やちよ「ういちゃん、あの時のいろはは間違いなくみふゆよ」

うい「いろはがみふゆさん…?」

さな「?」

やちよ「ごめんなさい、私があの時すぐに指摘するべきだったわ…」

うい「みふゆさんがどうかしたんですか?」

フェリシア「オレが言った通りじゃん、みふゆがいろはに化けてたって」

うい「いろは…?」

さな「っ…!?」

フェリシア「ん…?」

やちよ「え…?ういちゃん…?」

うい「え、えっと…」

やちよ「…ういちゃん、みかづき荘に住んでるみんなの名前…言える?」

うい「え?えっと…やちよさん、さなさん、フェリシアさん…わたし…?」

やちよ「!」

さな「!」

フェリシア「なっ!?」

やちよ「ちょっとフェリシア!?」

フェリシア「ご、ごめん!?」

さな「あともうひとりいます!」

うい「もうひとり?鶴乃さん?」

さな「じゃなくって!」

うい「モキュ?」

さな「そんな…いろはさんのこと…」

うい「いろは…さん…?」

やちよ「…環いろは、ういちゃん…あなたのお姉ちゃんよ」

うい「お姉ちゃん?わたしの??」

やちよ「……」

さな「……」

フェリシア「……」

やちよ「…さな、ういちゃんのこと頼むわね」

さな「…はい」

やちよ「フェリシア、こっちに来て」

フェリシア「…う、うん…」

うい「あ、あの…わたし…?」

さな「…大丈夫です、絶対に思い出しますから」

うい「は、はい…?」

やちよ「……」

フェリシア「ご、ごめんやちよ…お、オレ…ああするしか…」

やちよ「…私はフェリシアに怒っているわけじゃないの」

フェリシア「え…?」

やちよ「フェリシア、あなたがういちゃんを慰めてくれたことは言わなくてもわかるわ」

やちよ「みふゆのせいで、ういちゃんが自暴自棄になったのよね?」

フェリシア「…?」

やちよ「あぁ…ヤケクソになったのよね?」

フェリシア「!あぁ…顔がすげー真っ青になってさ」

フェリシア「今にもドッペル出すんじゃねーかって…」

やちよ「…やはりそうなのね…以前の戦いで私達はドッペルを使うのも命がけになってしまった…」

やちよ「特にイブの力を限界まで使おうとしたういちゃんはこれ以上ドッペルを使わせるわけにはいかない…」

やちよ「だから…忘却の魔法を使ったのよね?」

フェリシア「うん…でも、いろはのこと忘れるなんて…」

やちよ「…フェリシアの忘却はそう簡単に解除できるものじゃないわ」

やちよ「それに思い出したら思いだしたで、またういちゃんが絶望しないとも限らない…」

フェリシア「うぅ…」

やちよ「……ういちゃんには悪いけど、時間をかけででも確実に思い出して貰うしかないわ」

やちよ「問題なのは…いろはかもしれない…」

フェリシア「いろは?」

やちよ「いろははみんなが知ってるように本当に芯が強い子よ」

やちよ「どんなことが起きても絶対に諦めないわ」

やちよ「そのいろはの強さに私達は何度も助けられた…」

やちよ「でも…ういちゃんのことになると途端に脆くなる…」

やちよ「特に最近のいろはは異常なくらいういちゃんに強く入れ込んでいたわ…」

フェリシア「そうか…?」

やちよ「…まさらさんとこころさんが、のぞみちゃんを授かったあの日…」

やちよ「私といろはもその場にいたわ」

やちよ「みんなはのぞみちゃんや、まさらさんとこころさんのことばかり話していたけど」

やちよ「いろはだけはずっと、ういちゃんの話をしてた」

フェリシア「…そう言えばずっとういも可愛かったって言ってたっけ」

やちよ「あれから神浜の魔法少女の中でのぞみちゃんや、魔法少女同士の赤ちゃんの話題で持ちきりになっても」

やちよ「いろはは取り付かれたようにういちゃんのことばかり話してて…」

やちよ「私…気づいてしまったのよ…いろはの心はういちゃんにしか向いていないのかもしれないって…」

フェリシア「えー?…まぁオレなんかよりずっとういの方が好きなんだろうなーとは思うけど…」

フェリシア「いろははやちよやさなも好きだろ?」

やちよ「…フェリシアに言うことじゃないけど…」

やちよ「私は…いろはが好きよ、一人の女性として愛してしまった」

やちよ「この意味…もうあなたにもわかるでしょ?」

フェリシア「…まーな」

やちよ「それはさなも同じ…」

フェリシア「ん?そういやいつのまに二葉さんじゃなくなったんだ?」

やちよ「それこそ、さなと手を組んだのよ…ういちゃんに負けないために…」

やちよ「…フェリシア、あなた最近よく鶴乃に泊めてもらってるでしょ?」

やちよ「察してくれていたのよね?」

フェリシア「…ん」

やちよ「そう…みかづき荘はいろはを中心に…」

フェリシア「まぁ…変なふいんきだからな…」

やちよ「ごめんなさい…」