フェリシア「まぁなんつーかさ、オレもよくわかんねーけど」

フェリシア「死にてーなんて言うもんじゃねーぞ」

うい「……」

フェリシア「でもオレだってオレをぶっ殺してやるって思ったことあるからさ」

フェリシア「気持ちがわからないわけじゃねーんだぜ?」

フェリシア「けどさ、なんて言うか…とにかく!気持ちはわかるけど良くねーこともわかるんだ!」

フェリシア「オレにわかるんだから、ういにもわかるだろ?」

うい「……うん…」

フェリシア「……いろはに何言われたんだ?」

うい「……」

フェリシア「言いたくねーなら言わなくても良いけど」

フェリシア「いろはが悪いならオレが代わりにいろはをぶっとばしてやるぜ?」

うい「まって!お姉ちゃんは悪くないの!」

フェリシア「じゃあ言えるよな?」

うい「っ……実は……」

―――

――



みふゆ「ですので、ワタシが全て悪いんです」

灯花「…さいてー」

ねむ「…仮にも成人してる大人が小学生相手にすることじゃないね」

みふゆ「その通りです…」

いろは「………」

灯花「でも…みふゆの魔法に気付けなかったのは天才失格だし…」

灯花「それ以上に…偽者のお姉さまに気付けなかったなんて…」

灯花「わたくし…あり得ないよ…」

ねむ「うん…いくらみふゆの魔法が完璧だったとしても…」

ねむ「あれだけ慕っていたお姉さんを見抜けなかったどころか」

ねむ「何も知らない本物のお姉さんに…なんてことを…」

灯花「あぁぁぁ…わたくし…お姉さまに…あぁぁぁ!!」

いろは「……」

灯花「お姉さま!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!」

ねむ「お姉さん…僕達はとんでもないことを…謝って許されることではないかもしれないけど…」

ねむ「本当に…ごめんなさい…」

いろは「……」

灯花「お、お姉さま…」

ねむ「お姉さん…」

いろは「……」

みふゆ「いろはさん!いろはさんっ!!」

いろは「ぁ…」

灯花「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

ねむ「ごめんなさい…」

いろは「ぁ…や…うん…大丈夫…だよ…私…怒ってないから…」

灯花「ほんとっ!?」

ねむ「…でも、お姉さん…」

いろは「うん…大丈夫…私の方こそ…ごめんね…」

灯花「…お姉さま…」

ねむ「…お姉さん…」

みふゆ「……」

みふゆ(いろはさん…目が虚ろに…)

みふゆ(ういさんも2人のようにすぐ誤解は解けるに決まってるはずです)

みふゆ(それはいろはさんにも簡単にわかりそうですが…)

みふゆ(そんなにショックなのですね…)

灯花「……」

ねむ「……」

灯花『…ねー…ねむ』

ねむ『…なんだい?』

灯花『わたくし…嫌でも理解しちゃった…』

ねむ『奇遇だね…僕もだよ』

灯花『…わたくしもねむも…』

ねむ『ういに勝てない…』

灯花『……でも、不思議だね…ういになら悔しくないや』

ねむ『うん…さっきまでと違って却ってすっきりした気分だよ』

灯花『…いいもん、わたくしにはねむがいるから!』

ねむ『そうだね、僕も同じだよ』

みふゆ「……」

みふゆ(テレパシーがワタシに漏れてる…二人とも動揺してるんですね…)

みふゆ(でも、この二人なら大丈夫です)

みふゆ(二人ならきっと…!)

みふゆ(…今なんとかしなきゃいけないのは…)

いろは「……」

―――

――



フェリシア「んーー」

うい「だからわたし…お姉ちゃんから離れなきゃ…」

フェリシア「いろはがそんなこと言うわけねーと思うけどなー?」

フェリシア「どーせみふゆとかの悪戯なんじゃねーの?」

うい「…悪戯…?」

フェリシア「だってみふゆいっつもいろはと勝負してるしさ」

うい「………」

フェリシア「だいたい、いろはが泣いて出ていくお前らを黙って見てるわけねーじゃん」

うい「……!!」

フェリシア「みふゆかどうかはわかんねーけど、レナも違うだろうし」

フェリシア「まーとにかく、ぜってーいろはじゃねーよ」

うい「お姉ちゃんじゃ…ない…」