マミ「か、鹿目…さん…?」

ほむら「瞳が…金色に…?」

まどか「……」パァァァァ

アルテマかりん「うっ!?」

ほむら(まどかの全身から目映い光が…)

ほむら(明らかにおかしい…こんなの見たことないわ…)

ほむら(雰囲気も違う…まるで…)

まどか「……」スッ

ほむら(まどかに誰かが乗り移ったみたい…)

アルテマかりん「な…に…が…」

まどか「……」キィィィィ

ほむら(なに…この胸騒ぎ…)

ほむら(まどかが御園さんに何かをしているけれど…)

ほむら(なんとなくだけど…このままじゃ…このままじゃ…)

ほむら(まどかが…まどかでなくなってしまう…?)

アルテマかりん「う…ごけ…な…」

まどか「…わたしが導いてあげる」

ほむら「!!」

アルテマかりん「う…あ…」

まどか「これからは」

ほむら「やめてっ!まどかっ!!」

ダキッ

まどか「!!」

ほむら「わからない…わからないけど…!」

ほむら「このままじゃあなたがいなくなってしまう気がするの!」

まどか「…ほむら…ちゃ…」フッ

まどか「ぅぅん…」クタッ

ほむら「まどかっ!?」

マミ「……!?」

マミ「な、何が起きていたの…?」

いろは「まどか…ちゃん…?」

やちよ「今…何か別の力が働いていた…?」

鶴乃「か、かりんちゃんを止められてたけど…」

フェリシア「どうなった!?」

さな「あ…!」

アルテマかりん「く…う…」ヨロッ

アルテマかりん「我…は…」フラフラ

やちよ「弱ってる…?」

いろは「まどかちゃんの力で…?」

フェリシア「今だ!今ならウワサをぶっ飛ばせる!」

さな「で…でも…力が…」

いろは「誰か…私に力を…うい…!」

マミ「……」

まどか「…」グッタリ

ほむら「まどかっ!しっかりしてっ!」

マミ「……」

マミ(七海さん達は動けない…十咎さん達も…)

マミ(今…立てている魔法少女は私と暁美さんの二人だけ…)

マミ(でも暁美さんは時間停止を封じられてる…)

マミ(だったら…)

アルテマかりん「うぁぁぁぁぁぁっ!!」ゴゴゴゴゴ

マミ「!!」

ほむら「なに…?」

アルテマかりん「我は…私は…わたしは…」

アルテマかりん「うわぁぁぁぁっ!!」

マミ(頭を押さえてる…?御園さんの自我が戻りつつあるの…?)

アルテマかりん「わた…し…は…御園…かり…」

アルテマかりん「あぁぁぁぁぁっ!!」

マミ(…私にはわかる…心の中でウワサと戦っている…)

マミ(いいえ…ずっと戦っていたのね…)

マミ(ウワサの力が弱った今…御園さんの自我が…!)

アルテマかりん「う…うぅ…アリナ先輩っ…」

アルテマかりん「た…たすけ…」

アルテマかりん「あぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

アルテマかりん「っ…だ…だれか…わたしを…このまま…」

ほむら「!」

アルテマかりん「ウワサごと…やっつけ…あぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

ももこ「か、かりんちゃん…!」

レナ「かりんっ…」

かえで「ま、負けないでかりんちゃんっ!」

やちよ「……」

鶴乃「やちよ…」

やちよ「かりんの魔力が…どんどん減っていく…」

やちよ「このままでは…かりんは今度こそ…」

鶴乃「じゃ…じゃあチャンスは今が…」

やちよ「…最後…かもね」

フェリシア「な、なんでだよっ!」

いろは「…かりんちゃんは最後の力を振り絞ってウワサと戦ってるんだよ…」

いろは「でも…もう力が…」

鶴乃「かりんちゃんの魔力が尽きたら…脱け殻の体をウワサが…」

さな「そんな…」

やちよ「…今しかないわ…でも…ウワサを引き剥がすには…」

みふゆ「アリナ…」

やちよ「っ!みふゆっ!?」

みふゆ「はぁ…はぁ…アリナ…しか…」

やちよ「だ、ダメよしゃべっちゃ!」

鶴乃「ソウルジェム真っ黒だよっ…」

みふゆ「ア…リナ…に…ちか…ら……を…」

みふゆ「」

やちよ「みふゆっ?みふゆーっ!」

いろは「アリナさん…」



アリナ「」