やちよ「いろは…これからもずっと一緒に…」

いろは「や、やちよさんっ///」

やちよ「……」

いろは「み、みんな見てますよっ?///」

やちよ「……」

パッ

いろは「ふぁ…」

やちよ「ごめんなさい、恥ずかしかったわよね」

いろは「い、いえ…ただちょっとびっくりしちゃいました」

やちよ「…」

いろは「あ、さっき何か言いかけてませんでした?」

やちよ「あれ?ふふ、何でもないわ」

いろは「え?でも…」

やちよ「さ、いろはも残り食べちゃって」

いろは「あ、はい…って、やちよさんもう食べたんですか!?」

やちよ「ええ」

いろは「やちよさんの胃袋どうなってるんだろ…」

やちよ「ふふっ…」

その夜

みかづき荘

さな「……」

やちよ「ん?どうしたの?」

さな「あっ、いえ、なんでもないです」

やちよ「…そう、二葉さんもココア飲む?」

さな「あ、はい…いただきます」

やちよ「はい、熱いから気を付けてね」

さな「はい、ありがとうございます」

やちよ「……」

さな「……」

いろはの部屋

うい「お姉ちゃん」

いろは「どうしたの?」

うい「何か良いことあったの?」

いろは「へ?」

うい「今日のお姉ちゃん、なんだか嬉しそうだもん」

いろは「そ、そうかな?」

うい「うんっ」

いろは「えーと…うん、嬉しいことがあったの」

うい「どんなの?」

いろは「そのね?えーと…褒めてもらえて嬉しかった…かな?」

うい「じゃあわたしもいっぱいお姉ちゃんのこと褒めてあげるね!

いろは「えっ?あははっ、大丈夫だよー」

うい「わたしだってお姉ちゃんのこと褒めたいもんっ」

いろは「うい?何かあったの?」

うい「ううん、違うよ?」

いろは「でもなんかちょっと…」

うい「お姉ちゃんっ」

いろは「?」

うい「わたし、お姉ちゃん大好きだよ」

いろは「…ふふっ、うん、ありがとう」

いろは「お姉ちゃんもういのこと大好きだよ」

うい「世界で一番?」

いろは「え?」

うい「…」

いろは「んー、うん、一番だよ?」

うい「!」

いろは「ういも、やちよさんも、鶴乃ちゃんも、フェリシアちゃんも、さなちゃんも」

いろは「みんな一番大好き…かな」

うい「……やっぱりお姉ちゃんはお姉ちゃんだね」

いろは「えっ?」

うい「前に聞いた時も、今みたいに灯花ちゃんやねむちゃんのこと言ってたもん」

いろは「そうだね、灯花ちゃんもねむちゃんも…」

いろは「私、みんなのことが本当に大好きだよ」

いろは「だから誰が一番かなんて、選べないよ」

うい「そっか、うん…そうだね」

うい「そんなお姉ちゃんだから、みんなから好かれるんだもん」

いろは「?」

うい「でもわたしもがんばるからね!」

いろは「?うん、がんばってね…?」

うい「それじゃあわたし、ココア飲んでくるねっ」テテッ

いろは「あ、ちゃんと歯みがきしなきゃダメだよー?」

うい「はーい」

いろは「……今のうい、何か変だったような?」

いろは「何かあったのかな…?」

いろはの部屋の前

フェリシア「……」

フェリシア「ふんっ…」

フェリシア「オレは別に…いろはのこと…」

フェリシア「……」

フェリシア「………」