まさら「私の気持ち……」

みたま「怖いのはよくわかるわ…本当によく、ね…」

みたま「でも、まさらちゃんは強いもの。そしてそれを誰よりも一番わかっているのは」

みたま「こころちゃんよ」

まさら「……」

みたま「……ふふ、もうこれ以上言う必要はなさそうね」

みたま「はい、調整完了よ」

まさら「…ありがとう、ございます」

みたま「……そうだわ、これをまさらちゃんにわたしておくわね」

まさら「水筒…えっ!?こ、これはちょっと!!」

みたま「みたま特性ふぁいといっぱつドリンクよぉ」

まさら「大丈夫です!!

みたま「大丈夫よ、これはももこ監修なんだし」

まさら「えっ…で、でも…」

みたま「これを飲めば、勇気が湧いてくるの」

まさら「…!」

みたま「激励の効果があるわ」

まさら「…それって…ももこの…」

みたま「もちろん、使わないのが一番だけど…どうしてもあと一歩踏み出せない時の“おまじない”よ」

まさら「………」

みたま「騙されたと思ってね?」

まさら「………」

まさら「…一応、念の為…」

みたま「ふふっ、それでいいわぁ」

まさら「……勇気…」

みたま「大事に、ね」

まさら「…わかりました」



ももこ「こころ、この後はどうするんだ?」

こころ「うーん、特に決まってないかな」

ももこ「決まってないのに元旦の朝からデートか、流石だな!」

こころ「だっ、だからデートとかそう言うのじゃないってば!」

ももこ「じゃあなに?」

こころ「ももこはレナちゃんやかえでちゃんと出かけるのデートって言うの?

ももこ「いや?」

こころ「それと同じだから!」

ももこ「……ほんとにそうか?」

こころ「っ!」

十七夜「十咎、あんまり粟根君を虐めるな。らしくないぞ」

ももこ「あぁ、ごめん。別にそう言うつもりじゃないんだ」

ももこ「なんか、レナとかえでを見てる時と同じ気持ちになってさ」

こころ「…!」

ももこ「後は、やちよさんといろはちゃんとか…あ、でもさなちゃんもいるからちょっと違うか」

十七夜「その三人は自分らと同じだな」

ももこ「ちょ!?」

十七夜「案ずるな、自分は八雲も十咎もいけるぞ」

ももこ「きゅ、急に変なこと言わないでくれよ!?

十七夜「ふふふ、とまぁこうなると面倒だぞ?なぁ粟根君」

こころ「えっ」

十七夜「加賀見君は自分から見ても優れた容姿をしていると思う」

十七夜「そして、君自身もな」

こころ「ど、どういうことですか?」

十七夜「いつまでも待っていると思わぬ障害が現れるのかもしれん」

十七夜「そしてそれは自分自身を揺すぶる存在になるかもしれないからな」

十七夜「だから勝負をするタイミングを見誤ってはならない」

こころ「し、勝負…タイミング…?

十七夜「あんまり遅いと…」

こころ「お、遅いと…?」

十七夜「ふむ…そうだな……」

こころ「?」

十七夜「よし、自分が襲ってしまうかもしれん」

こころ「へっ?」

十七夜「こんな風に!」

こころ「わっ!?」

ドサッ

ももこ「ちょっ!?

こころ「か、十七夜さん!?