自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

しつれん☆まどか

鹿目まどかの失恋【36】

さやか「ねぇ、ほむら…やっぱり、まどかには言わなきゃダメだよ!」

さやか「このままじゃ、あの子は…!」

ほむら「…お願い」

さやか「ほむら?」

ほむら「お願いだから、まどかにだけは言わないで…!」

さやか「…何でさ、あんなに仲良しだったのに」

さやか「それに、まどかはあんたのことを好きなんだよ!?」

ほむら「だからよ!」

さやか「っ…」

ほむら「まどかは…私なんかのことを好きになってくれた…」

ほむら「ううん、好きになってしまった…」

ほむら「それが、一番の問題なのよ…」

さやか「…女同士だから?」

ほむら「たしかにそれもあるかもね…」

さやか「だけどまどかは!」

ほむら「わかってる…あなたの言いたいことはよくわかってるわよ!」

さやか「じゃあなんでさ!」

ほむら「私はまどかともう会うことは無くなる…だったら、失恋した方がマシだわ!」

さやか「そ、そんなこと…」

ほむら「じゃあ、あなたは私とまどかが結ばれてから、離ればなれになれとでも言うの!?」

さやか「…え、遠距離恋愛とか言うじゃん、それに群馬と東京ならそんなに遠くはないし…」

ほむら「…無理よ、お互いつらい思いをするだけだわ」

さやか「…でも、でも…まどかは…」

ほむら「私だって!」

さやか「っ?」

ほむら「私だって!…まどかと一緒にいたい…」

ほむら「もっと遊びたい、映画も見たいし、ご飯だって食べたい…!」

ほむら「この前のデートは本当に嬉しかったの…」

さやか「デートって認めるの…?」

ほむら「……ええ、私はそのつもりでいたわ」

ほむら「でもまさか、まどかまでそのつもりでいたとは思わなかったのだけど…」

さやか「じゃあ、ほむら…あんたやっぱり、まどかのこと…」

ほむら「…ええ、そうよ、あなたの予想通りよ」

ほむら「私は…まどかが……」

さやか「…だったら尚更だよ!その気持ちを何でまどかに伝えないのさ!」

ほむら「……冷静に考えてよ!そもそも女同士、しかも私は今日見滝原を去るのよ!?」

さやか「…!」

ほむら「仮に成就しても、すぐに別れが来るし、私はともかく、まどかが回りからどう思われると思うの!?」

さやか「そこは…あたし達がなんとかするよ!」

ほむら「…あなたならそう言うと思ったわ」

さやか「だったら!」

ほむら「だからこそ、さやか…あなたにだけ本音を伝えたの」

さやか「へ?」

ほむら「最初は杏子に伝えるつもりでいたけれど、まどかのことを考えると」

ほむら「さやか…あなたが一番便りになるわ」

さやか「え?いや、へっ?」

ほむら「あなたとまどかは親友…これはまどかもよく言っているわ」

ほむら「私もまどかの親友になりたかった…」

さやか「いや、親友よりも上になりそうだったのにさ…」

ほむら「それはいいの…親友がベストだと私は思うもの」

さやか「そうなのかな…?」

ほむら「じゃあ、あなたは杏子と親友とそれ以上の関係、どちらになりたい?」

さやか「えっ?えーっと…って!なんで杏子がでてくるのさ!」

ほむら「だって同類でしょ?私たち」

さやか「ひゃ?はぁっ!?あたしは別に違うし!」

ほむら「そう?」

さやか「違うってば!」

ほむら「そう…ならいいわ」

さやか「うぅ」

ほむら「……とにかく、さやか。あなたに、まどかを支えて欲しいの」

さやか「…仁美は?」

ほむら「志筑さんよりも、あなたの方が頼みやすいからよ」

さやか「そうかな?仁美は優しいよ?」

ほむら「……これでも、私はあなたを信頼しているのよ」

さやか「ほ、ほむら…」

ほむら「私は、もうみんなにとって過去の人間になるわ」

さやか「そんなこと言わないでよ…」

ほむら「いいえ、そうなるだろうし、そうなるべきなのよ」

さやか「…」

ほむら「そうすれば、まどかも私のことは忘れて、新しい恋が見つかるわ」

ほむら「まどかは可愛いから、すぐに彼氏ができるわよ」

ほむら「そうしたら、私だって…潔く……」

さやか「…泣きながら言うなって」

ほむら「…っく……」

さやか「ほむら…」

鹿目まどかの失恋【35】

一週間後

キュゥべえ「ケーキ!ケーキ!まぁるいケーキ!」

マミ「まぁるいケーキはだぁれ!?」

なぎさ「ケーキはさやか?」

さやか「ちーがーう、あたしはラズベリー」

さやか「まぁるいケーキはあかい」

さやか「ケーキは杏子?」

杏子「ちーがーう、あたしはリンゴ」

杏子「まぁるいケーキはなぎさ好き」

杏子「ケーキはマミ」

マミ「ちーがーう!あたしはチーズ、まぁるいケーキは転がる!」

マミ「ケーキは鹿目さん!?」

まどか「……」

さやか「まどかまどか」

まどか「あっ…ち、ちがう…わたしは…」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「……」

マミ「鹿目さん…」

なぎさ「…」

杏子「…まぁ、無理もないよな、あいつあれから行方わかんなくなったしさ」

さやか「まどか、大丈夫だよ、ほむらはちゃんと帰ってくるって」

まどか「うん……」

マミ「…やっぱり、もう一度みんなで探しましょうか」

杏子「そうだな、じゃないとこっちも調子狂うぜ」

なぎさ「なぎさも手伝うのです!」

キュゥべえ「魔法少女のこととなれば、僕の出番だね」

まどか「みんな…」

さやか「……」

まどか「……みんな、ありがとう。でも大丈夫」

まどか「ほむらちゃんは必ず帰ってくるよ」

まどか「わたし、信じるもん…」

さやか「まどか…」

まどか「だから、大丈夫…それに、マミさんは受験だって近いんですし…」

マミ「それはそうだけど、受験と暁美さんなら、暁美さんを取るわよ…?」

杏子「まどかがそう言うなら、ほむらを信じて待とうぜ」

マミ「…そうね」

~♪

さやか「ん、メッセージだ」

杏子「なんだよ、さやか、誰からだ?」

さやか「……あー、恭介からだよ、こんど演奏会があるってさ」

杏子「………」ジッ

さやか「な、何よ?」

杏子「……いや、別に?それよりもさ、あたし腹減ったなー」

マミ「なら、途中だったケーキを食べましょう」

杏子「それも良いんだけどさ、さやかん家に上手いカボチャあるんだよ」

さやか「…?」

杏子「マミ、それでパンプキンパイつくってよ」

マミ「パンプキンパイ?作ったことないけど、美味しそうね」

なぎさ「マミの作るものなら、なぎさは大歓迎なのです!」

キュゥべえ「マミは天才だからね」

マミ「もうっ、しかたないわね」

まどか「…」

杏子「ってこと、さやか頼んだぜ」

さやか「え?あたし?」

杏子「ああ、カボチャだぞ、カボチャ」

さやか「…!そっか、わかった」

杏子「うん」

さやか「あたし、カボチャんとこ行ってくるね!」

まどか「!」

杏子「ああ、たのむなー」

マミ「さぁて、レシピを準備しなきゃ」

キュゥべえ「手伝うよ、マミ」

なぎさ「なぎさも手伝うのです!」

まどか「………」





ほむら「……」

さやか「ほむらー!」

ほむら「さやか…」

さやか「ふぅ…疲れた」

ほむら「……」

さやか「…まどか、すっごい落ち込んでるよ」

ほむら「そう…」

さやか「ほんとにこれで良いの?」

ほむら「ええ、これが最善の方法よ」

ほむら「結果的にまどかが一番傷付かない方法になるはずだわ」

さやか「…ほうとにそう?」

ほむら「本当よ」

さやか「……あんたがそう言うなら、仕方ないけどさ」

さやか「でもこれだけは言わせて?」

さやか「ほむら…あんたが、まどかから逃げてるだけにしか見えないよ?」

ほむら「…!?」

さやか「やっぱり、あたしは…まどかにだけでも話した方がいいと思う」

さやか「あんたが、東京に帰らなきゃいけなくなったってさ」

ほむら「……」

さやか「だって、もう近い内に引っ越すんでしょ?」

さやか「このままじゃ、まどかは…」

ほむら「今日よ」

さやか「え?」

ほむら「今日…引っ越すの」

さやか「なっ…はぁ!?あんた、まだ先だって言ってたじゃん!」

さやか「まどかが改めて告白した日にさ!」

ほむら「ごめんなさい…あれは嘘よ」

さやか「な…」

ほむら「…出来る限り、伏せていたかったの」

さやか「あんた…めちゃくちゃだよ…」

さやか「最初の方は、普通にまどかとデートしてたくせに…急に引っ越すだなんてさ…」

ほむら「……」

さやか「まどかが可哀想だよ…」

ほむら「……ごめんなさい」

鹿目まどかの失恋【34】

ほむら「ごめんなさい…」

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「あなたが私のことを想ってくれていることは本当に嬉しいわ」

ほむら「本当に嬉しい…!」

まどか「……」

ほむら「…でも、それでも私は…あなたの気持ちに応えることはできないわ」

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「本当に…ごめんなさい…」

まどか「……そっか」

ほむら「まどか…」

まどか「えへへ…わたし、失恋しちゃったんだね」

ほむら「……ごめんなさい」

まどか「…ううん、いいの。わたしの方こそ、本当にごめんなさい」

ほむら「…」

まどか「やっぱり、わたしなんかじゃ、ほむらちゃんとは釣り合わないもんね」

ほむら「っ!そんなことは!」

まどか「ほむらちゃんなら、きっと素敵な彼氏さんができるよ」

ほむら「ち、違うわ!私は別にそんなんじゃ…」

まどか「…ねえ、ほむらちゃん。わたしのワガママ聞いてくれるかな?」

ほむら「…え、ええ」

まどか「ほむらちゃん、こんなわたしだけど、これからもお友達でいてくれる…かな?」

ほむら「もちろんよ…!もちろんそうに決まってるわ!」

ほむら「例え何があっても、私は、私たちは友達よ…!」

ほむら「あなたと友達ですらいられなくなるなんてこと…絶対に嫌だもの…」

まどか「…そっか、よかった」

ほむら「まどか…」

まどか「後ひとつ…いいかな?」

ほむら「ええ…」

まどか「ほむらちゃん…目を閉じて欲しいなって」

ほむら「?目を瞑ればいいの?」

まどか「うん」

ほむら「それくらいなら…」トジ

まどか「ほむらちゃん…」スッ

ほむら「?」

まどか「……」チュ

ほむら「!?」

まどか「…えへへ」

ほむら「ま、まど!?」カァァァ

まどか「ほむらちゃんのほっぺ、柔らかったよ」

ほむら「な、なんで…??」

まどか「……もうおしまいっ!」

ほむら「まどか?」

まどか「もう今のでわたしは満足したよ、もう大丈夫」

ほむら「……」

まどか「…えへ、最低だよね、わたし」

ほむら「あ、いや…」

まどか「フラれたのに、こんなことしちゃうなんて最低だもん」

ほむら「……」

まどか「ほんと最低…ぐす…」

ほむら「!」

まどか「…」ゴシゴシ

まどか「ううん!もう泣かないもん!」

まどか「これ以上ほむらちゃんに迷惑かけるわけにはいかないもんね」

まどか「今のが最後のワガママだよ」

まどか「往生際が悪すぎるよね…」

まどか「本当にごめんなさい、ほむらちゃん」

ほむら「…まどか」

まどか「最低な友達で、ごめんね…」

ほむら「……私は、あなたの気持ちには応えられない」

まどか「…うん」ウルッ

ほむら「けど」

まどか「!」

ほむら「あなたは、かけがえのない最高の友達よ、まどか」

まどか「…ありがとう」ゴシゴシ

ほむら「だから泣かないで…?」

まどか「うん…」ゴシゴシ

ほむら「まどか…」

まどか「えへへ…」



さやか「まどか、思いきったことするな…」

仁美「…私、なんと申せばいいのか」

杏子「ほむらはこっち側だと思ったのにな…やっぱりダメだったか」

さやか「……」

杏子「ほむらもほむらだぜ、普段あんなにまどかを特別扱いしてんだからさ」

杏子「まどかがその気になるのも無理ないじゃんかよ」

仁美「まどかさん、本当に楽しそうにしていましたから…」

さやか「………」

杏子「…なあ、さやか。どうしたんだよ、何か知ってんのか?」

さやか「…いや、別に」

杏子「……ふぅん、ま、あたしはいいけどさ」

杏子「あんまり抱え込むなよ?」

さやか「!…うん、大丈夫」

仁美「まどかさん…」

鹿目まどかの失恋【33】

なぎさ「くるくるお姉ちゃん!」

マミ「え?くるくる…わ、私?」

なぎさ「お姉ちゃんしかいないのです!」

マミ「えっと…あなた、ケーキ屋さんで…そう!私のチーズケーキを食べた子じゃない!」

なぎさ「そうなのです、わたしはなぎさなのですよ」

マミ「なぎさちゃん…で良いのかしら?それで、私になんのよう?」

マミ「もうケーキは食べさせないわよ」

なぎさ「そのことなんです…その、昨日はごめんなさい」

なぎさ「なぎさはチーズに目がないのです」

マミ「だからって、人のケーキを食べるだなんて、お姉さん関心しないなぁ」

なぎさ「う…だから、お詫びを持ってきたのです」

マミ「お詫び?」

なぎさ「はい、代わりのケーキを用意したのです」

マミ「別にお詫びなんて…」

なぎさ「うぅ、いらないのですか?」

マミ「ううん、違うの。ちゃんと謝ってくれたら、それで大丈夫よ」

なぎさ「お姉ちゃん…はい、ごめんなさい」

マミ「もう同じことをしてはダメよ?」

なぎさ「はい、反省するのです」

マミ「ふふ、じゃあこの話しはもうおしまい」

なぎさ「あっ、待ってください!」

マミ「ん?」

なぎさ「せっかくだから、お姉ちゃんと一緒にケーキを食べてほしいのです」

マミ「マミよ」

なぎさ「え?」

マミ「巴マミ、私の名前よ」

なぎさ「じゃあ、マミお姉ちゃんなのです!」

マミ「ふふふ、よろしくね、なぎさちゃん」

なぎさ「はいなのです!」

キュゥべえ「僕もいるよ」



その頃

さやか「や、やっほー…」

杏子「よう、遅かったじゃねぇか」

さやか「あー…ちょっと、ね」

仁美「ほら、まどかさん」

まどか「うん!」

ほむら「……まどか」

まどか「ほむらちゃん!」

杏子「よし、んじゃあたしらは向こうで待っとくよ」

仁美「まどかさん、ファイトですわ」

まどか「うんっ!」

ほむら「っ…」

さやか「…ほむら」

ほむら「…これでいいのよ」

さやか「うん…」

杏子「おい、さやかどうしたんだよ?」

さやか「うん、今行く」

杏子「なあ、さやか、ほむらのやつどうだった?」

さやか「うん…あはは」

仁美「何かあったのでしょうか?」

さやか「いや、まあ…そのさ、何て言うのかな」

さやか「何でこうなっちゃったんだろうって…ね」

杏子「はぁ?」

仁美「?」

ほむら「……」

まどか「ほ、ほむらちゃん」

ほむら「まどか…」

まどか「色々迷惑かけちゃって、ごめんね」

ほむら「ううん、迷惑だなんて、そんな…私はただ…」

まどか「…わたしね、あれから色々考えてみたの」

まどか「でも、答えは最初から決まってたみたい」

ほむら「…」

まどか「…わたし、ほむらちゃんのことが好きなの」

ほむら「……」

まどか「いっぱい迷惑かけちゃうし、取り柄もないし、ほむらちゃんには釣り合わないと思うし…」

まどか「それに、女の子同士だけど、でも…」

まどか「それでも…わたしは、あなたが好きです」

まどか「ほむらちゃんが大好きです!」

まどか「だから、これからもずっと一緒にいてください…!」

ほむら「……ごめんなさい」

鹿目まどかの失恋【32】

さやか「ん、電話だ」

ほむら「……」

さやか「杏子から…いや、仁美だ!」

さやか「もしもし、仁美?まどか見つかった?」

さやか「うん…うん、うん、わかった、今すぐ行くわ」

さやか「大丈夫、ほむらも一緒にいるからさ」

さやか「うん、ありがとね、仁美!じゃ!」

ほむら「……」

さやか「まどか、見つかったってさ」

ほむら「……そう」

さやか「見滝原公園で待ってるってさ」

ほむら「……」

さやか「ほら、行くよ」

ほむら「……ええ」

さやか「…ねえ、ほむら」

ほむら「……」

さやか「何を思い詰めてるのか知らないけどさ」

さやか「一人で抱え込むのだけは、本当にやめなよ?」

ほむら「……」

さやか「みんなに、特にまどかに言えないことがあるんだったら、あたしに言ってみなよ」

ほむら「!…」

さやか「あたしはね、これでも口は固い方なの」

さやか「ほむらが誰にも言うな、って言うなら誰にも言わない」

さやか「だからさ、言ってみなよ」

ほむら「………」

さやか「…それとも、今にも泣き出しそうなその面でまどかと会うつもり?」

ほむら「?!」

さやか「言葉では強がってても、顔にでちゃうのは相変わらずよね」

ほむら「……私は…」

さやか「大丈夫、大丈夫だからさ…ね?」

ほむら「………」

ほむら「……ごめんなさい、さやか」

さやか「…?」

ほむら「……私、みんなにずっと隠してきたことがあるの」

さやか「…わかった、誰にも言わないよ」

さやか「だから、話して?」

ほむら「……私、実は――――」

さやか「え」

続きを読む
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • さやかちゃん
  • 鹿目まどか
  • ほむらちゃん
  • さやほむ
  • ほむらちゃん
  • 悪魔まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771