こころ「…それじゃあ、登ろう?」

まさら「ええ

こころ「ね、まさら…あの時のこと覚えてる?」

まさら「もちろん、忘れるわけないわ」

こころ「そっか…ふふ、ありがとう」

まさら「あの日は私にとって……一番の…」

こころ「えっ?

まさら「……大切な想いでだから」

こころ「!…うん!私もだよ!」

まさら「こころ…」

こころ「じゃあ行こっ!

まさら「うん」

こころ「まだそんなに前じゃないのに、もうずっと前に来たような気がするよ」

まさら「そうね…なんでだろう」

こころ「不思議だね、あれから色々あったからかな…」

まさら「…うん、色々あった」

こころ「まさらにはいつも助けてもらったばかりだもん、あの時だってそうだった」

まさら「そんなことない、私の方が助けてもらってる」

こころ「えっ?そうかな?いつも私がやられちゃって、まさらがなんとかしてくれてばっかりだもん…」

まさら「そうかもしれないけど…助けられたのは、私」

まさら「あなたはいつも私を照らしてくれるから…

こころ「照らす…?

まさら「こころは私にとって…たった一つの道標」

こころ「道標…?私が…?」

まさら「うん…私はいつもこころの背中を……」

こころ「……」 

こころ(どういうことだろう…)

こころ(道標……?)

こころ(……私にとってまさらは…道標、かな…?)

こころ(……わかんない…)

こころ(やっぱり…私の片想い…)

こころ(片想いなのかな…

こころ(どうしよう…もし片想いだったら…)

こころ(どうやって降りればいいのかもわからない…)

こころ(…まさらは優しいから、嘘で付き合ってくれるかもしれないけど…)

こころ(でも…そんなんじゃ……

まさら「……っ…」ギュゥ…

こころ「!」

こころ「まさら、大丈夫?疲れた?」

まさら「ううん、疲れてない」

こころ「でも苦しそうだよ…?

まさら「…息切れとか、そう言うのじゃないから大丈夫」

こころ「…苦しかったら言ってね?無茶しちゃだめだからね?」

まさら「うん…」

こころ「私が側にいるから大丈夫」

まさら「……うん…」

こころ「寒くない?」

まさら「……こころっ」

こころ「なに?

まさら「………ううん、なんでもない」

こころ「……そっか」

まさら「……」

まさら「………っ」ギュッ

いつも胸に溢れてる あなたへの想い

永遠はないから 今は傍にいてほしいの

伝えたい言葉 探して見つからないまま

あなたの背中を 追う日々が意味もなく過ぎてく

勇気を出したなら 未来は変わるのですか

夢見た日々じゃないなら むしろこのままでいいの…

触れた指先に残る あなたのぬくもり

つつみこむ手のひら 胸に揺れる想いはなに?