さな「お節です!」

うい「お汁粉もあるよ」

いろは「わぁー…!」

やちよ「やっとお正月らしいことができるわね」

鶴乃「うんうん、本当によかった」

いろは「そ、そうですよね…」

いろは「…ごめんなさい、私のせいで…」

やちよ「いいのよ、私達全員が悪かったわ…」

やちよ「いえ、フェリシアだけは違ったわね」

鶴乃「あれ?フェリシアは?」

うい「まだ玄関にいるのかな…?」

さな「私見てきます」テテッ

うい「わたしも」テテッ

やちよ「いろは、フェリシアはどうだった?」

いろは「フェリシアちゃんは…フェリシアちゃんが来てくれなきゃ、私…」

いろは「もう二度とここには帰ってこれませんでした…」

鶴乃「!」

やちよ「そ、そんなに帰ってきた来づらかったのね…」

いろは「あっ、いえ!そうじゃなくて、私…魔女にやられて…」

やちよ「!!」

いろは「私とレナちゃんが魔女に食べられる寸前でフェリシアちゃんが助けてくれたんです」

鶴乃「そ、そんなことが…」

やちよ「……本当にごめんなさい」

いろは「いえ、謝るのは私です。レナちゃんとフェリシアちゃんがいてくれたから、私…」

いろは「こうして帰ってくることができました」

いろは「フェリシアちゃんは私を勇気づけてくれましたし、命も助けてくれて…」

いろは「レナちゃんはたった一人で真夜中でも会いに来てくれて…

いろは「ももこさん、かえでちゃん、みたまさんに、みふゆさん…

いろは「…みんなが、私の為に宝崎まで来てくれて…」

いろは「…すごく、嬉しかったです」

やちよ「いろは…」

いろは「もう私…ダメだって思いました…ただ家に引き込もって…

いろは「だけど例えクリスマスや元旦でも、私なんかの為に会いに来てくれるみんながいて…」

いろは「そのみんなが、私とみかづき荘の為に…って…」

いろは「…本当に、嬉しかったです」

鶴乃「…私達はみんなそうだったよ」

鶴乃「私もみかづき荘に来れなくてずっと家で引きこもってた」

鶴乃「でも十七夜逹がいつも励ましてくれて…」

やちよ「…私もよ、みふゆ…そして、さなに…ね」

やちよ「さなは強い子よ、私なんかよりもずっとしっかりしてる」

やちよ「きっと、本当はいろはに会いに宝崎にすぐにでも飛び出したかったはず」

やちよ「でも、私を心配して…ずっと側にいてくれたのよ…」

やちよ「いろは…鶴乃…ういちゃん…そしてフェリシア…」

やちよ「みんなが出ていってしまって…もし、さなまで出ていってしまっていたら…」

やちよ「私…今度こそダメだったと思うわ」

鶴乃「私も、やちよも、いろはちゃんも、同じだったんだよ」

鶴乃「でも、さなとフェリシア…それにういちゃんは違ってた」

鶴乃「三人は塞ぎ込んでた私達と違って、必死に動いてくれてたんだ」

いろは「ういが…?」

鶴乃「うん、ういちゃんも必死に戦ってたよ、みんなの為に…」

やちよ「みたまや十七夜に一生懸命私達の事を伝えてくれたのは、ういちゃんだったみたいなの」

やちよ「てっきり、ももこが最初だと思っていたのだけどね」

いろは「…そうだったんですね」

いろは「うい…私…酷いこと言ったのに…」

やちよ「みかづき荘のことは、私やいろは、それに鶴乃…」

やちよ「私達3人でフェリシア、さな、そしてういちゃんを守らなきゃいけないと思っていたのに」

やちよ「まるっきり逆だったわね」

鶴乃「うん、助けられちゃった」

いろは「そうですね…」

やちよ「でもフェリシアに関しては私もかなり意外だったわ」

鶴乃「うん…フェリシアも最初は私のところにいたけど」

鶴乃「気付いたらいなくなってて…」

鶴乃「フェリシアにも見切られたんだなって思ってたら…」

やちよ「静海さんのところでずっと悩んでいたらしいのよ」

いろは「フェリシアちゃんは…すごく、大きく見えました」