まさら「ん…?」
こころ「どうしたの?」

まさら「見かけないお店ね…」
こころ「出張販売かな?」

まさら「ケーキ屋ね」
こころ「ね、見てみようよ」



まばゆ「……」

まばゆ(わー…見るからに“私達幸せです!”って感じのカップルだ)

まばゆ(って言うか二人とも女の子だよね?仲が良いだけ?親友ってやつ…?)

まばゆ(それとも…こ、恋人!?)

まばゆ(さっきからチラホラ女の子同士でいちゃいちゃしてる人見かけるし…)

まばゆ(見滝原ではあんまりそう言うの見かけないけど、神浜ってもしかして進んでるとか…!?)

まばゆ(まーどうせ、恋人や親友どころか友だちすらろくにいない私には違う世界の話ですよーだ)

まばゆ(ってあれ?こっち来てる…?)

まばゆ「あ、え、えーと、いらっしゃいませー」

まさら「少し見させてもらっていいかしら?」

まばゆ「はい、ぜひぜひ」

こころ「わぁ、全部美味しそうだね、まさら」
まさら「確かに…美味しそうね、こころ」

こころ「わ!まさらが美味しそうって言うの珍しいよ!」
まさら「そう?」

こころ「だってまさら、“食事は必要な栄養が取れればそれで良い”みたいなこと言ってたじゃん」
まさら「そんな時もあったわね」

まさら「けれど、あなたの手料理を食べてから考えは変わったわ」
こころ「えー?ほんと?ふふっ」

まさら「食事にしろ、何にしろ…あなたと共に時間を共有できるものはどれも尊いから」
こころ「わわっ?真面目な声でいきなりそう言うの照れるよー」

まばゆ「…………」

まばゆ(え!?何この人達!?めっちゃいちゃいちゃしてるんですけど!?)

まばゆ(二人とも顔が良いし…たぶんそう言う趣味の人から見たら桃源郷のような光景なのでは…?)

まばゆ(こ、これが百合…!)

まばゆ(恋人つなぎしてケーキそっちのけで惚気けてる……)

まばゆ(もしかして冷やかし!?)

まばゆ(それとも天然!?)

まばゆ(これは…絶対天然だー!!)