まさら「………

こころ「まさら……」

こころ(まさら…すごく苦しそう…)

こころ(どうしたんだろう…大丈夫かな…)

こころ(寒いから?それとも歩き疲れたから?)

こころ(ううん…たぶん違うと思う…

こころ(苦しい…)

こころ(苦しいのは…私も同じ…)

こころ(……まさらも同じ気持ち…?)

こころ(違う…たぶん違う…違うけど…)

こころ(でも……)

こころ(もしかしたら…っ!!)

こころ「…まさらっ」クルッ

まさら「!」

こころ「わっ!?」ズルッ

まさら「あっ!」

こころ「わああああ!?」
まさら「こころっ!」バッ

ドサッ

こころ「ぅ…うぅ…いたた…」
まさら「大丈夫?」

こころ「う、うん、だいじょ…って!わぁっ!!」
まさら「大丈夫??」

こころ「ご、ごめん!まさら!!今どくから!!」
まさら「私なら大丈夫」

こころ「ごめんなさいっ!」

まさら「……」

こころ「うぅ…何してるんだろ、私…」

まさら「…ふふっ」

こころ「!」

まさら「あ、ごめんなさい…ただ、ふふふ」

こころ「……」

こころ(あ…まさらが笑ったのって今年初めてかも…)

こころ(…前はまさら全然笑ってくれなかったよね)

こころ(初めて笑ってくれた時…すごく嬉しかったんだよ?)

こころ(最近はあいみやみたまさん達の前でも笑ってくれるんだけどね…)

こころ(私だけにじゃないって…わかってる…わかってるけど…)

こころ(それても……私………)

こころ(…けど…まさら、今日は全然笑ってなかったと思う…)

まさら「…こころってやっぱり不思議」

こころ「えっ?」

まさら「いつも私の前を歩いてるのに、でもたまにこうやって小さな子どもみたいになるし」

こころ「私だいたい横を歩いて…ってち、小さな子ども…うぅ」

まさら「違うの、ただ…可愛い、って思えたから」

こころ「!」

まさら「あなたはカッコよくて、でも可愛くて、頼りになって、でも守りたくなって、なのに守られて」

まさら「そして……」

こころ「……」

まさら「……」

こころ「まさら…」

まさら「…本当に不思議…ふふ」

こころ「………」

こころ(不思議なのは…まさらだよ)

こころ(まさら………)

こころ「……」ギュッ 

無理した楔を 外して微笑んだあなた

自由な心の 辿り着く場所は何処?

教えて

優しい眼差しは

私にだけじゃないこと わかってるはずなのに

だけど鼓動は高鳴る…

今は心気づいてる あなたへの想い

永遠はないから

少し傍にいてほしいの