「三円志」とは、先(せん)・警(けい)・画(が)の三円が争覇した、三円時代の歴史を述べた歴史書である。

西暦2020年、日本は魔法少女の台頭による通称・魔法少女時代に移り変わっていた。

中でも見滝原・風見野・あすなろ・ホオヅキ・神浜・宝崎・松宮・霧峰・二木・他における魔法少女は極めて強力な魔法少女が点在し、世界有数の魔法少女都市と化していった。

これらの都市は互いに同盟を結び協力関係にあったが、後述する事件により三つに分裂することとなった。

先(せん)
見滝原・風見野を統合・独立した魔法少女国。
三英雄の一人まどか先輩を盟主とし、原点主義を掲げる大国。
所属する魔法少女は少数人数にも関わらず極めて高い能力を持つ強者揃いである。唯一女神と悪魔を有しており単純な能力なら三国一である。

警(けい)
あすなろ・ホオヅキを統合・独立した魔法少女国。
三英雄の一人まどか警官を盟主とし、外伝主義を掲げる大国であり、フランス・イタリア・イギリスとも極めて強い同盟を結んでいる。
一見統一感のない魔法少女の集まりに見えるも、個の能力が先に匹敵する非常に強力な戦力を有する。

画(が
神浜・宝崎・松宮・霧峰・二木を統合・独立した魔法少女国。
三英雄の一人まどか画伯を盟主とし、次世代主義を掲げる大国。
所属する魔法少女の数は先・警を凌駕
しており、その強さもニ国に引けを取らない。
元々複数の勢力が点在しており、警よりも連携が上手く取れない弱点を持つものの盟主まどか画伯の持ち前の優しさ故に最後には必ず一致団結する。

三英雄
まどか先輩・まどか警官・まどか画伯の総称。
元々同じ鹿目まどか属の為、仲の良い三人であったが
メガほむ・クーほむ・リボほむ・ツインテほむ・ゴスほむ・悪ほむのどのほむらが一番かの論争となり
数多くの魔法少女を巻き添えに三円時代へと突入していく。

焔(ほむら)
先・警・画の三国を平定・吸収した大国。
「どのほむらちゃんも同じほむらちゃんなんだからみんな一番かわいいよ」と発言した晴着まどか(?)により三国を一つにした。
盟主は暁美ほむら(不本意)
Screenshot_20191126-031609_Sleipnir