その頃 

いろは「………」 

いろは(ここは…どこ…?) 

いろは(私は…一体何を…) 

いろは「…っ!?」 

いろは「そうだ、私…ういに…!」 

いろは「みふゆさん!灯花ちゃん!ねむちゃん!」 

いろは「…み、みんな…?」 

いろは「ここは…?」 

|ドウセシマイナンダカラムスバレルワケナイヨ| 

いろは「!?」 

|デモスキナモノハスキナンダカラシカタナイヨネ| 

いろは「な、なに…?頭に響いてる…?」 

いろは「あ、頭が痛い…あたまが…うぁあぁっ…」 

|ウイサエイレバアトハナニモイラナイ| 

いろは「ういさえいれば…あとはなにもいらない…」 

|エイエンニウイトフタリキリ| 

いろは「えいえんに…ういと…ふたりきり…」 

|ホカハナニモイラナイ| 

いろは「ほかは…なにも…いらない…」 

いろは「そうだ…わたしは…ういさえいれば…」 

いろは「あとはなにも……」 

いろは「………はっ?」 

いろは「わ、私…今なにを言って…?」 

いろは「っ…やちよさんっ!さなちゃんっ!」 

いろは「フェリシアちゃん!鶴乃ちゃん!」 

いろは「みんなー!どこにいるのー!?」 

いろは「みんなーーー!!!」 



うい「う…うぅ…あれ…?」 

うい「頭が痛い…何か忘れちゃったような…?」 

うい「えっと…わたし…さっきまでさなさんと一緒にいて…」 

うい「何してたっけ…あれ?思い出せない…何か大切なこと忘れてる…?」 

うい「あ、あれ…さなさん…?」 

うい「あれっ!?えっ!?」 

うい「こ、ここどこ?」 

うい「さなさーん!やちよさーん!フェリシアさーん!」 

うい「いない…?さっきまで近くにいたのに…」 

うい「鶴乃さーん!みふゆさーん!」 

うい「うぅ…誰もいない…」 

うい「灯花ちゃん…ねむちゃん…怖いよ…」 

???「みんなーーー!!!」 

うい「!!誰かいるんですか?」 

???「誰かいるの!?」 

うい「はいっ!ここにいます!!」 

???「その声…良かった!ういー!」 

うい「え?」 

???「あっ…!!」 

うい「ん?」 

うい(あれ?この人…誰だろう…?) 

???「ご、ごめん…私には会いたくない…んだよね…」

うい(すごく寂しそう…何かあったのかな?) 

うい(それにこの顔…綺麗…かわいい…) 

うい(じゃなくって!なんだろう、すごく懐かしいような…) 

???「うい…」 

うい「あ、あの…」 

???「な、なに?どうしたの?」 

うい「何かあったんですか?」 

???「え?う、うん…気がついたらここにいて…」 

うい「わたしもそうなんです…ここ何処なんだろう…結界の中…かな?」 

???「そ、そうだね…?」 

うい「?」 

うい(今度はすごくびっくりしてる?たしかにわけわかんないけど…) 

???「う、うい…だよね?」 

うい「え?はい、ういですよ?」 

???「だ、だよね?どうして敬語なの?よそよそしいよ…?」 

うい「え?だって…」 

???「っ…わ、私がういに酷いことしちゃったから…かな」 

うい「酷いこと?わたしにあなたが…?」 

???「あれはみふゆさんの…ううん、でも…」 

うい「あれ?みふゆさんの知り合いなんですか?」 

???「へっ??」 

うい「わたしもみふゆさんの知り合いです!」 

???「う、うい…??」 

うい「??」 

???「や、やっぱり変だよ?何かあったの?」 

うい「そ、そうですか?わたしはなんともないような…?」 

???「だってういが私に敬語だなんてこんなの絶対おかしいよ!」 

うい「え?え?でも急にタメ口なんて失礼…ですよね?」 

???「どうして?」 

うい「だ、だって知らない人にいきなりタメ口は…」 

???「……え?」 

うい「?」 

???「知らない…人…?」 

うい「は、はい…?」 

???「ういが…私を…知らない…?」 

うい「は、はい…」 

???「…ういは何処に住んでるの?」 

うい「……」 

???「!もしかして記憶がないのかな?だから私のことも!」 

うい「…ううん、違うよ」 

???「!?」 

うい「知らない人に住所言っちゃダメっていつも…」 

うい「あれ?誰に言われて…やちよさん…?」 

???「や、やちよさんは…わかるの…?」