まさら「……」 

みたま「まさらちゃん、まだ何かあるの?」 

まさら「いえ…何故か胸騒ぎがして…」 

みたま「まさらちゃんが?珍しいわねぇ…」 

まさら(なんだろう…すごく嫌な予感がする…) 

こころ「すやすや」 
のぞみ「すやすや」 

まさら「……」 

まさら(…例えどんなことがあっても…こころとのぞみは…) 

まさら(私の家族は…私が守る…!) 

みたま「…まさらちゃん…」 

ももこ「調整屋ぁ!」 

みたま「!?」ビクッ 

みたま「も、もももこ!?」ドキドキ 

ももこ「いろはちゃんの行方がわからなくなった!探すの手伝ってくれ!!」 

まさら「!」 

みたま「ま、まって!まだ心の準備が……え?」 

ももこ「アタシもよく事情がわからないんだけどさ!いろはちゃんが急に姿を消したって!」 

ももこ「電話も繋がらないし、魔力も感じられないって…」 

みたま「いろはちゃんが?なんでまた…?少し前までここにいたのよ?」 

まさら「……」 

まさら(やはり…嫌な予感が…) 

こころ「むにゃ…まさら…すき…」 

まさら「こころ…」 

こころ「ん…んん…あぇ…わっ?まさら!?」 

まさら「起こしてしまったわね」 

こころ「ゆ、夢かぁ…あ、私変なこと言ってな…まさら、どうかしたの?」 

まさら「…わからない、でもよくないことが起こってる」 

こころ「…また戦いが…?」 

まさら「それもわからない、でも…」 

ももこ「とにかくもしいろはちゃんの情報が入ったら知らせてくれ!」 

みたま「わかったわ!」 

こころ「いろはちゃん…何かあったの?」 

まさら「行方不明になったみたい…」 

こころ「え…?」 

みたま「あのいろはちゃんが…」 

まさら「魔女の仕業?それともまだキモチが…?」 

みたま「わからないわ…でも魔女なら魔力でわかりそうだけど…」 

みたま「とにかく探さなきゃ…!」 

まさら「ええ」 

こころ「私も…」 

まさら「いえ、こころはここに残って」 

こころ「え?」 

まさら「調整屋に一人は残るべきだし、それに…のぞみがいるわ」 

のぞみ「すやすや」 

こころ「!」 

まさら「だからこころはここに残って、調整屋に来る魔法少女に事情を説明して」 

まさら「そして、私達の子を、のぞみをお願い」 

こころ「…うん、わかった!」 

みたま「こころちゃん、お願いね…」 

こころ「はい!」 

まさら「それじゃあ、行くわ」 

こころ「うん、いってらっしゃい…!」 



みふゆ「やっちゃん!」 

やちよ「みふゆ…」 

みふゆ「ごめんなさい…ワタシのせいで…」 

やちよ「…その話はいろはが見つかってからにしましょう」 

みふゆ「ごめんなさい…」 

灯花「…みふゆ、あんまり思い詰めない方がいいよ…」 

フェリシア「オレもそう思うぞ?」 

みふゆ「ありがとう…」 

ねむ「ういはお姉さんが失踪したことは知っているのかな…」 

フェリシア「あ…」 

やちよ「…ういちゃんのことなんだけど…言うしかないわね…」 

みふゆ「ま、まさか…ういちゃんまで失踪…?」 

灯花「嘘でしょ!?」 

やちよ「大丈夫よ、流石に姉妹揃って失踪はしてないわ」 

灯花「び、びっくりした…驚かせないでほしいにゃー!」 

ねむ「じゃあういは?」 

やちよ「ういは…一時的にいろはに関する記憶を失っているの」 

灯花「!?」 

ねむ「なっ…まさか?」 

フェリシア「…ごめん」 

みふゆ「え…?」 

灯花「なんてことしてくれたの!?バカなの!?」 

フェリシア「オレだってああするしかなかったんだからしかたねーじゃん!!」 

やちよ「落ち着いて、フェリシアに非はないわ」 

灯花「でもっ!!」 

やちよ「あそこでフェリシアが魔法を使わなかったら、ういちゃんはドッペルを使わざるをえなかったはず…」 

灯花「…!」 

ねむ「…やっぱり…うい…そこまで思い詰めていたんだ…」 

ねむ「だとすれば、一緒にいたのに止められなかった僕たちにこそ責任があるよ、灯花」 

灯花「そんな…でも…でも…」 

やちよ「幸い、ういちゃんはここにいるわ」 

やちよ「いろはが失踪したことは内緒に…」 

さな「やちよさんっ!!」 

やちよ「さな?どうしたの?顔が青ざめ…っ!?」 

さな「う、ういちゃんが…ういちゃんが…」 

灯花「!?」 

ねむ「!?」 

さな「わ、私…まなかさんに電話をちょっとしただけなんです…でも…」 

さな「気がついたら…ごめんなさい…ごめんなさい…」 

フェリシア「…マジかよ」 

みふゆ「そんな…姉妹揃って…」 

やちよ「いろは…ういちゃん…」