みふゆ「いろはさん…ありがとうございます、もう大丈夫です」 

いろは「そうですか、よかった」 

みふゆ「では、灯花達に事情を説明しなくてはなりませんね」 

いろは「そうですね、きっとわかってくれますよ!」 

みふゆ「はい、では行きましょうか」 

――――― 

――― 

― 

みふゆ「やはりここにいますね」 

いろは「あれ?ういの魔力は感じない…」 

みふゆ「ういさんは別のところへいるんでしょうか…」 

いろは「……まずは灯花ちゃんとねむちゃんに説明しましょう」 

みふゆ「そうですね…灯花ー」 

灯花「……」 

ねむ「……」 

いろは「灯花ちゃん、ねむちゃん」 

灯花「っ…」 

ねむ「…お姉さん」 

いろは「ぅ…」 

いろは(二人のあの表情…マギウスの頃みたい…) 

いろは(…でも!) 

いろは「あのね?二人に謝らなきゃいけないことがあるの」 

いろは「聞いてくれる…かな?」 

灯花「ぅ…!」 

灯花「…今さら謝られたって全然嬉しくないんだからねっ!」 

灯花「わたくしもねむもういも傷付いたんだからっ!!」 

いろは「…ごめんね」 

灯花「あっ…」 

灯花(お姉さま…すごく悲しそう…) 

灯花(お姉さま…お姉さまお姉さまお姉さま) 

灯花「う…ぅ…」 

ねむ「……」 

ねむ(このタイミングでお姉さんが来るなんて…) 

ねむ(いったい何を…でも表情がさっきとはまるで違う) 

ねむ(何か強い意思を感じる…) 

みふゆ「灯花、ねむ…ワタシが全て悪いんです」 

みふゆ「これから全て説明し…」 

いろは「ううん、みふゆさん…私に話させてください」 

いろは「みんなの気持ちに気づかなかった私にも責任はあります」 

みふゆ「いろはさん…わかりました、お願いします」 

灯花「…ふ、ふんっ、今さら遅いんだから!」 

ねむ「……いや、灯花。考えても見れば色々と不自然な点は多いよ」 

ねむ「ここは話だけでも聞いておこう、それでもしお姉さんにまた失望した時は…」 

ねむ「ういの言う通り、お姉さん離れをすればいい」 

いろは「え…」 

灯花「…そうだにゃー…うん…」 

いろは(ういが…私離れ…?) 

いろは(え…?) 

いろは「……」 

みふゆ「いろはさん?いろはさんっ」 

いろは「……」 

みふゆ(いろはさん急に顔が真っ青に…これは…やはりワタシが説明するべきなのでしょうか…) 


その頃 

さな「そっか…さっきのいろはさんはみふゆさん…なんですね」 

やちよ「ええ、間違いないわ…あの時すぐに指摘するべきだった…」 

やちよ「どうすればいいのかわからなくて静観してしまった私が臆病だったのよ…」 

さな「そんな…あの幻は完璧でしたし、無理ないですよ…」 

さな「私…いろはさんの幻だって気づかなかった…」 

やちよ「私も…みふゆがいろは以外に化けていたら気づかなかったわ」 

やちよ「例え鶴乃やももこに化けていたら…まずわからなかった」 

やちよ「みふゆがいろはに化けていたらこそ、わかったのよ」 

やちよ「それは私にとってみふゆが大切な幼馴染みで」

やちよ「そしていろはが…大好きだから…ね」 

さな「私だっていろはさんのこと大好きなのに…」 

やちよ「私もみふゆ以外が化けていたらわからなかったわよ」 

やちよ「まぁレナは分かりやすいから別だけどね」 

やちよ「レナ、いろはだから!(声まね)」 

さな「!?…ふふ」 

やちよ「ふふっ、少しは緊張が解けた?」 

さな「ぁ…は、はい」 

やちよ「さな、私達はいろはを愛した者同士よ」 

やちよ「ライバルでもあるけど、それ以上に大切な仲間なの」 

さな「…そうですね…!」 

やちよ「そして…きっと今ごろ本物のいろはは困っているはず…」 

やちよ「だから助けてあげないとね」 

さな「はい…!」