―――なぎ――――

―――かなぎ―――――

みたま「十七夜っ!お願い!目を覚ましてっ!」

十七夜「ん…」

みたま「!!」

十七夜「こ…こは…涅槃…ではない…な…」

みたま「かなぎ…」

十七夜「八雲…」

みたま「十七夜っ!!」ダキッ

十七夜「……すまない」

みたま「良かった…よかったぁ…」

十七夜「…心配かけたな…」

みたま「もぉ…本当よぉ…」

十七夜「…梓は…みんなは…」

みたま「……」フリフリ

十七夜「な…」

みたま「…みふゆさんは…あれから一度も目を覚ましていないわ…」

みたま「傷はないけど…ソウルジェムが…」

十七夜「…梓……」

みたま「それに…みんなも…」

十七夜「っ…!?」

十七夜(あれほどの人数の魔法少女が…まるで塵のように…)

十七夜(全身ボロボロ…魔力を吸われたわけではない…)

十七夜(戦いでの負傷…か…)

十七夜(だがあれだけの人数だぞ…特に都君、常盤君はそう簡単に倒れるほど柔じゃない…)

十七夜(加賀見君達もかなりの手練れのはず…)

十七夜(それなのに…)

十七夜「!!」

十七夜「が、画伯…画伯は!?」

みたま「……かりんちゃんはウワサに取り込まれてしまったわ…」

十七夜「っ…」

みたま「それも…さっきのアリナを全ての面で凌駕してる…」

十七夜「画伯…何故…」

みたま「…わからない…でもアリナへの執着心が尋常じゃないわ…」

みたま「きっとかりんちゃんの持つアリナへの想いをウワサが…」

十七夜「…許せんな…」

みたま「む、無理よ!立つこともできないわ!」

十七夜「…そのようだな…悔しいが自分は指を加えて眺めることしかできそうもない…」

十七夜「だが…八雲…お前になら…!」

みたま「えっ…?」

十七夜「自分にはみんなから預かった魔力が残っている…」

十七夜「これを…アリナに…!」

みたま「で…でも…」

十七夜「頼む」

みたま「……わかったわ、任せて」

ドォンッ

みたま「!!」



ももこ「く…かりんちゃん…!」

レナ「目を…覚ましてよ…」

かえで「お願いっ…」

アルテマかりん「無駄なのだ…我は既に御園かりんではないのだ」

アルテマかりん「今度こそ消す…」

ももこ「っ…!」

ももこ(体が動かない…それに…後ろにはみんなが…)

ななか「」
葉月「」
かこ「」
明日香「」
ささら「」
まさら「」
こころ「」
梨花「」
れん「」
衣美里「」
ひなの「」

ももこ(っ…いや…アタシらが盾になれるとは思えない…)

ももこ(みんなまとめて…くそっ…)

アルテマかりん「滅びの呪文…」

アルテマかりん「デス・アルテマ…」

ゴゴゴゴゴ

ももこ「な…」

ももこ(冗談だろ…あんなのくらったら髪の毛一本残らず…)

ももこ(アタシら全員塵になる…)

レナ「いや…いやっ…」

かえで「もうやめて…」

バッ

ほむら「まどかっ!?」

いろは「まどかちゃんっ!?」

ももこ「え…」

まどか「わたしが…みんなを守るからっ!」

マミ「無茶よ!無理に決まってるわ!」

やちよ「ぁ…」

アルテマかりん「はぁっ!!」バシュゥッッッ

ほむら「まどかーーーっ!!!」

まどか「……!!」

カッ

ドカァァァァァァァッ

ゴォォォォォォッ

ももこ「うわぁぁぁぁぁっ!!」

レナ「いやぁぁぁぁぁぁっ!!」

かえで「ふみゃうみゃぁぁぁぁぁっ!!」

ほむら「まどかぁぁぁぁっ!!やだぁぁぁぁぁっ!!」

マミ「か、鹿目さん…」

いろは「まどかちゃん…みんな…」

やちよ「くっ…ん…?」

鶴乃「……?」

フェリシア「くそっ!くそっ!動けよっ!オレの体っ!」

さな「すん…すん…」

カァァァァァァッ

やちよ「光…」

鶴乃「暖かい…」



十七夜「これは…」

みたま「この魔力は…」


マミ「え…?」

ほむら「まどか…?」

ほむら「金色…?」