翌日 昼休み

いろは「授業長引いちゃったね」

レナ「ももことかえでが待ってるし、早く行くわよ」

いろは「うん…あれ?」

レナ「ん?」

いろは「あっちから猛スピードで走ってきてるのって」

鶴乃「ふんふん!ふんふん!」ドドドドド

レナ「あっ、鶴」

鶴乃「いろはちゃーーーん!!!」ダキッ

いろは「わぁぁぁぁっ!?」

レナ「ちょっ!」

ズテーン

いろは「いたた…」

鶴乃「ちゃー…」

レナ「鶴乃…あんたいきなり何してんのよ…いろは痛がってるじゃん」

鶴乃「ご、ごめん!やちよはいつも受け止めてくれるから…」

いろは「やちよさんはやっぱりすごいなぁ…」

鶴乃「いろはちゃん、大丈夫?」

いろは「うん、平気。でも急にどうしたの?」

鶴乃「いろはちゃんと一緒にお昼あんまり食べたことないから!今日は一緒に食べよ!」

いろは「鶴乃ちゃんとお昼?土日は大抵一緒に食べてるような…」

鶴乃「学校ではないでしょー?」

いろは「それは…うん、そうだね」

鶴乃「ってことで、ごめんレナ!今日はいろはちゃん貰ってくね?

レナ「あっ…」

いろは「ごめんね、レナちゃん…」

レナ「…別にいいけどちゃんと返しなさいよね」

鶴乃「うん、ありがと!今度好きなメニュータダにしてあげるね」

レナ「ほんと!?やった!」

いろは(レナちゃん何気に万々歳大好きだよね)

鶴乃「じゃー行こー!」

いろは「またね、レナちゃん」

レナ「ん」

中庭

鶴乃「ここで食べよ!」

いろは「うん、でもどうしてここで?」

鶴乃「ふん?んー、やちよが若かった頃はよくここで一緒に食べたんだよね」

鶴乃「だからかな?」

いろは「若かった頃って…去年の話でしょ?」

鶴乃「今じゃすっかり大学生になっちゃったからねー」

いろは「そうだけど、やちよさんならすぐ近くにいると思うよ?」

いろは「大学すぐそば…と言うか付属だもん」

鶴乃「そう言うことじゃないんだよ、いろはちゃん!」

いろは「そ、そうかな?」

鶴乃「同じ制服来て同じ高校ってのが良いんだよー」

鶴乃「だから、来年が楽しみなんだー」

いろは「来年?」

鶴乃「いろはちゃんと同じ高校になるからね!」

いろは「今も殆ど同じような…」

鶴乃「そうだけど違うんだよ?」

いろは「あはは、まぁ…うん、そうかもね」

鶴乃「……」

いろは「鶴乃ちゃん?」

鶴乃「フェリシアとさなは学校も違うし」

鶴乃「二人が高校生になる頃には私はもう高校卒業してるからね」

鶴乃「だから、いろはちゃんしかいないんだ…」

いろは「そっか…たしかにそうだね」

鶴乃「ユニオンの魔法少女なら他にもいるけど」

鶴乃「やっぱり私はみかづき荘のみんなが一番だもん」

いろは「…うん、そうだね」

鶴乃「…ほんとは私だってみんなと一緒にみかづき荘で暮らしたいよ」

いろは(寝る時と朝以外はほとんどみかづき荘に暮らしてるような…)

鶴乃「朝と夜以外は暮らしてるって思うかもしれないけど…」

いろは「!」

鶴乃「朝と夜…私だけ一緒にいられないって…やっぱり寂しいよ…

いろは「鶴乃ちゃん…」

鶴乃「放課後もフェリシアとずっと一緒にいるようなものだけど…

鶴乃「なんでなのかな…やっぱり寂しくて…」

鶴乃「…こんなんだから私…あの時もひとりだけ洗脳が自力で解けなかったんじゃないのかな…

いろは「っ…ううん、違うよ!あれはみふゆさんがフェリシアちゃんとさなちゃんだけで精一杯で

いろは「鶴乃ちゃんを助けられなかったって…」

鶴乃「…ありがと、いろはちゃん」

いろは「……」

いろは(鶴乃ちゃん…どうしたんだろう…鶴乃ちゃんらしくない…

いろは(…ううん、鶴乃ちゃんもかなり無理してるんだよね…)

いろは(明るく振る舞ってても…心のどこかで…)

いろは(それは私達もわかってるはずなのに…)

いろは(やっぱり明るくない鶴乃ちゃんに違和感が…)

鶴乃「いろはちゃん…」

いろは「うん?」

鶴乃「…あの時は…本当にありがとう」

いろは「あの時…?万々歳にヘルプで入った時のことかな?」

鶴乃「……」ジッ

いろは「っ…ごめんね、うん、わかってる」

いろは「でもあれは…私一人じゃどうにもならなかった」

いろは「私とやちよさんの二人がかりでもダメ…」

いろは「フェリシアちゃんと、さなちゃんがいてくれたから…」

鶴乃「…その3人を繋ぎ止めてくれたのが、いろはちゃんだよ」

いろは「え?」