うい「あの時のお姉ちゃんは本物のお姉ちゃんじゃ…なかった…」

フェリシア「ぜってー違うって」

うい「じゃあ…さっきのお姉ちゃんが…」

フェリシア「ん?あぁ、何もなかったようにしてたいろはか?」

フェリシア「そっちは本物だろ、だからなんともない感じだったんだろうし」

うい「本…物…」

うい「………」

===========

いろは「えっ?えーっと…」チラ

うい「……」プイッ


いろは「う、うい…何があったの?わ、私…なにかしちゃったかな…?」

うい「……」


いろは「ま、まってよ!私が何かしたなら謝るから!」

うい「……」


いろは「そ、そんな…だって私…何も…」

うい「……」


いろは「うい…ういは何があったのか話してくれるよね…?」

うい「…ううん、違うよ」

いろは「!?」

うい「お姉ちゃんと話したくない」

いろは「そ、そんな…そんな…」

===========

うい「あ…ぁ……」

フェリシア「お、おい!?なんでそんな顔が青くなってんだ!?」

うい(わたし…お姉ちゃんになんてことを…)

フェリシア「っ!?ソウルジェム見せろっ!!」

うい「あぁぁぁ…」

フェリシア「うわ!?ドッペルだって使わねーほうがいいやつなんだぞ!?」

うい(さっきお姉ちゃんがみふゆさんといたのも…きっと…)

うい(なのにわたし…灯花ちゃんとねむちゃんに…)

うい(もしあの後お姉ちゃんが二人に会いにいったら…)

うい(ううん…絶対に行ってる…もし二人がわたしの言う通りになってたら…)

うい「あ…ぁぁ…」

フェリシア「!?これ…イブの…や、やべぇ…」

フェリシア「オレグリーフシード今持ってねぇぞ!?」

うい「わたしのせいだ…わたしの…」

フェリシア(あれだけの戦いがあって、ういもこれ以上ドッペル使うのはヤバいんだよな…!?)

フェリシア(ここでドッペル使わせるのはやべぇ…!)

フェリシア「っ…くそ!こうなったら!!」

うい「わたしなんかやっぱりいなくなっちゃえば…」

フェリシア「ういー!!!」

―――

――



いろは「うい…うい…」

みふゆ「いろはさん!大丈夫ですよ!」

灯花「わたくしもねむもすぐ誤解とけたんだよ?」

ねむ「ういもすぐにわかってくれるはずだよ、お姉さん」

いろは「でも…あんなういの顔見たことなかった…」

いろは「あの時はわけがわからなくて気づかなかったけど…」

いろは「あのういの顔…わたしに失望してたんだ…」

灯花「だ、だからすぐに誤解なんて解けるに決まってるから!」

ねむ「だから大丈夫…」

いろは「ういが私にあんな顔見せるなんて…」

みふゆ「い、いろはさん…」

みふゆ(さっきまであんなに前向きだったのに…こんなに急変するだなんて…)

みふゆ(いろはさんにとってのういさんは…妹以上の…)

―――
――


フェリシア「お、おい…大丈夫か…?」

うい「あ、あれ…わたし…?」

フェリシア「オレのことわかるよな…?」

うい「?フェリシアさん…あれ?なんでわたし…?」

フェリシア「ほっ…焦った」

やちよ「フェリシアー!!」

フェリシア「やちよ!よかった!グリーフシード持ってね?」

やちよ「ういちゃん!?やはりさっきのは…」

さな「グリーフシードなら私が…!」

フェリシア「流石さな!ほらっ!」

うい「わっ?わたしのソウルジェム真っ黒!?」

フェリシア「よかった……」

やちよ「フェリシア…あなたがういちゃんを…ありがとう」

フェリシア「えへへ…」

さな「すごい魔力でした…まるでイブと戦ったときのような…」

うい「やちよさん、さなさん…え、えっと…ありがとうございます…?」

やちよ「原因はいろはよね?」

うい「…?」

フェリシア「おー、まぁみふゆだろ?」

さな「フェリシアさんすごい…私…わかんなかった…」

フェリシア「オレは話聞いただけだからなー、見たらオレだって騙されてたかもしんねーし」

やちよ「みふゆのいろははかなり精巧だったから仕方ないわよ」

やちよ「妹のういちゃんですらわからなかったわけなんだし」

うい「…?」