メテオアリナ「ヴァァァアアアッッッ!!!」

十七夜「」

みたま「十七夜…そんな……」

メテオアリナ「許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない」グググ

十七夜「」ギギギ

みたま「なっ…首を!?や、やめてっ!手を離してっ!!」

メテオアリナ「ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな」グググッ

十七夜「」プラン

みたま「やぁぁぁぁっ!!」

メテオアリナ「ヴァッ!?」

みたま「はぁっ…はぁっ…!」

メテオアリナ「調整屋…アンタもアリナの邪魔するワケ…」

みたま「元に戻って!こんなことしても何にもならないわ!」

みたま「私ならなんとかできるかもしれないし…だからっ!」

メテオアリナ「まれ」

みたま「えっ?」

メテオアリナ「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ」

メテオアリナ「黙れッッッ!!!」

みたま「ひっ…」

メテオアリナ「ヴァァァアアアッッッ!!!」

みたま「ぁ…」

みたま(うそ…体が鋤くんで動かない…)

みたま(こんなこと今まで…)

メテオアリナ「二人まとめてバニッシュしてやるカラッッッ!!!」

十七夜「」

みたま「あ……」

みたま(死……)

ズバァッ

メテオアリナ「ヴァァッ!?」

ももこ「うぁぁぁぁっ!!」ブンッ

メテオアリナ「シット!」ズササッ

みたま「も…もこ…ももこっ!!」パァッ

ももこ「悪い遅くなった…!」

みたま「あ…でも…」

みたま(ももこじゃ敵わない……)

メテオアリナ「ネクストネクストネクスト…ウザいんだケド…」

ももこ「っ…」ゴクッ

ももこ(ヤバイな…出鱈目な強さだろ…)

ももこ(さっきのアタシの渾身の一撃もたいして効いてない…)

ももこ(みたまはボロボロ…十七夜さんと巴さんは動いてない…)

ももこ(…みたまはまだしも、あの二人の実力はアタシより上なんだ…)

ももこ(その二人があれじゃ……)

ももこ(…やちよさんといろはちゃんがやられた時…アタシは何もできなかった…)

ももこ(あのやちよさんがあんなにあっさり……)

ももこ(勝てない…勝てるわけがない…)

ももこ「……」

メテオアリナ「…アハ?アリナにフィアーしてるワケ?」

ももこ「え…」フルフル

ももこ「あ…?」フルフル

メテオアリナ「ま、無理もないヨネ…今からバニッシュするんだカラ」

ももこ「う…」プルプル

ももこ(あはは…情けない…ビビってるのか…アタシ…)

ももこ(くそ…くそぉっ…)

ももこ(レナ…かえで…二人がいれば…)

ももこ(……でも…二人にも連絡がつかない…魔力も感じない…)

ももこ(きっと二人もアリナに……)

ももこ(……レナ…かえで)

ももこ(……アタシは…)

メテオアリナ「ホントフールだヨネ、なにもしなければグッドだったのに」

ももこ「アタシは…」

メテオアリナ「ン?」

ももこ「…アタシは!かもれトライアングルのリーダーだ!!」

ももこ「うわぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」バッ

みたま「ももこっ!?」

メテオアリナ「ハァ?ヤケクソなワケ?フールフール」

ももこ「くらえぇぇぇっっ!!」ブンッッッ

メテオアリナ「ハイ」ピタッ

ももこ「!!?」

みたま「そんな…」

みたま(あんなに簡単に受け止めるなんて…)

ももこ「く…クソッ!!」

メテオアリナ「ホラホラァッ」ブンッ

ももこ「うわぁっ!?」

みたま「きゃっ?」

ドンッ

ももこ「ぐぅ…」

みたま「つつ…」

ももこ「ご…ごめん…調整屋…」

みたま「ううん…ももこは何も悪くないわよ…」

ももこ「…調整屋だけでも逃げろ…アタシが時間を稼ぐ」

みたま「…無理よ…もうまともに立てないでしょ…?」

ももこ「……まだ魔法少女は残ってる…鶴乃達ならきっと…」

ももこ「ありったけの調整をしてやってくれよな…」

みたま「ももこ…」

メテオアリナ「逃がすわけないヨネ」

みたま「あっ…」

ももこ「ちっ…うわっ!?」ズキッ

ももこ「……足が…っ」

メテオアリナ「それじゃもうウォークできないワケ」

メテオアリナ「じゃ、厄介な調整屋からバニッシュするカラ」

みたま「っ…」

ももこ「逃げろ!調整屋!」

みたま「……」ギュッ

みたま(変われたと思ってたのに…結局何も変わってなかった…)

みたま(十七夜…ももこ…ごめんなさい…)

メテオアリナ「バイバイ」

ももこ「みたまーーーっ!!」

バキュンバキュン

メテオアリナ「っ…!?く…」

バキュンバキュンバキュンバキュンバキュン

メテオアリナ「チッ…ヴァ!?」

みたま「…!」

ももこ「この攻撃は…!」