やちよ「…いろは…」 

フェリシア「いろは…どこ行ったんだよ…」 

やちよ「…フェリシア、さなにこのことを伝えてきて」 

やちよ「ういちゃんにはそこで待ってるよう頼むわ」 

フェリシア「ああ、わかった…」 

やちよ「……」 

やちよ(いろは…) 



みふゆ「いろはさん…」 

灯花「お姉さま…どこに行っちゃったの…」 

ねむ「ほんの僅かな時間目を離しただけで、まるで神隠しのように消えてしまった…」 

ねむ「お姉さんもかなり取り乱していたし…いったい何が…」 

みふゆ「いろはさん…ワタシを慰めてくれた時はいつも通りでしたのに」 

みふゆ「ういちゃんのことになった途端…どんどんおかしくなってしまいました…」 

灯花「…お姉さまは…わたくしやねむでも勝てないくらい」 

灯花「ういのことが大好きなんだよ…」 

ねむ「そのういが…僕たちもだけど、お姉さんに酷い態度を取ってしまった…」 

ねむ「それが致命傷だったのかもしれない…」 

みふゆ「でも…ワタシを慰めてくれましたよ…?」 

灯花「お姉さまは優しいから、目の前に困ってる人がいたら」 

灯花「自分のことを忘れて助けてくれるんだよ…」 

みふゆ「いろはさん…」 

ねむ「お姉さんのソウルジェムはどうだった?」 

みふゆ「…ひどく穢れていて…最初は小さい子どものように泣き叫んでいました…」 

ねむ「なるほど…やはりかなり無理してたのかもしれないね」 

灯花「どんなに辛くても、目の前に困ってる人がいたら手を差し伸べる」 

灯花「それがわたくし達の憧れ、環いろは…」 

灯花「でも……」 

みふゆ「いろはさん…」 

灯花「もっとみんなにお姉さまを探してもらわなきゃ…!」 

ねむ「うん、そうだね…」 

みふゆ「ワタシも…」 



ももこ「あー!ダメだ!心臓が破裂する!!」 

十七夜「無理もないだろう、自分も胸が張り裂けそうだ」 

ももこ「ほんとにそうかぁ!?十七夜さんいつも通りじゃん!」 

十七夜「何を言う、これから二人で八雲に告白するのだぞ」 

十七夜「しかも八雲と十咎は相思相愛に見える、そこに自分が入るんだ」 

十七夜「緊張しないはずがないだろう」 

ももこ「いやいやいや…アタシと調整屋は相思相愛じゃないし…」 

十七夜「む、ならば自分が八雲をいただくぞ?」 

ももこ「ちがっ!アタシだって調査屋が好きだっ!///」

十七夜「自分は調整屋ではなく八雲みたまが好きだ」 

ももこ「あーっ!アタシもみたまが好きだ!///」 

十七夜「うむ、だから相思相愛なんだろう」 

十七夜「八雲は間違いなく十咎のことを好んでいるぞ」

ももこ「いやでも…ううう…」 

十七夜「そろそろ腹をくくるぞ、このままでは埒が明かん」 

ももこ「やばいやばいやばいやばい」 

十七夜「よし…ん?」 

~♪ 

十七夜「七海か?なんだ?」 

十七夜「七海、どうした」 

やちよ『十七夜、力を貸して欲しいの…』 

十七夜「自分と七海の仲だろう、遠慮は不要だ」 

ももこ「やちよさん?何があったんだ?」 

ももこ「あれ、アタシにもやちよさんから電話来てた…」 

ももこ「電話に気づかないとか焦りすぎだろアタシ…ん?レナ?」 

ももこ「もしもし?」 

レナ『ももこ!ももこ!いろはが消えたって鶴乃が!!』 

ももこ「はぁ?」 

レナ『いろはがいなくなっちゃった!!』 

ももこ「なにいってんだ…?」 

かえで『あのね?いろはちゃんが行方不明になっちゃったの…』 

ももこ「なんだって…?」 

十七夜「わかった…こちらは自分と十咎が当たろう」 

十七夜「七海、焦る気持ちはわかるがあまり取り乱すなよ」 

やちよ『わかったわ…ありがとう』 

十七夜「うむ、では」 

ももこ「十七夜さん…いろはちゃんが…」 

十七夜「告白はまだ先になりそうだな」 



月夜「月咲ちゃん…大好きでございます…」 
月咲「月夜ちゃん…大好きだよ…」 

月夜「月咲ちゃん…」 
月咲「月夜ちゃん…」 

月夜(このまま月咲ちゃんと) 
月咲(ひとつにとけちゃいそうだよ) 

月夜(ねー) 
月咲(ねー) 

キィィィ… 

月夜「?ソウルジェムが…」 

月咲「光って…」 

~♪ 

月夜「きゃっ?」 

月咲「びっくりしたぁ!月夜ちゃん、電話だよ」 

月夜「はい、みふゆさんから…?もしもし?」 

月咲「あれ?ソウルジェム光ってない?見間違えだったのかな?」 

~♪ 

月咲「あ、ウチも電話…十七夜さんだ、もしもし?」