フェリシア「私みんなに散々迷惑かけて…」

フェリシア「あれ…?」

フェリシア「な、なんだ?誰もいねーのか…?」

フェリシア「聞いてた話しとちげーぞ…」

タタッ

フェリシア「!」

フェリシア「フェリシアさん!…それに…い、いろは…さん…」

フェリシア「さなちゃん…あ、あの…た、ただいま」

フェリシア「お、おかえりなさい…!」

フェリシア「え、えっと、その…ほ、本当にごめんなさい…私、さなちゃんに酷いことしちゃった…」

フェリシア「そんなことないです、私がいろはさんを支えることができなかったから…」

フェリシア「だから、謝るのは私の方です、いろはさん…ごめんなさい…」

フェリシア「さなちゃん…また、一緒に暮らしてもいいかな…?」

フェリシア「!はい…!」

フェリシア「ありがとう、それに…さな“ちゃん”」

フェリシア「あっ…はい、いろはちゃん…!」

フェリシア「よかったな、いろは!」

フェリシア「……って感じだろ、たぶん」

さな「…」

いろは「…」

うい「…」

やちよ「…」

鶴乃「…」

フェリシア「え、な、なんだよ…」

やちよ「っ!み、見入ってたわ…」

鶴乃「うん…たぶん本当ならこんな感じのやり取りしてたと思う…

さな「す、すごい…私です、私が見えました…!」

いろは「私より私っぽい気がする…」

うい「うん、お姉ちゃんだ…!」

フェリシア「なんだ、これで良いのかよ…」

フェリシア「まーとにかく、お前らぜってー変だからな!」

やちよ「まさかこうなるとは思わなかったわ…」

さな「は、はい…一か八かだったのに…」

鶴乃「完全に想定外だけど、私達普通に話せてるし結果オーライだね!」

うい「なにが起こるかわからないね」

いろは「一か八かって?」

さな「んと、とりあえずリビングに行きませんか?」

やちよ「お節をさなとと一緒に作ってあるの」

いろは「!さなって…」

やちよ「ええ、やっと名前で呼べるようになったわ」

さな「えへへ…」

いろは「よかったね、さなちゃん!」

さな「は、はい!…いろはちゃん!」

いろは「!…うんっ!」

鶴乃「万々歳の料理もあるよ!」

うい「たくさん食べたいなぁ」

やちよ「さ、6人で食べるわよ」

いろは「はいっ!」

フェリシア「………」

フェリシア「えっ」

フェリシア(ん?…んんっ!?)

フェリシア(な、なんだ?オレが変なのか?)

フェリシア(なんでみんなそんなに普通なんだよ…?)

フェリシア(ついこの前まで、とーちゃんとかーちゃんの葬式の時みたいなふいんきだったんだぞ?)

フェリシア(なのに…えっ?)

フェリシア(オレ…幻でも見てんのか…?)

フェリシア(みふゆか?みふゆがなんかしたのか?)


少し離れた所

みふゆ「くちゅんっ!」

十七夜「どうした梓、風邪でも引いたか?」

みふゆ「そうかもしれません…」

みたま「寒いものねぇ」

レナ「レナ、風邪なんだけど…」

ももこ「あはは…まぁ元旦にずっと外にいたからこうなるよな」

かえで「ふゆぅ…元旦感ないよねぇ…」

十七夜「見たところ、特に問題はなさそうに見える」

みふゆ「みんな仲直りできたみたいですね!」

みたま「よかったわぁ」

ももこ「うん、じゃあアタシらもお開きとしますか!」

レナ「えっ、このまま帰るの?」

かえで「みんなで何かする?」

みたま「それじゃあ調整屋で新春パーティーでもしましょうか♪」

十七夜「うむ、では料理は自分と十咎がしよう、いいな?」

ももこ「オッケー!」

みたま「あら、私も手伝うわよ?」

十七夜「八雲は梓とゆっくりしておくといい」

ももこ「かえではレナの看病しといてくれ」

レナ「べ、別に看病なんていらないし」

かえで「うん、看病するねー」