十七夜「実はあの時君を噛んでからな…粟根君のことが忘れられなくなってな…」

こころ「えっ?えっ?」

ももこ「嘘だろ!?」

十七夜「もし加賀見君がそうしないのであれば、自分が…!

こころ「ま、まさら…!」

ももこ「あわわ」

十七夜「む!…ふふ…今度は自分の意思で君をいただこう」

まさら「やめてっ!!

十七夜「ほう」

こころ「ま、まさら…!!」

まさら「こころに手を出すなら、例え十七夜さんでも許さない…!」

こころ「まさら…」

十七夜「ふむ、ならば力ずくで来るか?いくら加賀見君が強いとは言え、自分には及ばないと思うが」

まさら「こころの為なら例え及ばなくっても…!

こころ「まさらっ…」

ももこ「お、おいっ!二人とも何言ってんだ!」

十七夜「はーっはっは!ならばかかってくるがいい!愛の力を見せてみろ!」

まさら「くっ…!!」

ももこ「おいっ!!やめろってば!!!」

十七夜『十咎、わかってる。邪魔するな

ももこ「嫌だ!アタシが許さない!!

十七夜『…一応言っておくがただの芝居だぞ』

ももこ「へっ?

十七夜『自分がいきなり粟根君を本気で襲うわけないだろう…八雲も十咎もいるのに…』

ももこ「あ、えっと」

十七夜『まさか本気に捉えたのか…少しショックだぞ』

ももこ『だ、だって…いや、その…ごめん

みたま『ももこもかわいいわねぇ』

ももこ『調整屋!?見てたんなら止めてくれよ!!』

みたま『十七夜が珍しく芝居を打ったから見てたのに』

十七夜『少なくとも七海よりは上手い芝居だと思うぞ』

ももこ『やちよさんくらい棒読みならわかったさ…』


みかづき荘

やちよ「やっちゅん!」

フェリシア「あはは!変なくしゃみだなー!」

いろは「かわいいねぇ」

うい「かわいいねぇ」 

さな「大丈夫ですか?」

やちよ「え、ええ…」

鶴乃「やちよー、朝から雪ではしゃいでるからだよ?」

やちよ「うー…」





まさら「……こころ」

こころ「まさら…」

まさら「こころ…大丈夫?」

こころ「…うん、まさらが助けてくれたから」

まさら「…よかった」

まさら「でもどうして…十七夜さんが
…これまで一度もそんな素振り…」

まさら「………っ//」カァァァ

こころ「まさら?」

まさら「…落ち着いて考えたらすぐわかったわ…今の十七夜さんはどう考えても演技…よね」

こころ「え?……そ、そうだよね…!」

こころ「わ、私も急でびっくりしちゃったけど、どう考えても演技だよ!」

まさら「けど、どうしてこんなことを…」

こころ「う、うん…」

こころ(いつまでも待ってると…まさらを誰かに取られちゃう…)

こころ(そう言いたかったのかな…)

こころ(待ってるだけじゃ駄目だって…)

まさら「あ、あの…十七夜さん」

十七夜「む、来るか?」

まさら「いえ、ごめんなさい…十七夜さんの演技に対して本気になってしまって…」

十七夜「ふっ、やはり演技だとバレていたな」

十七夜「な?十咎」

ももこ「う、うぅ…」

十七夜「あのまま加賀見君の覚悟を見届けることもできただろうに…タイミングが悪いな」

ももこ「ご、ごめん…」 

ももこ『けどどうしていきなりあんなことするんだよ!』

ももこ『十七夜さんだって“お節介するな”みたいなことさっき言ってたじゃん!背中を押せって!』

十七夜『ああ、まぁ正直思いつきだ。悪かった、なんだか楽しくてな

十七夜『まさか真に受けられるとは思わなかったしな、自分は役者に向いてるのかもしれん

ももこ『はぁ〜!?』

みたま「必死なももこ可愛いわぁ」

ももこ「う、うるさい!」

十七夜「まぁ友を心配し必死に止めるのはいい事だが…だがな、十咎」

十七夜「“あわわ”…はどうかと思うぞ

ももこ「いっ!?

みたま「ほんとももこは可愛いわねぇ」

十七夜「全くだ、十咎に噛みつきたくなったぞ」

ももこ「あぁ…今はあの時のみんなみたいに正直を無くしたい…」

こころ「ももこ…その、ごめんね…?」

まさら「ごめんなさい」

ももこ「謝らないでくれ…余計惨めだ…あぁ〜!」

十七夜「とは言え自分もやり過ぎた、ちょっとからかうつもりだったのだが」

十七夜「粟根君が可愛くて、つい…な」

こころ「えっ!?

十七夜「ふ、まぁ冗談だが…冗談じゃない相手が現れるのも時間の問題だぞ

まさら「!」

十七夜「粟根君も加賀見君も優れた容姿をしている、自分のバイト先で働けば人気が出るのも間違いなしだろう」

十七夜「……いかんな、なんだかんだで自分もだいぶお節介がすぎた

十七夜「ふ、たしかに加賀見君を見ているとまるで妹のような気がするな」

まさら「えっ」

十七夜「八雲が初めに気にかけた理由もよくわかる」

みたま「でしょう?」

十七夜「今のことは妙な姉の戯言とでも思ってほしい、すまなかった」

まさら「い、いえ…」