メテオアリナ「アナタだけはアリナのアートの餌にしてアゲル…!!」

十七夜「それはどうだろうな」

メテオアリナ「アナタのその余裕…気に食わないんだケドォッ!!」ドンッ

十七夜(来る…!)グッ

メテオアリナ「アハッ!」ギュンッ

十七夜「っ!?」

十七夜(消えた!?いや…)

メテオアリナ「こっちなんですケドォ!?」バキッ

十七夜「ぐはっ!」

みたま「十七夜っ!」

十七夜「ぐっ…ぅっ…!」ズササササッ

十七夜(重いな…たった一撃でこれか…)

メテオアリナ「マダマダァッ!!」ギュンッ

十七夜「ならばっ!!」バッ

みたま「あれは…!」

みたま(十七夜の周囲にランダムで…これなら迂闊に近寄れないはず!)

メテオアリナ「アハハハハッ」ヒョイヒョイ

十七夜「なっ!?」

メテオアリナ「ハァイ♪」ズイッ

十七夜「チィッ!」ブンッ

メテオアリナ「アハ?アタックのつもりなワケ?」ペチペチ

十七夜「ぐ…」

メテオアリナ「アリナの素手の方がストロングなんだヨネッ!」

パチィィンッ

十七夜「あ…!?」ピューン

十七夜「がはっ…」ドゴォッ

みたま「そんな…」

みたま(び…ビンタよね…いまの…)

みたま(なのに十七夜があんなに吹き飛ばされるだなんて…)

十七夜「……」

十七夜「…はっ」

十七夜(不味い…一瞬だが意識が飛んでいた)

十七夜(なるほど…わかってはいたがここまで自分との力量差があるとはな…)

十七夜(…決して自惚れなどではないが、自分は神浜全体でも間違いなく実力は上位だ)

十七夜(東を統べる者として強者でいなければならないからな…鍛練だって怠ってはいない)

十七夜(自分と実力が近い魔法少女は七海…それに弱体化したとは言え梓も強い)

十七夜(だが…ここに七海と梓がいても…勝てないだろう)

十七夜(しかも梓はともかく、七海の魔力を全く感じない)

十七夜(おそらくは環くんと一緒に敗北したのだろう…)

十七夜(環くんの成長の速さはかなりのものだったのだがな…それにあの二人のコンビネーションも抜群だった)

十七夜(……強いな)

十七夜(素のアリナ・グレイももちろん強い)

十七夜(だがマギウス3人はともかく個としてのアリナ・グレイの強さは)

十七夜(自分や七海で十分相手は務まる)

十七夜(だが今はまるで赤子扱いだ…悔しいが絶対に勝てないだろうな)

十七夜(…とは言えマギウス幹部のアリナ・グレイすら取り込むあのウワサ)

十七夜(奴をこのままにするわけにはいかない)

十七夜(この命を捨ててでも守らなければな…)

十七夜(ふ…自分も丸くなったな)

十七夜(……チャンスは次の一瞬だ)

十七夜(これに賭ける…!)

十七夜「……」

メテオアリナ「なに?もうダイなワケ?つまらないんだケド」

みたま「十七夜…十七夜っ!」バッ

メテオアリナ「邪魔」

みたま「きゃぁぁっ!!」

メテオアリナ「いくら戦えるようになっても調整屋がアリナに敵うわけないヨネ」

みたま「う……」ヨロッ

メテオアリナ「それじゃあ餌にするしバラバラにしちゃうカラ」

十七夜「……」

みたま「いやぁぁーーーっ!!」

メテオアリナ「バイバイ♪」

十七夜「!!」カッ

ガシッ

メテオアリナ「!?」

十七夜「覗かせて貰うぞ…!!」

メテオアリナ「ク…!?」

十七夜「!!!」

メテオアリナ「やめろっ!!」

十七夜「ぐっ…」

メテオアリナ「はぁっ…はぁっ…アリナを覗くとか許さないんだケド…」

十七夜「……なるほど、存外年相応なのだな」

メテオアリナ「っ!?」

十七夜「歳は16…ふふ、そうか」

十七夜「そして…なるほど、流石はがは…」

メテオアリナ「やめろっ!!!」

十七夜「アリナ・グレイ…寂しかったのだな」

メテオアリナ「やめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろ」

十七夜「それに気になる相手もいる」

メテオアリナ「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ」

十七夜「でも傷付けたくないから隠すしかない」

メテオアリナ「違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う」

十七夜「その相手は…後輩…」

メテオアリナ「ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな」

十七夜「画伯…いや、御園か」

メテオアリナ「ヴァァァアアアッッッ!!!」

十七夜「!?」

十七夜(見えな…)

メテオアリナ「ヴァァァアアアッッッ!!!!!!」

ドゴォォォッ

十七夜「がっ…は…」

メテオアリナ「ヴァァァアアアッッッ!!!」

十七夜「…くっ……」バタッ

十七夜「」

みたま「そんな…十七夜…?嘘よね…?」

みたま「十七夜ーーーっ!!」