やちよ「…とにかく、いろはをまずは探すわよ」 

やちよ「最近のいろははどこかおかしかった…」 

フェリシア「オレにはそう見えなかったけど…やちよがそう言うならそうなんだな…」 

やちよ「ういちゃんはいったんみかづき荘で休んでもらうのが良さそうね…」 

フェリシア「て言うかさ、いろはに電話すりゃいーじゃん」 

やちよ「電話ならここに来るまで何度もしてるわよ…」 

フェリシア「え?でねーの?」 

やちよ「ええ…電波は入ってるようなんだけど…」 

フェリシア「いろはがやちよの電話無視するか?」 

やちよ「そう思いたいけど…やな予感がするのよね…」 

フェリシア「いろはって今日はどこ行ってんだよ」 

やちよ「買い物に行くとは聞いていたけど…あ、でも昨日鹿目さんに電話すると言っていたわ」 

フェリシア「んじゃまどかにききゃいーじゃん」 

やちよ「そうね、鹿目さんは…」 

まどか『もしもし』 

やちよ「もしもし、鹿目さん?」 

まどか『やちよさん、こんにちは。どうかしたんですか?』 

やちよ「今日いろはから連絡あった?」 

まどか『はい、少し前まで話してました…あの、何かあったんですか…?』 

やちよ「ううん、いろはに連絡がつかないだけなんだけど…いろはは何処かに行くと言ってた?」 

まどか『いろはちゃんは…みたまさんに会いに行くって行ってました』 

やちよ「みたまね?わかったわ、ありがとう」 

まどか『大丈夫…ですか?』 

やちよ「ふふ、大丈夫よ?心配してくれてありがとう」

まどか『そうですか…』 

やちよ「それじゃあ切るわね?こんなことでごめんなさい」 

まどか『いえ!また遊びにいきますね!』 

やちよ「ふふ、楽しみにまっているわ、じゃあね」 

まどか『はい!』 



まどか「……」 

ほむら「七海さん、どうかしたんですか?」 

まどか「わかんない…でもちょっと様子がおかしかったような…」 

ほむら「…また神浜で何か…?」 

まどか「大丈夫って言ってたけど…何もなければいいな…」 

ほむら「はい…」 



やちよ「みたまね…調整屋に行きましょう」 

フェリシア「電話しねーの?」 

やちよ「もしいろはがそこにいたら、もしかしたら調整屋から離れるかもしれないわ」 

フェリシア「?なんで?」 

やちよ「私とさなの電話にでないとなると…もしかすると…」 

フェリシア「いろはがやちよから逃げるとか?ねーだろ」 

やちよ「…そうあってほしいけど…」 

~♪ 

やちよ「!」 

フェリシア「お、いろはじゃね?」 

やちよ「いや…みふゆね」 

やちよ「みふゆ…」 

フェリシア「でねーの?」 

やちよ「いえ…もしもし、みふゆ…今はあなたに…」 

みふゆ『やっちゃん!いろはさん見ませんでしたか!?』 

やちよ「え?いろは…?」 

みふゆ『はい!いろはさんはそちらにいますか!?』 


やちよ「いえ、見てないわ…むしろ連絡がとれなくて…え?」 

みふゆ『そんな…じゃあいろはさんは…あのまま消えて…』 

やちよ「えっ…!?消えた!?いろはが!?」 

フェリシア「は!?」 

やちよ「どうして!?急に消えたの!?そんなの…」 

みふゆ『ワタシと灯花、ねむの3人と一緒にいたんです…』 

やちよ「あなた達がいたなら…」 

みふゆ『いろはさん…物凄く取り乱して…どこかへ走り出したんです』 

みふゆ『すぐに追いかけましたが…どこにも見当たらなくて…』 

やちよ「そんなのって…」 

みふゆ『ういちゃんもどこへ行ってしまいました…』 

やちよ「う、ういちゃんならこっちにいるわ…」 

みふゆ『ほんとですか!?よかった…姉妹揃って失踪なんてなったら…ワタシ…』 

フェリシア「おい!いろはは大丈夫なのかよ!?」 

やちよ「…みふゆ、あなた達はそのままいろはを探しながらこちらへ来て」 

やちよ「今どこにいるの?」 

みふゆ『今は…夏目書店の近くです』 

やちよ「そう、なら近いわね…私達は今川沿いにいるわ、ういちゃんがよく行く場所よ」 

みふゆ『わかりました!すぐむかいます!』 

やちよ「待ってるわ、じゃあ」 

みふゆ『はい!』