こころ「私達のために、みたまさんとももこが激励ドリンクを作ってくれたんだね!」

ももこ「えっ」

まさら「だから勇気が湧いてきたのね…ももこの魔法…なるほど…」

ももこ「いや、アタシは何も…」

こころ「でも何で私達がお互い片想いしてるってわかったのかな?そんなにわかりやすくはないはずだよね?」

まさら「ええ…少なくとも、私もこころも全く気付けなかったのだし…」

こころ「でも、みたまさん達はわかってたみたいだもんね…あっ、十七夜さん!?」

まさら「たしかに十七夜さんの魔法なら…でもわざわざそんなことする必要ないはずよね」

こころ「うーん、やっぱり不思議だね」

まさら「ええ、でも私達がこうして結ばれたのもみたまさん達のおかげなのは間違いないのだし」

まさら「抗議よりも感謝をしなきゃいけないわね」

こころ「うん、そうだね!」

まさら「さて…今度こそ降りないと日が暮れてしまうわ」

こころ「すっかり遅くなっちゃったね」

まさら「うん…今日はあっという間だったわ…でもすごく長かったような感じもする」 

こころ「私達、一年以上ずっと両片想いしてたからだよ。だから今日はあっという間だったし、長かったような気もする…」

まさら「そうね…」

こころ「見て、まさら」

まさら「綺麗ね…」

こころ「ここよりも綺麗な所はたくさんあるんだろうけど…それでも、私にとっては」

まさら「ここの景色が一番、ね」

こころ「うんっ!」

まさら「私、守るわ。この景色を…神浜を、そしてあなたを」

こころ「私も守るよ、まさらの隣で」

まさら「ええ、こころとなら何だって」

こころ「ふふ、でもやっぱり衣装はいつも通りじゃないきゃ駄目だね」

まさら「そうね、次はちゃんと魔法に頼らないで着付けしないと」

こころ「ちょっと勿体無いけど、この衣装はこれで最後だね」

まさら「ええ、魔力も勿体無いし変身を解除するわ」

こころ「あ、待って」

まさら「なに?」

こころ「この衣装のまさらは最後だから…目に焼き付けておきたいの」

まさら「そうね、私も…」

こころ「……」ジー

まさら「……」ジー

こころ「……//」

まさら「……//」

こころ「ね、まさら…//最後にもう一回いい?//」

まさら「…うん…//」

こころ「ありがと//…んと、はい//」トジッ

まさら「私から…?//」

こころ「だって私背伸びしないと届かないもん//」

まさら「それは…そうね…//」

ギュッ

まさら「…じゃあ…いくわ//」
こころ「うん、きて//」

まさら「……//」
こころ「……//」

チュッ

まさら「…////」
こころ「…////」

まさら「…っふ…////」
こころ「………まさらっ////」セノビッ

チュッ

まさら「!?////」
こころ「えへへ//好き////」

まさら「////…私も////」
こころ「うん、知ってる////」