まさら「ううう…////」

こころ「ほ、ほらっ!あーん!あーんして!」

まさら「は…はい…あーん…//」

こころ「あーんっ!あむっ…!?」

まさら「あっ

こころ「もぐ…もぐ……」

こころ「…………ごくん」

まさら「こころ…」オロオロ

こころ「………」

まさら「わ、私は美味しいと思う!」

こころ「!…ふふっ…ありがとうね、まさら」

まさら「こころ」

こころ「でもね……すー…はー……ふぅ…」

こころ「何これ!!!」

まさら「!!」

こころ「からーい!!!」

まさら「こ、こころ?」

こころ「あれ?!もしかして砂糖と塩の分量間違えた…!?

まさら「た、たぶん…」

こころ「だよね?流石にみたまさんが変な砂糖や塩を使ってるわけではないと思うし」

こころ「うーん?まさらのことで頭がいっぱいだったから入れ過ぎちゃった…ってことかな?」

こころ「まさらがおむすびたくさん作りすぎたのと似たような感じで…なんで味見しなかったかなぁ…」

まさら「う、うん…」

こころ「んーーー…ふふっ」

まさら「こころ…?

こころ「まさら」

まさら「?」

こころ「ありがとう」

まさら「えっ?」

こころ「私が味付け失敗してるの庇ってくれようとしたんだよね」

まさら「……」

こころ「だから、こんなに塩辛い玉子焼きを全部食べようとしたんだ」

まさら「…だって、ショックを受けるといけないから…」

まさら「それに、玉子焼きにとても想い入れがあるみたいだし…」

こころ「うん、すごく想い入れはあるよ。私の想い出の味だもん」

こころ「それにショックだよ?」

まさら「っ……」

こころ「これから毎日一緒にご飯食べる運命の人に、よりにもよって最初に食べてもらったのがこのすごくしょっぱい玉子焼きなんだもん」

まさら「私は別に大丈夫だから…

こころ「ふふ、ありがと。でもやっぱり私はまだまだお母さんにはかなわないや」

まさら「こころ…」

こころ「…味見をし忘れるなんてね、大切な初心を忘れちゃってた」

こころ「でもね、まさら」

まさら「?」

こころ「この玉子焼きも、私にとって大事な想い出の味になったよ」

まさら「!!」

こころ「そりゃもちろん、あの時の同じ味で食べれた方がずっと感動できたと思うけど」

こころ「顔色一つ変えずに美味しいって、まさらが優しい嘘を付いてくれたのが嬉しいの

まさら「…!

こころ「それに、顔を真っ赤にして口移ししようとしてきたまさらの顔、一生忘れないと思うし!」

まさら「っっっ////」

こころ「だからやっぱり、まさらは最高の調味料だよ」

まさら「…私は今度から毎晩思い出してのたうち回るのね…」

こころ「大丈夫だよ、その時は私が膝枕してあげるから」

まさら「余計恥ずかしいと思うんだけど…//」

こころ「大丈夫大丈夫、私とまさらだけの秘密だからね

まさら「こころだからよ…//」

こころ「私は嬉しかったよ?むしろ止めちゃってごめんね?」

こころ「ただやっぱりまだ流石に…その…ね?//」

まさら「う…うん…//」

こころ「ふふっ、私もまさらもまだまだお子様なんだね//」

まさら「そうね…//」

こころ「でもこれからは毎日ちゃんと味見して美味しい料理作るからね!」

こころ「だから楽しみに待ってて!

まさら「!…ええ、でも」

こころ「ん?」

まさら「あなた一人に任せきりにはできないわ」

こころ「!」

まさら「それにその、私も女の子…お嫁さんになるんだし…//」

こころ「ふふっ…//」

まさら「料理を作るのが女の子の、お嫁さんの役目とかそういう事が言いたいんじゃなくて…」

こころ「うん」

まさら「…私も作るわ、料理。二人で一緒に作りましょう」

まさら「料理だけじゃない、どんなことも…あなたと、こころと一緒にしたい」

まさら「そうすれば、いつかこころのお母さんの…お義母さんの玉子焼きも越えられるかもしれない」

まさら「一人では無理でも、私とこころなら、二人ならお義母さんに並べる、越せる」

まさら「だから二人で頑張りましょう」

こころ「…うんっ!」

まさら「…やっぱり照れるわね//」

こころ「まさらっ」

まさら「?」

こころ「好きっ!//」

まさら「私も…好きっ//」