みたま「ももこも意外と幼いところがあるのねぇ」

十七夜「うむ、かわいいな」

ももこ「あぁぁーーー!!!

ももこ「そんなことより!!まさら!こころ!調整してもらったんなら変身してみなよ!」

まさら「そ、そうね」

こころ「う、うん

みたま「待って、どうせならとっておきの場所でお互い披露する方が良いと思わぁ」

十七夜「同感だな、今このタイミングで変身しても“むーど”が悪かろう」

ももこ「ムードって…ま、まぁそうかもしれないけど」

まさら「どうする?」

こころ「そうだね、たしかに今はそんな感じじゃないかもだし…」

みたま「私と十七夜はここでももこの調整をしておくから」

ももこ「は?」

十七夜「二人はそろそろ出掛けると良い」

まさら「…そうですね、じゃあ…そうしようよ」

こころ「うん、そうだね」

ももこ「あっ…ちょっと待って、お昼はどうするんだ?」

こころ「お昼…どうしよう?何がいい?御節やお雑煮は…用意してないよね」

まさら「それは家に帰れば用意してあるから、私はなんでもいい」

こころ「それもそうだね」

ももこ「ならさ、アタシ食材持ってきてるからなんか作ってきなよ」

ももこ「って言ってもほんと簡単な食材しかないんだけどさ…みたまの練習用だし」

みたま「私は料理くらいでにるわよぉ?」

十七夜「八雲は余計なことをしなければ辛うじてある程度は普通なんだかな…」

こころ「あはは…」

ももこ「弁当箱ならたくさん余ってるし、持っていっていいよ」

こころ「お弁当にするの?」

ももこ『二人のとっておきの場所に行くなら、お弁当もいるだろ?』

こころ『え?…そ、そっか、だから…』

ももこ『ん?違った?』

こころ『ううん、そうだね…行きたい、まさらとあの場所に』

ももこ「がんばれ!」

こころ「ありがとう…!」

まさら「!」

まさら「ももこ…もしかして、その食材も激励の魔法があるの?」

ももこ「へ?いや、そんなことないけど」

まさら「そう、じゃああれだけなんだ」

ももこ「あれだけ?」

みたま「ももこ、早く調整したいからこっちに来て?」

ももこ「わっ、引っ張んなって!」

十七夜「では、後は二人の時間を楽しんでくれ」

こころ「は、はい、ありがとうございます」

まさら「……」

こころ「まさら?」

まさら「ううん、なんでもない

こころ「そっか、じゃあ私作ってくるからちょっと待っててね」

まさら「…待って、私も手伝う」

こころ「え?でもまさら料理は…」

まさら「あまりしないけど、でも…手伝う」

こころ「…ありがと。うん、そうだね。二人で作ろ?」

まさら「うん」

こころ(まさらが自分から言ってくれるなんて珍しいね)

こころ(…今まで二人で一緒に料理ってあんまりなかったもんね)

こころ(私がいつも作ってたから…もしかして、まさらも作りたかったのかな?)

こころ(まさらと一緒に料理…料理って言うのかわなんないけどチョコレート作り楽しかったなぁ…)

こころ(うん!良いお弁当作らなきゃ!)

こころ(そしてあの場所でもう一度…!)

こころ(材料は…あっ!) 

こころ(揃ってる!これなら作れるよ!あの時のお弁当!)

こころ(それに今度はまさらと一緒に!)

こころ(まさらと一緒にかぁ、まさらと暮らし始めたらやっぱり私が作るよね?) 

こころ(まさら小動物みたいに食べるから見てて可愛いんだよね)

こころ(それにやっぱりいつになっても、まさらに手料理食べてもらうのは嬉しいし!)

こころ(でもでも、まさらの手料理も食べたい…)

こころ(土日はまさらに作ってもらうとかが良いかも!)

こころ(ううん!二人で一緒にの方が…!)

こころ(あっ、でもやっぱり作ったのを食べてもらうのも…)

こころ(まさらの手料理も…)

こころ(うーーーーん

まさら「ころ」

こころ(どうしよう!どれも良いよ〜!)

まさら「こころ、こころ」

こころ「んっ?

まさら「どうしたの?さっきからずっと黙ってるけど…」

こころ「へ?あっ!ご、ごめん!」

こころ(わっ!あいみみたいになってた!?)

こころ(まさらと同棲のこと考えてたよね私!?)

こころ(うー…やっぱり私変だよ…)

こころ(……自分の気持ちなんてとっくにわかってる)

こころ(けど…やっぱり怖いよ)

こころ(私…どうしよう…)