こころ「……」

まさら「……」

こころ「…ね、まさら」

まさら「…なに?

こころ「まさらはどこに行きたい?」

まさら「…私は…こころが行きたいところならどこでも」

こころ「ほんとにどこでもいいの?」

まさら「大丈夫」

こころ「ちょっと疲れると思うし、寒いとはずだけど大丈夫なんだね?」

まさら「うん

こころ「わかった!じゃあこのままついてきてね!」

まさら「うん」

こころ(あそこならたぶん今は誰もいないはずだよね)

こころ(いるとしてもあの時より絶対少ないはず…!)

こころ(あそこなら、思い切って…!!)

まさら「…」

こころ「まさら、一旦駅に向かうね」

まさら「駅?わかった」

こころ「ちなみにだけど、まさらは初詣行きたい?」

まさら「こころが行きたいなら」

こころ「私が行かなくて良いって言ったら?」

まさら「じゃあ私もいかない」

こころ「そっか、じゃあ今年は初詣はお預けになりそうだね」

まさら「行かないんだ?」

こころ「うん、今はこんなご時世だしね…なんやかんで賑わってるみたいだし行かないほうが良いのかもって」

まさら「うん、私もそう思う」

こころ「来年は行けるといいね…」

まさら「ええ…」

こころ「そして来年の今頃は…」

こころ(まさらと……)

こころ(………

まさら「………」

しばらくして

こころ「もうすぐ付くよ」

まさら「…やっぱり、ここなんだ」

こころ「あ、バレてたかな」

まさら「私がこころなら、きっとここを選んでたと思う」

まさら「私とこころの一番の思い出の場所だから…!」

こころ「!!

こころ「そ、そうだよね!一番の…!うんっ!えへへ…」

こころ(やった!まさらにとっても一番の思い出の場所なんだ!!

こころ(やった!やった!やったー!

こころ(まさらと同じ気持ち…!

こころ(まさらと一緒!

こころ(これなら!)

こころ(これなら……!)

こころ(…………)

こころ(……でも…もし違ったら……

こころ(………)

まさら「ついたわ」

こころ「……」

まさら「こころ?

こころ「えっ?

まさら「麓、ついたけど…登らないの?」

こころ「え、あっ…」

こころ(ついた…!)

こころ(あの場所で…あの景色を見ながら…伝えなきゃ…!)

こころ(…そんなに高い山じゃない、たぶんすぐについちゃう

こころ(…勇気を出さなきゃ…!)

まさら「………」ギュッ

こころ「…あ、喉湧いたの?」

まさら「ううん」

こころ「そう?水筒持ってたから…」

まさら「…今はまだ使わない」

こころ「そっか」

こころ(水筒…そう言えば、みたまさんが渡してくれたドリンクがあったよね)

こころ(勇気が湧くって言ってたし…ももこの魔法を使ったのかな)

こころ(これを飲めば勇気が湧くのかな…)

こころ(……でも…勇気が湧いたとしても…)

こころ(私の片想いだったら……)

こころ(……あいみの気持ち…ほんとのほんとによくわかる…)

こころ(知りたい…知りたいよ…まさら…)

まさら「……大丈夫?登らなくてもいいよ」

こころ「…ううん、大丈夫だよ。登る…登るもん」

こころ「登らなきゃ駄目だから…!」

まさら「…そうなんだ、うん、わかった」