メテオアリナ「ホントしつこさだけはジーニアスだヨネェ…マミ!!」

マミ「はっ…はっ…くぅ…!」バババババッ

みたま「む、無茶よ!その体じゃもう…!」

マミ「いいえ…私は負けるわけにはいかない…!」

マミ「私だって…あの子達のリーダーなんだもの!!」

ももこ「!!」

マミ「はぁぁぁぁぁぁぁっ!!」バキュンバキュンバキュン

メテオアリナ「チッ!!」ガキンガキンガキン

ももこ「く…!!」

ももこ(アタシだって…!)

十七夜「待て…」

ももこ「十七夜さん!?」

十七夜「画伯を…御園君の到着を待つんだ…」

ももこ「かりんちゃんを?」

十七夜「奴を止めるには彼女が不可欠だ…」

ももこ「…そうか…アリナは…」

十七夜「こちらに梓と画伯の魔力が近づいてきている…だがまだ時間はかかりそうだ…」

十七夜「その時間稼ぎをするのが…我々に残された勝機…ぐっ…」

ももこ「…でもその傷じゃ……」

十七夜「…巴君も限界を越えて戦っている…自分だけ楽するわけにはいかんな…っ…」

みたま「ももこ…十七夜っ!?」

十七夜「八雲…ちょうどいい、調整を頼む」

みたま「それは良いけど…」

十七夜「それに八雲、十咎君、二人の魔力を自分に預けて欲しい…」

ももこ「!」

みたま「……」

十七夜「…三人の魔力を合わせれば少しは立ち向かえるだろう」

ももこ「できるのか…?そんなこと…」

みたま「……したことがないけど…わかったわ、まかせて」

十七夜「恩にきるぞ、八雲」

ももこ「みたま…大丈夫なのか?」

みたま「大丈夫よ、やってみせるわ…調整屋の名にかけて!」

十七夜(……すまん、もう少し耐えてくれ…巴君)

十七夜(東どころか神浜の魔法少女でもない君にすがるのは情けない…だが)

十七夜(全ては君にかかっている…)



マミ「はぁぁぁぁぁっ!」バキュンバキュンバキュンバキュン

メテオアリナ「鬱陶しいんだケドォッッッ!!」

マミ(手を緩めちゃダメよ…!)

マミ(向こうで三人が何かを始めた…きっとあれが勝利への切符…!)

マミ(なら1秒でも長く時間を稼ぐのが私の役目…!!)

メテオアリナ「ヴァァッッ!!」

マミ「!」

マミ(なりふり構わず突っ込んできた…!)

マミ「今よ…!!」

ホーリーマミ「はぁっっ!!」

メテオアリナ「ファッツ!?」

ホーリーマミ「くらいなさい!!」

ホーリーマミ「ティロ・フィナーレ・ホーリーナイトッッッ!!」

ドガガガガガガガガガガッッッ

メテオアリナ「ヴァ!ヴァァッ!?」

ホーリーマミ「はぁぁぁぁぁぁぁ…!!」

ドガガガガガガガガガガッッッ

メテオアリナ「ッッッ…ヴァァァアアアッッッ!!!」

ホーリーマミ「なっ…!?」

メテオアリナ「ウザい!!!」

ドゴォッッ

ホーリーマミ「きゃぁっ!!!」

メテオアリナ「マミ…アナタを今度こそ餌にしてあげるカラ…!!」

ホーリーマミ「ぁ…っ…」

ホーリーマミ(目が…霞んで……)

ホーリーマミ(意識…も……)

ホーリーマミ(………)

ホーリーマミ(………)

ホーリーマミ(……鹿…目…さん…暁美さ…ん…)

ホーリーマミ(私は……)

ホーリーマミ「私はっ!!」カッ

メテオアリナ「…」

ホーリーマミ「はぁぁぁっ!!」

ホーリーマミ「ティロ・フィナーレ・ホーリー…」

メテオアリナ「メテオレイン」

ホーリーマミ「…!?」

ゴゴゴゴゴゴ

メテオアリナ「サァ、レッツパーティ!!」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン


ホーリーマミ「あ…あ…!」

ドガドガドガドガドガドガドガドガ

ホーリーマミ「きゃぁぁぁぁっっっ!」

ドガドガドガドガドガドガ

ホーリーマミ「あぁぁあぁぁぁあぁああぁぁっっっ」

ホーリーマミ(体が…砕ける…バラバラになりそう……)

ホーリーマミ(もう…ダメ……)

ホーリーマミ(ごめんなさい…鹿目さん…暁美さん…)

ホーリーマミ(助けられなくて…弱い先輩で…)

ホーリーマミ(ごめんね……)

パァッ

マミ「…?」

フローレンス「」ギュンッ

メテオアリナ「ン?」

フローレンス「」ドンッ

メテオアリナ「ウ゛ァッ!?」

メテオアリナ「…ウワサがマミを守った…?」

マミ「フロー…レン…ス…?」

フローレンス「」ギュンッ

メテオアリナ「っ…フールなんだケドォ!?」ドォンッ

ドカドカドカドカ

フローレンス

ドカドカドカドカ

フドカロードカレンドカス

ドカドカドカドカ

フ  レ  ン  ドカ

メテオアリナ「…ほんとフール」

マミ「あ…ぁ…フローレンス…そんな…」

メテオアリナ「すぐに会わせてアゲル」

マミ「う……」

マミ(ごめんなさい…みんな…)

メテオアリナ「シーユー」