼するわね…突然いろいろと…本当にごめんなさい」

さやか「え、えっと!また来てくださいね!」

杏子「もう二度とヘマすんなよ!こっちのマミは黒歴史にしてるんだからなー!」

ももこ「チームワーク大切にしなよー!」

ホーリーマミ「ありがとう!それじゃあ…!」