ラグナロクのウワサ《!!??》

みたま「た、助かった…?」

月咲「みたまさんっ!」

月夜「よ…良かったでございます…」

ほむら「いったい…誰が…?」

ホーリーマミ「はぁ…はぁ…」

ほむら「なっ…巴さん!?」

ホーリーマミ「っ…」ガクッ

ほむら「い、生きて…!?」

ほむら(生きてた…?生きてた…!)

みたま「マミちゃん!?それにそのウワサは…」

ホーリーマミ「は…話は…後…今は……」

ラグナロクのウワサ《∃∃††ΑΛΛτН!!!》

月夜「っ…」

月咲「お、怒ってる…」

ホーリーマミ「早く調整を…ウワサは私が…」

みたま「マミちゃん…ええ、わかったわ!」

かりん「……」

十七夜「」
アリナ「」

みたま(お願い…間に合って…!)

ラグナロクのウワサ《ヴΤΤΘЧΘο》

月夜「はっ?あっちには…!」

月咲「倒れたみんながっ!」

ほむら「っ…」

ほむら(八雲さんと違って全員無防備…確実に乗っとることができる…)

ほむら(それにまどかだって…!!)

ホーリーマミ「させない…!」

バキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュンバキュン

ラグナロクのウワサ《!!!??》

ほむら「これはっ…!」

月夜「無数のマスケット銃が既に…」

月咲「予め用意してたの!?」

ホーリーマミ「はぁ…はぁ…」フラフラ

ほむら「巴さんっ!」

ホーリーマミ「けほっ…」ポタポタ

ほむら「っ…!?」

ほむら(酷い傷…やはりあの攻撃を避けたわけじゃ…)

ホーリーマミ「私なら…大丈夫…だから…」

ほむら「……」

ほむら(何があったのかわからないけど…回復よりも迎撃を優先してる…)

ほむら(…せめて武器が残っていたら…)

ラグナロクのウワサ《εεεМεΑ††∨》

ホーリーマミ「来る…!」

バキュンバキュンバキュンバキュン

ラグナロクのウワサ《!!!》

ほむら「く…」

ほむら(効いてない…もう巴さんに威力のある技は使えない…)

ホーリーマミ「暁美さん…離れて」

ほむら「えっ…」

ホーリーマミ「私は…死にかけの体を…無理矢理フローレンスと融合して…動かしているの…」

ほむら「…!」

ホーリーマミ「フローレンスは完全に消えたわけじゃなかった…瀕死の私を助けてくれたの…」

ホーリーマミ「ダメージが完全に回復するまで身を隠していたかったけど…」

ホーリーマミ「そんなことができる状況でもなかった…」

ホーリーマミ「…本来なら私もフローレンスも…もうこの世にいなかったわ」

ホーリーマミ「奇跡的に今…ここにいれるだけよ…」

ホーリーマミ「でもそれも…残りわずか…」

ほむら「っ!」

ホーリーマミ「ウワサは私を乗っ取りに向かってきてる…」

ホーリーマミ「だから最期の力で…あのウワサごと自爆するわ」

ほむら「そんなっ…」

ホーリーマミ「どの道私は生き残れない…今もどんどん体は冷たくなってるわ…」

ほむら「…魔力を回復に回せば!」

ホーリーマミ「ううん…神浜のみんなにはたくさん迷惑をかけたんだもの…」

ホーリーマミ「せめて最期くらい…役に立ちたいの」

ほむら「巴さんっ!」

ラグナロクのウワサ《■■∂∂∂ΤЙЙ》

ホーリーマミ「来たわね…!」

ほむら「こいつ…!」

ホーリーマミ「暁美さん!早く逃げてっ!」

ほむら「でもっ!」

ホーリーマミ「お願いっ!」

ほむら「……っ」ダッ

ホーリーマミ「…ありがとう」

ラグナロクのウワサ《ΥЙοМεεΑΑ》

ホーリーマミ「…あなたは私とフローレンスの後輩…」

ホーリーマミ「後輩の誤ちは…私が…私達が…!」

ホーリーマミ「…幕引きといきましょう」



月夜「ど、どうなったのでございます?」

月咲「巴さんは…?」

ほむら「早く逃げて!」

月夜「えっ?」

月咲「逃げるって…?」

みたま「はぁ…はぁ…で…でき…た…」ガクッ

月夜「みたまさんっ!」

十七夜「ぅ…」

アリナ「ん…」

かりん「……」

月咲「十七夜さん!アリナさん!」

十七夜「月咲君…戻ってこれたようだな…」

アリナ「でも…パワーが…」

みたま「…むこうでありったけの魔力を使ったのよ…」

みたま「体を満足に動かせる魔力だって…」

ほむら「……」

みたま「それよりも…マミちゃんは?」

ほむら「巴さんは…ウワサごと自爆するつもりです」

十七夜「なに…?」

アリナ「…フールなんですケド」

みたま「マミちゃん…」

みたま(申し訳ないけど…もう私達には体を動かす魔力すら残ってないわ…)

十七夜(まだウワサはあれだけ動けるのか…あの場で完全に仕留めておけば…)

アリナ(……アリナのボディ…動かないんだケド…)

アリナ(マミ…!!)

かりん「……」



ラグナロクのウワサ《Κヶ■■∨ΤΥ◯◯◯》

ホーリーマミ「これで終わりにしましょう…」

ホーリーマミ「ティロ・エスプロジオーネ!!!」

カッ

ドカァァァァァァァァァ