みふゆ「いいえ、まずはワタシが試します」

こころ「えっ、でも…」

みふゆ「例え幻でも、夫婦の仲を割くわけにはいきません」

みふゆ「それにワタシがやっちゃんの幻を見れば間違いないはずです」

こころ「……」

十七夜「たしかにそうだが…大丈夫なのか?」

みふゆ「大丈夫です、もうやっちゃんにはフラれましたから…」

ももこ「みふゆさん…」

みふゆ「大丈夫ですよ、ワタシならやっちゃんに拒絶される幻を見ても耐えられます」

みふゆ「だって完全に脈なしだってわかっちゃいましたからね」

みたま「……でも、仮説が当たったとしてもどうするの?」

みたま「このままじゃ埒が空かないわ…」

みふゆ「だからワタシがこじ開けるんです、行きます!」

みたま「あっ!」

ガンッッ

みふゆ「っく!?」

みふゆ(結界に触れた途端、頭を殴られたような衝撃が…)

みふゆ(!?…来る…幻が…!)

みふゆ(大丈夫、ワタシだって幻惑魔法の使い手ですし)

みふゆ(やっちゃんのことはもう諦めましたから…)

みふゆ「っ!?」

十七夜「梓!大丈夫か?」

みふゆ「い、いろはさん…そんな…ワタシは…」

十七夜「!?」

ももこ「いろはちゃんの幻か…!?」

みたま「じゃあ好きな人の幻を見るわけじゃ…?」

十七夜「……不味いぞ、七海と梓、アリナの3人が幻に囚われてしまった」

十七夜「こんなに呆気なくな…」

さな「……」

さな(私は…ダメ、耐えられない…)

鈴音「……」

鈴音(私は…椿?それとも…茉莉…?)

鈴音(っ?私なんで茉莉を?別にそんなんじゃ…)

鈴音(ともかく、この厄介な結界を破らなきゃ先に進めない)

鈴音(でも攻撃しても、触れるだけでも妙な幻を見せられてしまう…)

鈴音(一体どうすれば…)

こころ「……」

ももこ「くそっ!やっと結界の透明化を破れたのにこれじゃ意味ないじゃん…!」

十七夜「全力でぶつかった七海、用心して触れたアリナ、覚悟して触れた梓」

十七夜「その3人がこの有り様…残った自分等も同じ羽目になるだろう」

みたま「明らかに結界の性質が変わったわ、きっと中で調整したのよ…」

みたま「ならやっぱり、私が結界の調整を…」

ももこ「いや!で、でもさ!それで調整屋までおかしくなったら」

ももこ「もうどうにもならないぞ!?」

十七夜「あ、ああ!これ以上闇雲に手を出すわけにはいかん!」

みたま「じゃあどうするの?今もいろはちゃんは…」

さな「いろはさん……」

こころ「やっぱり私が行きます」

みたま「こころちゃん…あなたはみんなとは訳が違うのよ?」

ももこ「そうだよ、恋人どころか夫婦なんだぞ?」

こころ「だからだよ、私とまさらは夫婦…それに心が通じあってる」

こころ「だから悪いまさらの幻を見たとしても耐えられるよ」

十七夜「…たしかにその理屈は通るかもしれんが…」

あいみ「私もこころなら大丈夫だと思う」

こころ「あいみ…!」

あいみ「神浜一のバカップルの力、見せなきゃね!」

こころ「うんっ!」スッ

ガンッッ

こころ「っ!!」

こころ(くる…!)

こころ「っ…まさら……」

十七夜「!」

ももこ「やっぱりまさらの幻?じゃあなんでみふゆさんだけ違ったんだ…?」

こころ「まさら…私は…」

あいみ「こころ!負けないで!」

さな「こころさん…!」

こころ「うぅぅぅっ……!」

みたま「っ?しっかりして!」

十七夜「一体どんな幻を見せられるんだ…?」

ももこ「やちよさんやアリナがあんなになっちゃうんだ…エグい幻だと思う…」

ももこ(だからアタシは結界を触れない…それに…みたまが触れるのも嫌だ…)

ももこ(みたまが十七夜さんの幻を見たら…)

十七夜『十咎、それは自分もだ』

ももこ『っ?こんな時に心読まないでくれよ!?』

十七夜『すまない、十咎のを読もうとした訳ではない』

十七夜『こころ君の心を…む?』

こころ「っ…やぁぁぁっ!!」バチバチッ

みたま「こころちゃん!?」

こころ「私はまさらを信じてる…幻になんか絶対に負けない!」

こころ「今結界を壊すからっ!」

さな「いけるっ!」

バチバチッバチバチッ

こころ「っくぅ…!」

みたま「そ、そんな?こころちゃんの全力の電撃でも?」

ももこ「な…なんで入れないんだ?」

十七夜「…圧倒的な他者への拒絶…なのかもしれん」

鈴音「拒絶…とても深い…」