こころ「またあの想い出の場所で、またあの玉子焼きをまさらと一緒に食べる…」

こころ「簡単そうで、なかなか叶わなかった私の夢のひとつなんだ」

まさら「………」

こころ「だから、一口で良いから食べてもいいかな?」

まさら「……それは……」

まさら「…………」

こころ「…?…!…あっ…」

こころ「…………」

まさら「……こころ、あのね?実は…」

こころ「…まさら、とびっきりの調味料って何だと思う?」

まさら「え?」

こころ「とびっきりの調味料」

まさら「調味料?えっと…?マヨネーズとか…?」

こころ「あはは、マヨネーズが好きなの?」

まさら「いえ、別にそう言うわけでは…嫌いではないけど」

こころ「……私ね、一人っきりで食べるどんなに豪華な料理よりも、大切な人と一緒に食べる素朴な料理の方が美味しいって思うの」

まさら「…!」

こころ「だからね、私にとっての一番の調味料は…まさらなの」

まさら「っ////」

こころ「どんな味でも、まさらが調味料になってくれるなら美味しいと思うんだ」

まさら「…そ//そう…//」

こころ「ふふ、そんなに照れなくてもいいのに//もう私達は恋人…婚約者なんだから!」

まさら「う、うん…//わ、わかったわ…//」

まさら「で、でも…変な味がしたらごめんなさい、私のせいだから…////」

こころ「大丈夫だよ、作ったのは私だし…そんなに照れる?」

まさら「流石に…////」

こころ「大丈夫だよ!ここには私達しかいないんだし!」

まさら「…じゃ、じゃあ…//」

こころ「うんっ!」

まさら「もぐもぐ…//」

こころ「?」

こころ(あれ?まさら、また食べてる…一緒に食べるってそういう意味じゃ…)

まさら「……////」ススス

こころ「???」

こころ(まさら、リスみたいになってる…って、顔が近いよ//)

まさら「ん……////」

こころ「???////」

こころ(えっ?えっ?まさら何してるの?ものすごく顔が近いよ////)

こころ(あーんじゃないの???)

こころ(いったい何を………!!!)

こころ「ちょっ!!!ちょっとまって!!!!!////」

まさら「むぐむぐ…?//」

こころ「く、口移しって意味じゃないよ////」

まさら「!?////」

こころ「私はただまさらにあーんってしてもらいたかっただけなのに…////」

まさら「むぐっ!?////」

こころ「く、口移しはまだ早いかなー?!!?////」

まさら「!?!?////」

こころ「まさらとなら良いよ?でもその、まだほらっ!先にやることあるっていうか////」

まさら「ごくんっ…//」

こころ「び、びっくりしたぁ…まさらそんなことするんだ////」

まさら「………恥ずかしくて死にそう」

こころ「まさらが死んだら私も死んじゃうから!!」

まさら「……一人になりたい」

こころ「やだ!もうずっと一緒にいるから!!」

まさら「ううう」

こころ「いやあの!私の言い方が悪かったよ?まさらが調味料って変な言い方した私が悪いから!」

まさら「いや…私の考えが飛躍しすぎてただけだから……」

こころ「そんなに凹まなくてもいいよ!?私嬉しいよ?まさらがそこまでしてくれるなんて思わなかったし!」

こころ「ただそのほらっ!心の準備がまだ…想像もしてなかったし//」

まさら「それを私はあーんより先に想像してしまったのよ……」

こころ「えーと?それほど私のこと好きでいてくれるんだよね!?ありがとう!?//」

まさら「もちろんそのくらい好きだけど……」

こころ「じゃ、じゃあまた今度ゆっくりね?//」

まさら「当面の間は……」

こころ「う、うん!」