ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

しつれん☆まどか

鹿目まどかの失恋【55】

仁美「……」

さやか「えっ?ひ、仁美!?何でここに!?」

仁美「…私……」

杏子「さやかとまどかを追って、一緒の電車に乗ってたんだぜ、なぁ?」

さやか「一緒の?そ、そうだったの?」

さやか「それじゃあ、今までのも全部…」

仁美「……ごめんなさい、見て…しまいましたの」

仁美「さやかさんが…皆さんが戦っているところを…」

さやか「そんな…」

仁美「…暁美さんが転校してからと言うものの、どこか距離を感じていました」

仁美「さやかさんやまどかさんは何かを隠している…と」

さやか「仁美…」

仁美「…もしかして、以前私を助けてくれたのは、さやかさんだったのですか?」

さやか「えっ?」

仁美「以前、私は何かに操られるように…そう、先ほどのまどかさんのように、死のうとしたことがありました」

さやか「!」

仁美「あの時、朧気にですが白いマントを羽織った方に助けてもらえた記憶があるんです」

仁美「あれは夢だと思っていたのですが…夢じゃなかったのですね」

仁美「さやかさん…!」

さやか「……」

杏子「もう言い逃れできないだろ、話してやりなよ」

杏子「全部、さ」

さやか「……わかった」

仁美「…ありがとうございます」

さやか「あたしは―――――」



その頃

まどか「ぅ…」

マミ「鹿目さん!」

まどか「あ…れ…わたし……」

まどか「はっ!ほむらちゃん!ほむらちゃんは…!?」

マミ「……」

まどか「マミさん?ほむらちゃんが…ほむらちゃんがいなくなっちゃったよ!」

まどか「どうしよう…わたしのせいで…」

マミ「しっかりして、鹿目さん」

まどか「でもっ、ほむらちゃんが…ほむらちゃんが…」

まどか「わたし…夢の中でほむらちゃんとやっと会えたんです」

まどか「ほむらちゃんの腕をつかんで、もう二度と離さないって思ったのに…」

まどか「なのに……」

マミ「鹿目さん、よーく見てみて?」

まどか「え…?」

マミ「ほら、あっち」

ほむら「…まどか」

まどか「!?ほ、ほむらちゃん!」

まどか「ほむらちゃんっ!」ギュッ

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん、ごめんね…わたし…わたしっ…!」

ほむら「まどか…」

まどか「うぅぅ…」

マミ「鹿目さんが落ち着くまでは、そうしておきましょう」

マミ「その後に私が全てを話すわ」

マミ「それまで、ちょっとだけ席を外すわ」

ほむら「ありがとう…ございます」

マミ「鹿目さんをよろしくね」

まどか「うぅ…」

ほむら「まどか…」

鹿目まどかの失恋【54】

さやか「ん…」

さやか(あれ…あたし…何を…?)

さやか(…?誰かにだっこされてる!?)

杏子「…」

さやか「き、杏子!?」

杏子「おっ、さやか、目覚ましたか」

さやか「あ、あんた?何でここに!?魔女は!?まどかは!?」

杏子「落ち着きなって、魔女は倒したし、まどかならほむらが守ってるさ」

さやか「ほむらが…!」

杏子「ああ」

さやか「…やっぱあいつ…こっちに来てたんだ…」

さやか「………って言うか!下ろしてよー!」

杏子「その体で歩けんの?」

さやか「さやかちゃんの治癒魔法嘗めんな!そ、それに…お、重いでしょ…?」

杏子「いや、全然?羽毛みたいだぜ?」

さやか「そ、そんなことないわよ…」

杏子「別にあたしは、さやかなら何処へでもお姫様だっこで連れてってやれるぜ!」

さやか「えっ…あ!お姫様だっこ!?ちょ!恥ずかしいから下ろせってば!」ジタバタ

杏子「うわっ?あばれんなよ!あばれんな…あっ」

さやか「あいたっ!」ボスッ

杏子「さやかが暴れるからだぞ」

さやか「いたたた…もう、下ろすなら下ろすって言いなさいよね」

杏子「だから、さやかが暴れるからだってば」

さやか「ったくもー…で、何でここにいんの?」

杏子「んなもん、さやかを助けに来たからに決まってんじゃん」

さやか「へっ?」

杏子「そりゃあんだけ電話で泣き言言われりゃなぁ…」

杏子「マミなんてテスト終わったら超急いでこっちに来たんだぜ?」

杏子「もちろん、あたしもそれについていったんだけど、来て正解だったな」

さやか「そっかマミさんも来てくれたんだ…はっ、ほむらは?」

杏子「今、マミが相手してる」

さやか「ほむら…」

杏子「やっぱ嘘だったんだな」

さやか「うん…」

杏子「……まあ、あたしはそうだろうと思ってたよ」

さやか「え…なんでさ!?」

杏子「何となくわかるんだよ、ほむらの気持ち…」

さやか「ほむらの気持ち…?」

杏子「ああ、間違いなく、まどかとほむらは相思相愛ってやつさ」

さやか「でも…」

杏子「ほむらはまどかをふった…理由は聞いてる?」

さやか「…世間が、まわりがそれを許さないだろうからだって」

杏子「……だよな、あたしもそう思う」

杏子「たしかに、女が女を好きになるのはおかしなことさ」

杏子「もちろん、それでも結ばれるやつらだっている」

杏子「でも、結局は何処からともなく非難の声があがって、二人を苦しめる…」

杏子「だからいくら本人や回りの仲間が庇ってもいつか必ずぶつかる壁がでてくんのさ」

杏子「だから、ほむらは敢えて転校することで強引にまどかとの縁を断とうとしたんだ」

さやか「……」

杏子「…結局、逃げたんだよ、世間からさ」

杏子「ほむらも…あたしもな」

さやか「え…?」

杏子「…で、だ」

杏子「これがあたしの意見なんだけどさ」

杏子「あんたはどう思う?」

さやか「えっ、あたしは」

杏子「志筑仁美?」

仁美「…!」

鹿目まどかの失恋【53】

ほむら「さやかが千切れた……」

ほむら「嘘よ…嘘に決まってる……」

ほむら「さやか…さやかぁぁぁっ!!!」

まどか「ほむら…ちゃん…」フラフラ

ほむら「っく!?…まどか…」

ほむら(体がうまく動かせない…)

ほむら(…せめて…まどかだけは……)

ほむら「まどかぁっ…!」ダキッ

まどか「ほむら…ちゃ…?」

魔女「jgtmagtagta.gtma.g」ズイッ

ほむら「ぅ…」ギュッ

ほむら(やられる……!!)

杏子「よし、いまだ!」

マミ「オッケー!行くわよ…!」

マミ「レガーレ・ヴァスタアリア!!!!!」ドドドッ

魔女「!?」ドカドカドカ

ほむら「え…?」

杏子「あたしの作った幻とは言え、よくもさやかを…!」

杏子「くらえぇっ!!」ズバズバ

魔女「!?!?」

ほむら「な…!?」

マミ「これでとどめよ…ティロ・フィナーレ!!!」ドンッ

魔女「」ドカァァァァン

コロコロ…

杏子「っし、東京産グリーフシードゲット」

マミ「なんとか間に合ったわね」

ほむら「あなた達…どうして…?」

マミ「話しは後よ、まずは手当てをしなきゃ」

杏子「あたしはさやかを見てくる」

マミ「ええ、お願いね」

ほむら「……はっ、まどかは!?」

まどか「……」

マミ「気を失っているみたいね…」

ほむら「まどか…!」

マミ「でも、これといった損傷はないわ、暁美さんが守ってくれていたからね」

ほむら「…そんな…私は……」

マミ「………」

ほむら「違う…私がまどかとさやかを巻き込んでしまったの……!」

ほむら「二人とも、私を追ってここまで来てくれたのに…」

ほむら「私は逃げっぱなしで…目の前でさやかがやられているのに何もすることができなかった…!」

ほむら「まどかだってそうよ、私のせいで魔女に操られて…」

ほむら「結局私はワルプルギスを倒せても、まどかを救うことができなかった…!」

マミ「…」

ほむら「私が…私さえ居なければ、こんなことにならなったんだわ…」

マミ「…暁美さん」

ほむら「私が全ての元凶なのよ…私なんかがいるからこんなことになるんだわ…!」

ほむら「私なんか死んじゃえば良かったのよ!」

マミ「…!」スッ

パシンッ

ほむら「……!?」ヒリヒリ

マミ「しっかりしなさい!」

ほむら「巴…さん…?」

マミ「暁美さん、あなた…鹿目さんがどんな思いでここに来たと思っているの?」

ほむら「…それは……」

マミ「ううん、鹿目さんだけじゃない、美樹さんも佐倉さんも私も!」

マミ「みんな、あなたが…暁美さんが大切だからやって来たのよ?」

ほむら「私…が…?」

マミ「当たり前じゃない…!」

マミ「私にとってあなたは、大切な後輩だし、かけがえのない大切な仲間…そしてお友達よ!」

ほむら「…!」

マミ「それは佐倉さんも美樹さんも同じはず…!」

マミ「そして何より鹿目さんは、あなたの事が本当に好きなのよ!?」

ほむら「っ!」

マミ「…鹿目さんを見てみなさい」

ほむら「…?」

まどか「ほむ…らちゃ…いかな…で…」

ほむら「まどか…」

マミ「鹿目さんは今も戦っているのよ…暁美さんをずっと追いかけているの」

ほむら「……」

マミ「気を失っているのに、暁美さんの腕を決して離そうとはしてないでしょ?」

ほむら「…!」ガシッ

マミ「鹿目さんは嘘ひとつつくことなく、正直にあなたに告白したわ」

ほむら「……」

マミ「私は…恋はしたことがないけれど、鹿目さんの気持ちはわかっているつもりよ」

マミ「でも…暁美さんの気持ちはわからない…だって、あなたは嘘ばかりついているんだもの」

ほむら「!?」

マミ「美樹さんから聞いていたの、あなたの転校先が聞いていたのと違うって…」

ほむら「さやか…」

マミ「テストが終わった後、すぐにケータイを確認したのだけど」

マミ「内容は美樹さんと鹿目さんが必死にあなたを探しているものだったわ」

マミ「それでね、電話したのよ…そしたら、美樹さんどうしたと思う?」

ほむら「……」フルフル

マミ「…泣いていたのよ、どうしよう、どうしよう、って」

ほむら「さやかが…?」

マミ「美樹さんはね、たしかにあなたとよく喧嘩していたけれど」

マミ「彼女も、あなたのことを凄く大切にしていたのよ?」

ほむら「…!」

マミ「それなのに、あなたに嘘を教えられ、あなたを見つけられず…」

マミ「かと言って、自分が取り乱したら、鹿目さんを余計に心配させるからって、ずっと我慢していたみたいなの」

ほむら「……」

マミ「その時は鹿目さんと別行動をしていたみたいだから、その時に鹿目さんは魔女に目をつけられたのでしょうね…」

ほむら「……まどか」

鹿目まどかの失恋【52】

ほむら「さやか…!?」

さやか「……」

まどか「わたしがダメだから…」フラフラ

ほむら「まどか…!」

魔女「jtpmtdtpmtpatad」スッ

ほむら「くっ…まどかには指一本触れさせない!」

ほむら「私が相手よ…!はっ!」

魔女「!!」グサッ

ほむら「よし、弓が当たった…これで私に注意を引けたはず」

ほむら「まどか…あの様子だと魔女に…」

ほむら「私のせい…なのよね」

魔女「gjmtmjtpjtpajt」

ほむら「っ!きた!」

ほむら「今のうちに魔女からまどかを引き離すのよ…!」

魔女「gdujtmtpjtj」

ほむら「そして、さやかからも引き離さないと…」

ほむら「この時間軸のさやかは痛みを消すことができるのを知らない…」

ほむら「それを教えないことで、彼女の暴走を未然に防ぐことができたのだけど」

ほむら「それが仇になるなんて…」

ほむら「……!?」

ほむら「今、何か別の魔力を感じたような…まさか、別の魔女が…?」

ほむら「いえ、そうじゃな…っ!?行き止まり…!」

魔女「pjmtmw0jtjtm」ギュン

ほむら「しまっ…」

ほむら(こいつとの戦いに集中しておくべきだった…!)

ほむら「か…はっ…」ドンッ

ほむら「ぐっ…ぅ…」ヨロッ

ほむら(いけない…意識が…打ち所が悪かった…)

ほむら(だ、ダメ…このままじゃ…)

まどか「ほむら…ちゃん…」フラフラ

ほむら(ま、まどか…!?まさかついてきていたの?)

ほむら(ダメよ!ここに来ちゃダメ!)

まどか「わたし…」フラフラ

魔女「pjotmwtj」

ほむら(魔女に気付かれた…!ダメ、まどか!来ないで!)

ほむら「…!ぁ…ま…!」

ほむら(声がでない…!どうしてっ!)

まどか「わたし…ほむらちゃんが…」フラフラ

ほむら「ま…!」

魔女「mtavpajmj」スッ

ほむら(まどか!!)

さやか「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」

魔女「!?」

ほむら(さやか!?いつの間に!?)

さやか「あぁぁぁぁぁっ!!」

魔女「mtgmtmtm0jm」グッ

ほむら(ダメよ!そんなに魔女の注意を引き付けたら、集中的にやられてしまうわ!)

さやか「あぁぁぁ!!!」

魔女「!!!」ズバッ

ほむら「!!??」

さや か

ほむら(え…?)

魔女「!!!」ズバズバッ

さ や か

ほむら(さやかが……)

ほむら(引き裂かれた……?)

ほむら「あ…ぁ……」

ほむら「いやぁぁぁぁぁっ!!」

鹿目まどかの失恋【51】

さやか「まどかに魔女の口づけが…!?」

さやか「やっぱ今のまどかじゃ魔女に目を付けられてもしかたない…けど!」

さやか「何もこんな時にっ!」

まどか「わたし…死ななきゃ…」ボソボソ

さやか「くっ…どうしよう、魔女を倒さなきゃ…でも、まどかを守っとかないと…!」

さやか「せめて杏子かマミさんがいてくれたら…」

さやか「いや、この辺りの魔法少女に任せるしかない…か」

まどか「ほむらちゃん…」

さやか「…!そうだよ、ほむら…!まどかを守るのはあんたの役目でしょうが!」

さやか「ほむらー!早くきてくれー!」

さやか「魔法少女ならまどかを守ってみせろー!」

一方

ほむら「志筑さん…ごめんなさい」

ほむら「……はっ!」

ほむら「魔女の気配…?さっき取り逃がしたやつね…」

ほむら「く…この辺りの魔法少女はいったい何をしているのよ…」

ほむら「……私がやらなきゃ」ダッ

仁美「あっ、暁美さん?どこへ…?」タタッ

結界

さやか「……くそっ、結界に閉じ込められた」

まどか「……」

さやか「まどか…ダメだ、早くなんとかしないと…」

魔女「jumtpadpadpadpgamptmj」
さやか「魔女!?もうそこに…!」

さやか「…ごめん、まどか!すぐ戻るからっ!」

さやか「一撃で終わらせてやる!」

さやか「スクワルタトーレ!」

魔女「dkmtpmtpjtpatpjpmg」

さやか「うっ!仕留めそこねた…」

魔女「jmtatjmtajpgatgbgjmjt」

さやか「くうっ…!強い…きゃぁっ!?」

さやか「うわっ!ぐっ!いやっ…!」

さやか「はぁっ…はぁっ…」ズキズキ

さやか「参ったなぁ…一人で戦うの久しぶりだからなのかな…」

さやか「こいつ…強い……」ボロッ



ほむら「な……!?」

ほむら「あれは…さやか…?」

ほむら「……やっぱりこっちに来ていたのね」

ほむら「嘘の情報なのに…バカ…」

ほむら「なら、志筑さんもさっきのは嘘になるわね…」

ほむら「………」



さやか「ぐぅ…うぅ…このぉっ!」

魔女「ampjmpjpt.pgkptgd」

さやか「くっ、効かな…うわぁぁぁっ!?」ドンッ

さやか「あ…う…痛い……」

さやか「痛いよぉ……」

さやか「マミさん…杏子…」

さやか「ほむら……」




ほむら「さ、さやか…」

ほむら「このままでは…!」

ほむら「あの魔女…やはりそうとうな強さね…」

ほむら「一人では……」

ほむら「……はっ」

ほむら「な、なんで私は傍観してるのよ…」

ほむら「目の前で友達がやられているのに…」

ほむら「私は……」

さやか「まどかぁっ!!」

ほむら「えっ」

まどか「……」フラフラ

ほむら「ま、まどか!?何でまどかまでここに!?」

ほむら「それに様子が……」

ほむら「まさか…!?」

まどか「わたしが迷惑をかけるなら…わたしが死ねば…」フラフラ

さやか「ぐぅ…ま、まどか!」

さやか「くっそぉ!まどかに近寄るなぁ!!」ギュンッ

魔女「dmtpmjgtjgpagtp」ブンッ

さやか「な…!?」ドゴッ

さやか「う…ぁ……」

さやか「ごめ…まど…か…」ガクッ
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
Twitter プロフィール
まさここ!まどほむ!まどか先輩!すずマギ!まさここ絵の修行中。ブログにて、まどマギ&マギレコのSS等もやってます。まさここは運命!Pixiv→https://t.co/ewbiKwnR39
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
なぎさはアーカイブを見たいのです
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • まさここ
  • いろうい
  • 晴着まどか
  • いろは
  • バカップル
  • まさここ
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771