まどか「あれ?ほむらちゃんほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「あそこ、人だかりができてるよ」

ほむら「本当ね、何かしら?」

まどか「何か光ってる?」

ほむら「え?そう?」

まどか「うーん、よく見えないね」

ほむら「そうね…ところで、あの二人はどこに行ったのかしら」

まどか「まさらさんもこころさんも途中からわたし達のこと忘れて二人の世界に入っちゃったもんね」

ほむら「……この体の記憶だと、加賀見さんは当初かなり無口で無愛想なイメージだったようたけど」

ほむら「本当に同一人物なのかしら…」

まどか「今のほむらちゃんと普段のほむらちゃんより同一人物に見えないもんね」

ほむら「……それほどまでまるで別人と言うことなのね」

まどか「うん、ほむらちゃんはほむらちゃんでそんなに変わってはないと思うけどね」

ほむら「またそれ…?明らかに私は別人になっているはずだけど」

まどか「ううん、やっぱりほむらちゃんはほむらちゃんだよ」

ほむら「…何度も言うと言うことは本当にそう…なのよね…」

まどか「うん、うぇひひ」

ほむら「……それよりもここ、ケーキ屋のようだし見てみる?」

まどか「うん、けど人だかりが…もうちょっと他を見てからにしない?」

ほむら「ええ、構わないわ」





まばゆ(なんかいつの間にか人だかりができてる!?)

まばゆ(つい絵面が良くて試食させすぎてしまった……!)

こころ「し、試食しすぎちゃったね…」
まさら「たしかに…試食どころか本格的に食べてしまった」

まさら「しかもかなりの人数にそれを見られてる…」
こころ「う、うう…絶対卑しいと思われた……」

まばゆ(いや、たぶんみんな絵がよくて見てるだけですよ)

まばゆ(幸せ満点で美味しそうにケーキを食べてる美少女二人はそりゃまぁ絵になりますとも)

まばゆ(私なんかが一人で棒立ちしてるより遥かに集客力もある!)

まさら「すみません、今食べたものそれぞれ…2つずついいかしら」

まばゆ「え?!かなりの数になりますよ?」

まさら「ええ、大人数で食べるから問題ないです」

まばゆ「そ、そうなんですか?」

まさら「とても美味しかったです、試食ありがとうございます」

まばゆ「!?あ、いえ…どうも」

まばゆ(う…顔が良い…!!)

まばゆ(ちょっとドキッとしたかも?!)

まばゆ(あれ?もしかして私ってクールビューティーな人が好きだったり…!?)

まばゆ(と言うより…クールな人が見せるギャップがいいとか…?!)

まばゆ(そうかも?見た目自体は私のタイプではないと思いますし…いや、かなりの美人だと思いますよ?この人、それに恋人さんも)

まばゆ(けど別にタイプではないも言うか)

まばゆ(それこそ、巴さんの方が断然タイプ……)

まばゆ(って私は何を考えてるだー!!!)

まばゆ(そもそも相手は女ですよ!女!!私も女!!!)

まばゆ(ここでなんで男が…いや、でも好きな男性のタイプとか、それこそ全然想像が……)

まばゆ(あれだけ邦画も洋画も見てるのに…?)

まばゆ(あ、あれ…?私ってもしかしてそっち…???)

まばゆ(いやいやいや…いやいやいや…)

まばゆ(それ以前にぼっち!私はぼっちですから!!)