鶴乃「あの時のことは…みんなによく聞いてるよ」

いろは「…」

鶴乃「やちよも、フェリシアも、さなも…」

鶴乃「十七夜も、ももこも、レナも、かえでも…」

鶴乃「マギウスだったみんなも…」

鶴乃「全員が言ってた、いろはちゃんがいなかったら私はもう元には戻れなかったって…」

いろは「え…?」

鶴乃「…私の場合、アリナやマミちゃんとも事情が違って」

鶴乃「あのウワサが心地よかった…」

いろは「…」

鶴乃「もちろん洗脳されてたからだけど…でも、私はどこかで元からそう思ってたんだ…」

鶴乃「だから二人と違って、みふゆの助けも…」

鶴乃「…あのまま私はウワサとして…人を殺してしまうところだった」

鶴乃「もしその後洗脳が解けたとしても…人を殺してしまったことには変わらないから…」

鶴乃「きっと私…耐えられなくて心が壊れちゃったと思うんだ…」

鶴乃「だから…止めてくれたいろはちゃんに…本当に感謝してるんだよ…?」

いろは「鶴乃ちゃん…?」

鶴乃「…謝りたいと感じてる…だから感謝って言うんだろうね」

鶴乃「いろはちゃん…本当に…本当にありがとう…っ!」

いろは「わっ、わっ?あ、頭を上げてよ?」

鶴乃「ううん、謝らせて…ずっと謝りたかったんだ」

いろは「そ、そんなこと言われても…」

鶴乃「いろはちゃんとは毎日会うし、すごく身近な存在だけど」

鶴乃「こうして二人っきりには中々なれなくて…ずっとタイミングを探ってたんだ」

いろは「そうだったの?」

鶴乃「いろはちゃんは謙遜してるけど、いろはちゃんは間違いなく私の恩人だよ」

いろは「お、恩人?」

鶴乃「…ずっと…ずっと責任を感じてるんだ…あの日のこと…」

いろは「…」

鶴乃「…あからさまなマギウスからの罠…わかりきってたことなのに…」

鶴乃「あっさり罠にかかるどころか、一番良いように操られて…」

いろは「あれは…マギウスの、その…」


鶴乃「…わかってる、あの頃の灯花とねむはおかしくなってた」

鶴乃「それは二人も必要以上に反省してるし、二人を責める気は全くないよ」

鶴乃「私が許せないのは私…」

いろは「っ…」

鶴乃「…やちよがいないのもわかってた、だから私がみんなを守らなきゃいけなかった」

鶴乃「それに…あの時見せられた幻は私だって当事者だったんだよ…」

鶴乃「メルのこと…魔女化のこと…」

鶴乃「いろはちゃん達と違って、私は…」

いろは「…」

鶴乃「…ももこは凄いよね…私と似た状況だったのに」

鶴乃「レナとかえでに魔女化の真実を伝えて…二人が魔女化したら、自分が…って覚悟をしてたんだもん」

いろは「それは…ももこさんが凄すぎるだけだよ…やちよさんですらできなかったことなんだよ…?」

鶴乃「でも私ができなくて、ももこにはできた事には変わらないよ…」

鶴乃「それどころか私はまんまと嵌められて…ウワサと融合までして…」

いろは「鶴乃ちゃん…」

鶴乃「何が最強の魔法少女なんだろ…馬鹿みたい…」

鶴乃「私なんか…」

いろは「鶴乃ちゃんっ!」ギュッ

鶴乃「!」ハッ

いろは「大丈夫…大丈夫だよ、鶴乃ちゃん」

鶴乃「いろはちゃん…」

いろは「たしかに鶴乃ちゃんはウワサになっちゃった…」

いろは「でもね、犠牲を出さずに元に戻ることができたのも」

いろは「全部鶴乃ちゃんのおかげなんだよ…?」

鶴乃「ほ…?」

いろは「例えば鶴乃ちゃんじゃないみかづき荘以外の魔法少女だったとしたら…」

いろは「きっと、私達は何もできなかったと思う…」

いろは「例えば…んっと…まどかちゃん達や…」

いろは「ユニオンの仲間で学校も同じ…れんちゃんやみとちゃん達…」

いろは「…レナちゃん達ですら…きっと難しかったと思う…」

いろは「鶴乃ちゃんが鶴乃ちゃんだったから、助けることができたんだよ、きっと…」

鶴乃「私が鶴乃だから…?」

いろは「うん、私達全員が心の底から鶴乃ちゃんを助けたいって」

いろは「鶴乃ちゃんが大好きだからできたことなんだよ」

いろは「それもこれも、それまでに積み上げてきたみかづき荘の絆があったからこそだと思うもん」

いろは「だから、鶴乃ちゃんのおかげなんだよ」

鶴乃「…そっか…」

いろは「だから鶴乃ちゃん、鶴乃ちゃんのことを責めないであげて?」

鶴乃「…うん、わかった。ごめんね、鶴乃…」