まさら「くっ…!」

こころ「うっ…!」

羊の魔女「縺セ縺輔%縺薙?縺?>縺」

まさら「いつもの魔女だけど…武器が違うと勝手が…っ!」

こころ「ど、どうやって攻撃しよう!?」

まさら「こころは自分を守っていて!防御力はそのままのはずだから!」

こころ「で、でもっ!まさらだって!」

まさら「私なら大丈夫、ダガーと長さは似ているし…」

羊の魔女「縺セ縺輔i縺。繧?s縺九o縺?>」

まさら「っ…アァァーーーッ!!」

こころ「すごい!羽子板で叩いてる!」

羊の魔女「縺セ縺輔i縺溘s縺九o縺?>」

こころ「あっ!」

まさら「効いてはいるようだけど…くっ!」

こころ「まさらっ!」

まさら「私は大丈夫!」

こころ「でもやっぱり羽子板で叩いても…使い方が違うんじゃないかな?」

まさら「それはわかってる…でも…!」

こころ「羽子板だから羽つきで…」

羊の魔女「縺薙%繧阪■繧?s縺ィ邨仙ゥ壹@縺溘>」

こころ「きゃあっ!?」

まさら「こころっ!!」

羊の魔女「縺セ縺輔i縺。繧?s縺ィ繧らオ仙ゥ壹@縺溘>」

こころ「うぅぅうっ!!!」

ももこ「やばい!!危ないっ!!」

まさら「こころ!!!ァアァーーーアァァッッッ!!!」ギュンッッッ

ももこ「速っ……!?」

羊の魔女「逞帙>逞帙>逞帙>?域ウ」?」

まさら「私の…っ!私のこころに!!手を出すなぁぁぁぁぁぁっっつ!!!!!」

ズガンッッッッ

こころ「!!」

羊の魔女「縺セ縺溘?…… シュゥゥゥ

まさら「はぁっ!はぁっ!はぁっ!……こころっ!!

こころ「ま、まさら…」

まさら「こころっ!!大丈夫!?」

こころ「うん、大丈夫…まさらが守ってくれたから…//」

まさら「そう…良かった…良かった…

こころ「す、すごいね…羽子板で魔女を叩き潰すなんて…ものすごい魔力だったよ」

まさら「あなたを守りたい一心しかなかったわ…」

こころ「そ、そっか…//」

まさら「なりふり構わず…ってやつかも…?」

こころ「あんなに叫びながら戦うまさら、初めて見た…//」

まさら「…そう?必死だったからよくわからないわ…」

こころ「うん、えへへ…やっぱりまさらの知らない一面って色々あるんだね」

こころ「いつもと全然違うからびっくりしちゃった…//」

まさら「そうかしら…?」

こころ「『私のこころに手を出すなー!』なんて、戦ってるまさらの口から聞けるとは思わなかったよ//」

まさら「え?そんなこと言ったの?私が?」

こころ「最後に思いっきり言ってたよ//」

まさら「そう…でも、あなたは私のだから」

こころ「わっ//」

まさら「そうでしょう?」

こころ「う、うん//あれ?//まさら急に元に戻ったね//」

まさら「魔女のおかげで多少は普段の私に戻れたのかもしれないわね…」

まさら「でも、いつもこころを傷つけるあの魔女…やはり許せないわ」

こころ「今回は私が悪いよ、何もできなかったから…」

まさら「みたまさんも、武器が変わってるなら言ってくれればよかったのに…」

こころ「たぶん、みたまさん言うの忘れてたんだと思うなぁ…」

まさら「…ここで二人ともやられるなんて死んでも死にきれないわ…流石にみたまさんには抗議するしかないわね…」

こころ「で、でもっ、私がまさらに告白できたのって、みたまさんのおかげだから…」

まさら「!

こころ「二人とも無事なんだし、この事はそんなに責めないであげよう?」

まさら「…こころが言うなら…私もみたまさんのおかげだし」

こころ「えっ?そうなの?」

まさら「もちろん、調整屋で3人に後押ししてもらったのもあるけど…」

まさら「実は私…みたまさんのお茶で…」

こころ「あっ?まさらも?!」

まさら「!」

こころ「私も…みたまさんに特性ドリンクだって、お茶を…勇気がでるって」

まさら「ももこの激励入りの…?」

こころ「そうっ!」