十七夜「ん、その反応…作ったのは粟根君か」

こころ「あ、いえ!まさらです」

十七夜「そうか、ずいぶん気合を入れたのだな」

まさら「……

十七夜「…ふむ」

まさら「あ…いえ、何も考えずに作っただけです」

まさら「お米を無駄使いしてすみません」

みたま「いいのよぉ、せっかくだから3人でいただくわねぇ」

まさら「はい…」

みたま「でももうちょっと彩りを豊かにしやきゃねぇ」

ももこ「それはやめろー!」

みたま「じゃあここに来て止めて欲しいわぁ」

ももこ「うー!

こころ「ももこ?そんなところで隠れてどうしたの?」

十七夜「十咎もどうやら自分の可愛さに自覚がないらしい」

ももこ「レナやかえでには絶対見せられないやつだから!」

ももこ「二人もいつまでもここにいないで早く行ってこいって!元旦は今日だけなんだぞ!」

こころ「!

まさら「!」

十七夜「まぁそれは言えてるな」

みたま「後はでかけるだけねぇ」

こころ「そ、そうですね…!

みたま『こころちゃん、これを』

こころ「はい?」

みたま『これを飲めば勇気が湧いてくる特性ドリンクよ

こころ「え"」

みたま『ただのお茶よ、私のトッピングは残念ながら無しね』

みたま『どうしても勇気が出せない時はこれを飲んで?まさらちゃんには内緒にね?

こころ「…!」

こころ『わ、わかりました…!』

みたま「はぁい、それじゃあ二人を見送るわよぉ」

十七夜「加賀見君」

まさら「…はい

十七夜「案ずるな、大丈夫だ」

まさら「…!

十七夜「先刻見せたあの気持ち、それが加賀見君の嘘偽りない本当の気持ちだ」

まさら「!!」

十七夜「だから大丈夫だ」

まさら「……はい、ありがとうございます」

十七夜「ん、くれぐれも羽目を外さぬよう気をつけてくれ」

十七夜「思うに、二人はその気になればとことん…いや、本人に言うのも違うな

まさら「?

十七夜「ぐっどらっくだ」

まさら「は、はあ」

ももこ「こころー!まさらー!これは魔法じゃやいぞー!」

ももこ「がんばれっ!!」

こころ「!」

まさら「!

こころ「…うん、ありがとう!」

まさら「ありがとう」

みたま「いってらっしゃーい」

十七夜「ごーふぁいうぃん」

こころ「それじゃあ、いってきます!」

まさら「いってきます」



みたま「…行ったわね」

十七夜「ああ」

みたま「…大丈夫よね」

十七夜「ああ」

みたま「…幸せになってほしいわ」

十七夜「ああ」

みたま「…ふふっ」

十七夜「不思議だな

みたま「そうね…」

十七夜「二人を見ているとまるで…」

みたま「!」

ももこ「まさら随分とおにぎり作ったんだなぁ」テクテク

十七夜「…ふふ、いやなんでもない」

みたま「ふふふっ」

ももこ「ん?」

十七夜「十咎は本当に可愛いな」

ももこ「可愛いわねぇ」

ももこ「はぁ?」