まさら「ま、まって!まだいただきますしてなかったから…」

こころ「あ、そうだね!じゃあ、いただきま〜す!」

まさら「…いただきます」

こころ「じゃあ、はいっ!」

まさら「っ…//」

こころ「あーん」

まさら「あ、あーん…//」

まさら「もぐもぐ…?」

こころ「どう?私の玉子焼き!」

まさら「!……もぐ……」

こころ「…あれ、美味しくなかったかな?」

まさら「…いえ、その…そう、恥ずかしくてちょっと…//」

こころ「あはは、そうなんだ

まさら「………」

こころ「私も食べよっと」

まさら「!待って!」

こころ「えっ?」

まさら「玉子焼きは私が全部食べるわ」

こころ「全部!?別にいいけど…あんまり他の食材なかったから、玉子焼きかなりあるよ?」

まさら「!」

こころ「まさらのおむすびくらい」

まさら「そ、そうね…たしかに…」

こころ「本当はあの時みたいにもっとバランスよくしたかったんだけどね…みたまさんの買う食材?食材…?がちょっと」

こころ「だからできる限りあの時のお弁当を再現したけど、こうなっちゃったの…」 

こころ「それでも良いなら全部あげるけど…」

まさら「…ええ、もらうわ」

こころ「うん、わかった!じゃあ、はい!」

まさら「あーん」

こころ「!ふふふっ」

まさら「?」

こころ「まさら、今度は普通にあーんってしてる!」

まさら「あっ//」

こころ「かわいい!」

まさら「もぅ…//」

こころ「はい、あーん」

まさら「…あーん…//」

まさら「もぐ…もぐ…」

こころ「ふふっ」

まさら「もぐ…もぐ…」

こころ「じゃあおむすび食べるね」

まさら「え、ええ」

こころ「あむっ!…うん、美味しい!」

まさら「そう?」

こころ「まさらが作ったってだけでどのおにぎりより美味しいよ、このおむすび!」

まさら「そう…//」

こころ「もぐもぐ」

まさら「もぐ…もぐ…」

こころ「んー、でもやっぱり玉子焼きも食べたいなぁ」

まさら「他のおかずもあるじゃない」

こころ「そうなんだけど、あの時の玉子焼きってすごく想い出に残ってるんだ」

こころ「私、小さい頃からお父さんにご飯作ってたけど、一番最初にお母さんに教えてもらったのが玉子焼きなんだ」

まさら「!

こころ「私もお父さんも、お母さんの玉子焼きが大好きで…だから私が作るようになって、頑張ってお母さんの味を目指したんだけど…」

こころ「やっぱりかなわないな…って、ずっと思ってた」

こころ「自信はあるけど、かなわないってずっとずっと思い続けてきたから」

まさら「こころ…」

こころ「でもね、あの時まさらと一緒に食べた玉子焼きは本当に美味しかったの」

まさら「!」

こころ「もちろん、ミートボールやポテトサラダ…他にも、どれも美味しかったけど」

こころ「まさらが最初に食べてくれたのが、玉子焼きで…」

まさら「あっ…!」

こころ「あの時、おいしいって言ってくれたのが本当に…本当に嬉しかったんだ」

こころ「だからね、ここで食べた玉子焼きの味は一生忘れないって思うの」

まさら「こころ……」