いろは「……フェリシアちゃん」

フェリシア「ぜってー離さねぇ!!」

いろは「…ごめんね」

フェリシア「っ!…離さねぇからなっ!!」

いろは「ううん、違うよ」

いろは「ありがとう…私、今度こそもう逃げないよ」

フェリシア「!」

いろは「逃げないって何度も決めたのに…今までずっと逃げてきた」

いろは「今だって怖くて怖くて仕方ないよ…」

フェリシア「いろは…」

いろは「でも…っ!」

いろは「私…逃げないっ!!」スッ

ガチャッ

フェリシア「!」

フェリシア(開けた…!)

いろは「み、みんなっ!ごめんなさいっ!!」

シーン

いろは「私みんなに散々迷惑かけて…」

いろは「あれ…?」

フェリシア「な、なんだ?誰もいねーのか…?」

フェリシア「聞いてた話とちげーぞ…」


タタッ

いろは「!」

さな「あっ、いろはさん、それにフェリシアさんも」

いろは「さ、さなちゃん…!」

フェリシア「さな…さなっ!いろはが帰ってきたぞ!!」

さな「はい、おかえりなさい」

いろは「た、ただい…」

いろは(あれ…?何かおかしいような…)

さな「二人とももう夕飯は食べましたか?」

フェリシア「いや、食ってねーけど…」

さな「よかった!今からお節食べるところだったんです」

フェリシア「え?お節…そっか、元旦なんだっけ…」

フェリシア「ん…??」

いろは「さなちゃん…?」

さな「いろはさん?」

いろは「あっ、ええと…」

さな「お節の準備はしておきますから、お二人は先に荷物しまっといてくださいね」タタッ

いろは「あっ…」

フェリシア「さな…?な、なんか変じゃねーか…?」

いろは「う、うん…いつも通りなんだけど…でも…」

うい「あっ、お姉ちゃーん!」テテッ

いろは「う、ういっ…!」

うい「フェリシアさんも!」

フェリシア「お、おう…」

うい「見て見て!灯花ちゃんとねむちゃんから年賀状貰ったんだよ」

うい「お姉ちゃんの分もあるからね!」

いろは「あ、う、うん…ありがとう…?」

うい「フェリシアさんには、かこさんとあやめさんから来てるよ」

フェリシア「え、オレずっとあやめん家いたのに…なんでここに届くんだ…?」

フェリシア「お、おい!お前ほんとーにういか!?」

いろは「!」

うい「え?う、うん、わたしういだよ…?」

フェリシア「じゃあ変じゃねーか!なんでそんなに普通なんだよ!

うい「え、そ、そんなこと言われても…お姉ちゃん」

いろは「へっ?あ、んと…う、うい…?」

うい「お姉ちゃん…?んっと、疲れてるのかな?」

うい「わたし待ってるから、まずは部屋でゆっくりした方がいいかも」

いろは「えっ、けど…」

うい「またあとでね」テテッ

いろは「うい…?」

フェリシア「い、いろは…変だよな…?」

いろは「うん…さなちゃんもういも…何も変わってない…」

いろは「それが逆におかしいよ…」

いろは「さなちゃんは私のこと『いろはちゃん』って呼ぶ約束したし」

いろは「それに私…ういとはあれから直接話してないんだよ…?」

いろは「ずっとスマホで…」

フェリシア「…オレ逹がいない間に何かあったのか…?」

鶴乃「あれ?こんなとこでなにやってんの?」

いろは「っ!」

フェリシア「つ、鶴乃!?お前も変になっちまったのか!?」

鶴乃「ほ?変?私が??」

フェリシア「だって鶴乃あれからここに一回も来てねーじゃんか!

鶴乃「ん?それはそうだけど」

いろは「!!」

いろは(に、偽者かと思ったけど…やっぱり違う…?)

やちよ「何を騒いでいるの」

いろは「やっ、やちよさんっ…!」

フェリシア「やちよっ!」

やちよ「いろは、フェリシア。おかえりなさい」

フェリシア「おかえりじゃねーよ!お前逹おかしいぞ!!」

やちよ「……」

鶴乃「……」