フェリシア「こえーよ…マジでみんなどうしちまったんだよ…」

フェリシア「いろはまで変になっちまったし…」

フェリシア「オレがいない間にみんな何かされちまったのか…?」

うい「あっ、いた!」

フェリシア「うわっ!?」

さな「フェリシアさん、どうしたんですか?」

フェリシア「フェリシアさん、どうしたんですか?じゃねー!」

うい「ほんとそっくり…」

さな「天才ってこう言うことを言うんだね」

フェリシア「あああ!!」

さな「お、落ち着いてください」

フェリシア「落ち着けるわけねーだろ!何があったんだよ!?」

さな「あ、そっかぁ、フェリシアさんは知らなかったんですもんね…」

フェリシア「何を!?」

さな「ものすごく単純な話ですよ?ヤケクソと言うか…」

フェリシア「はぁ?」

うい「あ、あのね?わたし逹みんな、どうお姉ちゃんを出迎えたら良いのかわからなかったの…」

フェリシア「…まぁ、だろーな」

さな「フェリシアさんもご存じのように、私達はみんないろはちゃんとどう接すれば良いのかわからなかったんです」

さな「もちろん、元のみかづき荘に戻るのが一番の望みなんですが」

さな「どうすればいいのか…」

さな「謝罪から入ると、いろはちゃんも絶対謝るでしょう?」

フェリシア「ここに帰るまでもずっと謝ってたもんな」

さな「はい、だからそうなるとお互い謝ってばかりで」

さな「結局なかなか緊張は解けないんじゃないかって…」

うい「でもね、おかえりなさーい!って盛り上がるのも違うってなったの」

うい「お姉ちゃん、あんまりそう言うの得意じゃないから…」

フェリシア「いろはは元々大人しいんだよな、オレもよくわかった」

さな「いろはちゃんの様子は、みふゆさんから聞いていたので」

さな「やっぱり盛り上がって出迎えるのも違うな、って…」

さな「でも何もいい方法が浮かんでこないまま、玄関前にいろはちゃんが帰ってきたことがわかって…」

うい「鶴乃さんが、だったらもういつも通りが一番!って…」

フェリシア「は…?」

さな「だから私がいつものようにお出迎えして」

うい「わたしもそうしたの」

フェリシア「あ…?はっ?じゃあどうすりゃいーのかわかんねーから」

フェリシア「いつも通りでドカーン!って来たのか!?」

さな「はい、そうなります」

フェリシア「なんだそれ!?くっだらねー!」

さな「私、すごく焦ってたんですよ?だから部屋に行くように、って逃げたんです」

うい「わたしもわかんなくなっちゃって…」

フェリシア「それはオレ逹だっての…」

さな「私とういちゃんが上手く出来なかったから、ギリギリまで作戦を練ってた」

さな「やちよさんと鶴乃さんが向かったんですけど」

さな「そしたら、フェリシアさんの物真似が始まって…」

フェリシア「別に物真似ってわけじゃねーよ!」

フェリシア「たぶんこうするだろって思っただけだからな!」

さな「それにしては真似がそっくりすぎます!」

うい「声まで似ててわたしすっごくびっくりしちゃった」

フェリシア「そりゃちょっとは似せっけどさ」

さな「フェリシアさん、なんでそんなに上手いんですか?」

さな「フェリシアさんにそんな特技があったなんて全然わかんなかったです」


フェリシア「だってこれまでやったことねーし」

うい「じゃあはじめてなの?」

フェリシア「じゃなかったらなんなんだよ」

さな「…」

うい「…」

フェリシア「な、なんだよ!」

さな「…本当に天才…なんですね」

うい「すごい…」

フェリシア「はぁ?オレはただもう前からずっとみんな変だかったから」

フェリシア「どんな感じか見てただけだし!」