ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

杏子とさやかのクリスマス

杏子とさやかのクリスマス③

12月24日

さやルーム

さやか「ん…」パチ

さやか「あれ…いつの間にか眠ってたんだ…」

さやか「もう朝だけど…杏子は…」

さやか「…いない、かぁ」

さやか「あーあ、久しぶりのクリスマスだってのに、なーんの予定もないとかね」

さやか「去年はまどかと仁美と3人でパーティしたっけ」

さやか「あの頃が懐かしく感じる…まぁ、実際に一年以上経ってるんだけどね」

さやか「杏子のやつ、どこに行ったんだろ?」

さやか「マミさんちかな…マミさんクリスマスに予定入ってるって言ってたし」

さやか「あたしはどーしよ…なぎさもたぶん予定あるだろうし…」

さやか「はぁ、クリスマスに一人出掛けるのもあれだし、おとなしく家にいようかな」

さやか「クリスマスを一人で過ごすなんてなぁ…初めてだよ」

さやか「いやまあ今日はイブだけどさ、明日も一緒だろうし…」

さやか「そもそも、なんでクリスマスイブの今日の方ががどっちかと言うとクリスマスよりクリスマスっぽいんだろ」

さやか「……どうでもいっか」

さやか「まっ、ソウルジェムは濁ってないし、さやかちゃんも大人になったのだぁー」

さやか「……やることないし、二度寝しよ」

さやか「……zzz」

――か―――やか

さやか「ふぁ…?」

杏子「さやか、起きろ、さやかー!」

さやか「ん…?んぅ?きょうこ…?」

杏子「おっ、やっと起きた」

さやか「…?あれ、杏子…あんたマミさんちに行ってたんじゃないの…?」

杏子「はぁ?行くわけないじゃん」

さやか「でも、昨日は一日中いたでしょ」

杏子「それは今日の為だよ」

さやか「今日の?」

杏子「ま、見ればわかるって!早くキッチンに行こうぜ!」

さやか「わっ、わかったから引っ張んなっての!」

キッチン

さやか「……!?」

杏子「へへん、どうだい?」

さやか「え…これ、あんたが全部作ったの…?」

杏子「まーね、後は昨日の晩飯も作り直しといたけどさ」

さやか「えっ、いや、あたしの作ったやつなんて捨てとけば良かったのに」

杏子「せっかく、さやかが作ってくれたんだから、そんな粗末にできるわけないだろ?」

さやか「ま、まぁそうだけど…ありがと」

杏子「へへっ!」

さやか「にしても、ほんと凄いよこれ!本当に全部杏子が作ったの!?」

杏子「ああ、結構時間かかったけどね」

さやか「はー、まるでマミさんが作ったみたい…あっ!」

杏子「そう、マミに教わってたんだよ」

さやか「なるほど……なるほどね!なんだぁ、そうだったんだ!」

杏子「マミにとことん詰め込んで貰って、かなり丁寧なメモまでくれたからね」

杏子「あたしでも、時間かけりゃなんとかなるってもんよ!」

さやか「だから早起きしたんだ」

杏子「うん、結局出来たの昼過ぎなんだけどな」

さやか「げっ!もう昼だったんだ!」

杏子「すげぇぐっすり寝てるから、起こしにくかったぜ」

さやか「はは…なんか恥ずかしいや」

杏子「まっ、さやかの寝顔は可愛いから見てるだけであたしも満足したんだけどな!」

さやか「かっ、かわ…?ば、バカ!からかうんじゃないわよ!///」

杏子「え?別にからかってなんかないけど」

さやか「え?あ…ありがと///」

杏子「っし、んじゃさっそく食おうぜ!」

杏子「そして食ったら色々出掛けるんだ!」

さやか「良いけど、またゲーセン?」

杏子「いや、今日はちゃんと調べてんだ」

杏子「マミやほむらに色々教えてもらったんだよ」

さやか「あの二人に?」

杏子「ああ、まぁあの二人もまだデートしたことないらしいから、試行錯誤ってやつなんだけどさ」

さやか「はー…え?デート?」

杏子「うん、デート」

さやか「……」

杏子「でも、二人とも色々探してくれてさ、結構見滝原にもいいとこあるんだよなー」

さやか「ねえ、杏子」

杏子「ん?」

さやか「杏子って、デートするの?」

杏子「ああ」

さやか「誰と?」

杏子「そんなの、さやかとに決まってんじゃん」

さやか「…そっか、さやかってやつとデートするんだ…」

さやか「……えっ?」

杏子「えっ?」

さやか「き、杏子?あんたデートの意味わかって言ってんの!?」

杏子「バカにすんなよ、んなの好きなやつと楽しいことするやつに決まってんじゃんか」

さやか「あってる…って、え?す…!?///」

杏子「んなことより、早く食おうぜ」

さやか「は、はい///」

杏子「…?どうかしたのか?」

さやか「な、なんでもない…です///」

杏子「?変なさやか」

さやか「変なのは杏子の方だよ…///」

杏子「はぁ?ってか、さやか顔が赤いぞ?熱あんの?」スッ

さやか「あっ、あわわわ!そんなに顔近付けたら///」

杏子「ん…」ピト

さやか「///」

杏子「うーん、ちょっと熱いけど熱じゃないな」

さやか「うぅ…も、もうっ!早く食べるわよこのバカ!///」

杏子「えっ、うん」

さやか「もうっ!」

杏子「…?」

一方

マミホーム

なぎさ「やっぱりマミの作るチーズケーキは天下一品なのです!」

マミ「ふふ、ありがとう」

なぎさ「でも、こんなに美味しいケーキとマミを、なぎさが独り占めするのはちょっとみんなに悪いのです」

なぎさ「さやか達は呼ばなくても良かったのですか?」

マミ「みんなはそれぞれデートをしているの、だから私が邪魔をするのは申し訳なくってね」

なぎさ「そうなのですか?だったら、なぎさもマミとデートをするのです!」

マミ「えっ、もう、なぎさちゃんったら」

なぎさ「なぎさはチーズとマミが大好きなのです!」

マミ「ふふっ、ありがとう」

なぎさ「えへへ、なのです」

さらに一方

アメリカ

まどか「綺麗だね、ほむらちゃん」

ほむら「そうね…」ウルウル

まどか「あれ、ほむらちゃん感動してるの…?」

ほむら「え、ええ…本当に綺麗…」

まどか「うぇひひ!ほむらちゃんに喜んでもらえて良かった!」

ほむら「まどか…!」

円環の理

アルティメットまどか「こうして、クリスマスが過ぎていったのでした」

アルティメットまどか「みんな、この後ももっとクリスマスを楽しんだんだけど」

アルティメットまどか「それは、みんなには内緒だよ」

アルティメットまどか「その代わり、みんなにも良いクリスマスが過ごせるよう祈っているからね」

アルティメットまどか「みんな
が幸せなクリスマスを過ごせたら、それはとっても嬉しいなって」

アルティメットまどか「メリークリスマス」

おわり

杏子とさやかのクリスマス②

美樹ハウス

さやか「ただいまー」

さやか「ってあれ、だれもいないじゃん」

さやか「うん?置き手紙…はぁ、またパパとママ二人で出掛けたのかぁ」

さやか「いい歳してラブラブなんだから、まったくもぉ」

さやか「晩御飯は用意してない…ってことは、あたしと杏子の二人分作んなきゃ」

さやか「んー、もうお腹空いたけど、杏子が帰ってくるの待ってよっかな」

さやか「先にお風呂はーいろっと」

マミホーム

マミ「そうそう、その調子よ」

杏子「く…難しいな…」

マミ「大丈夫よ、これならきっと上手に仕上がるわ」

杏子「そうかなぁ…」

マミ「そうよ!」

杏子「ま、やるしかねぇか」

マミ「ええ!」

杏子「…なあ、マミ」

マミ「なあに?」

杏子「あんたってさ、毎日こんなことしてたのかい?」

マミ「え?うーん、そうねぇ…たしかに料理は自炊してるから毎日だけど」

マミ「お菓子は毎日じゃないわね、週3くらいかしら」

杏子「半分じゃん!」

マミ「昔はそこまで多くなかったのだけど、最近は佐倉さんやなぎさちゃんがよく遊びに来てくれるから」

マミ「ついつい張り切っちゃうのよ」

杏子「へぇー、たしかに上手いもんなぁ、マミのお菓子」

マミ「ふふ、ありがとう」

杏子「なんかコツとかってあんの?」

マミ「コツ?それはやっぱり何度も作ってみることだけど」

マミ「他は強いて言うなら…おまじないかしら?」

杏子「おまじない?えっ、マミあんた魔法使ってたのかよ!!」

マミ「ちがうちがう、魔法じゃなくて、おまじないよ、おまじない」

杏子「どういうことだ、おい」

マミ「おいしくなぁれ、おいしくなぁれ、っておまじないをかけてあげるの」

杏子「はぁ?なんだそりゃ」

マミ「要するに、愛情を込めて作れば、味もそれに応えてくれるのよ」

杏子「ふぅん…?まっ、マミがそう言うんならそうなんだろうな」

マミ「ええ、だから佐倉さんもやってみると良いわ」

杏子「ああ……ああ?えっ?声に出すの?さっきみたいに?」

マミ「もちろん!」

杏子「いや、でもさ、恥ずかしいし…」

マミ「美樹さんにプレゼントするんでしょ?」

杏子「う…くっそ、わかったよ、やるよ…やってやんよ」

杏子「お、おいしくなーれ、おいしくなーれ…」

マミ「おいしくなぁれ、おいしくなぁれ」

美樹ハウス

さやか「………」

さやか「おそい」

さやか「あいつ何やってんのよ…もう宿題写し終わったし…」

さやか「ごはんだって作ったってのにさ」

さやか「はぁ……」

さやか「ほむらはまどかとやっとくっついたし」

さやか「恭介と仁美も順調みたいだし」

さやか「あたしの親友二人とも幸せになったのに、あたしはどうなんだろ」

さやか「そりゃさ、ほんとはもう死んだ身だったんだから、こうやってまた現世にこれたのは幸せなのかもしれないけど」

さやか「なんかなぁ…円環の理では、まどかともよく話しとかしてたのに」

さやか「幼馴染みじゃなくなった今じゃ、なんか距離があって、まどかが遠くに感じるんだよなぁ…」

さやか「あーあ…杏子、まだかな…」

ガチャ

さやか「!!」

杏子「ただいまー」

さやか「杏子!」タタッ

杏子「よっ、遅くなって悪かったね」

さやか「ほんとよ!今何時だと思ってんのさ!」

さやか「遅くなるなら遅くなるって、ケータイでもテレパシーでも良いから言っときなさいっての!」

杏子「はは、わりぃわりぃ」

さやか「ったく…ほら、ごはん食べるよ」

杏子「あ、ごめん!あたしもう腹一杯でさぁ」

さやか「え」

杏子「あっ、あたしもう寝るわ、明日朝早くってさー」

さやか「…はぁ?さんざん待たせといてそれ?」

杏子「んっ、なんだ、まだ食ってなかったのか?」

さやか「当たり前でしょ…」

杏子「あー…ほんとごめん、なっ?」

さやか「ふんっ、もういい、しらない」スタスタ

杏子「えっ、あっ、ちょっ、おい!」

杏子「……怒らせちまったかな」

杏子「うーん、でもあした早起きしなきゃなんないし…」

杏子「あいつ、ああなると暫くそっとしていた方がいいもんなぁ」

杏子「……とりあえず今日はもう寝よ」

杏子とさやかのクリスマス①

マミホーム

マミ「佐倉さんが相談だなんて珍しいわね」

杏子「まぁな…」

マミ「ふふ、大体想像できてるけど、どうしたのかしら?」

杏子「その…さ、明日ってクリスマスイブじゃんか」

マミ「ええ、そうね」

杏子「…でさ、マミなら知ってると思うんだけど、あたしまともなクリスマスって久し振り…なんだよな」

マミ「……そうねぇ」

杏子「…うちは貧乏だったから、パーティとかもできなかったし、一人になってからはクリスマスとは無縁だったからね」

マミ「私が早く謝っておいたら、ここ数年は二人で過ごせたのかもしれなかったわよね…ごめんなさい」

杏子「いや、いいんだ、あたしも意地を張ってたからさ」

マミ「そこはお互い様ね」

杏子「……で、ここからが本題なんだけどよ」

杏子「あたし…クリスマスをさやかと一緒に過ごしたいんだ!」

マミ「ふふっ、やっぱりね」

杏子「今はさやかんちに居候してるから、一緒にいるのは何時もの事なんだけど」

杏子「最近、さやかを見てて気づいたんだよ」

杏子「さやかがクリスマスの話になると暗い顔になるってさ」

マミ「それって…幼馴染みの…上条くん…だったかしら?」

杏子「ああ」

マミ「その子の事、まだ諦めきれてない…のね?」

杏子「…いや、諦めはついてる、っつーか、むしろ応援してて、後悔とかはしてないんだ」

杏子「さやかはそう言ってるし、あたしもそう思う…見ててわかるんだ」

マミ「そう…」

杏子「でも、上条や仁美…あとはまどかとほむら…」

杏子「さやかがあいつらを見てて、寂しいって感情は間違いなくあると思う」

杏子「だから、あたしがさやかの寂しさをぶっ飛ばしてやりたいんだ!」

マミ「つまり佐倉さんは、美樹さんと二人っきりでクリスマスを楽しみたいのね」

杏子「いやまぁ…そう…いや!別にマミ達と一緒にでもいいんだけどさ」

杏子「マミはマミでもう予定入ってんだろ?」

マミ「ええ」

杏子「ってことは、必然的にあたししかいないんだよなぁ、ったくさー」

マミ「はいはい、都合よくみんな予定が入ってるから仕方ないわよね」

杏子「うん?何でにやついんてんだよ」

マミ「別に?」ニヤニヤ

杏子「むぅ…」

マミ「ふふっ、で、佐倉さん!あなたが私にクリスマスの相談に来たと言うことは…」

杏子「あぁ、そうだよ、あたしに教えてほしいんだ」

マミ「オッケーわかったわ、それじゃあ早速取りかかりましょうか」

一方

ほむホーム

さやか「ぶすー…」

ほむら「ふふふ、美樹さやか…今回は私の大勝利のようね」

さやか「あー」

ほむら「まさか、まどかと一緒にアメリカでクリスマスを過ごせるだなんて!」

ほむら「生きててよかったわ!ありがとう神様!」

さやか「その神様を引き裂いたのはどこのバカだこの悪魔」

ほむら「ふふん、神との恋愛ができるのなら、喜んで悪魔で居続けられるわ」

さやか「はいはい、よかったよかった」

ほむら「あなたが何を言おうが私の大勝利に違いはないわ…あなた、クリスマスの予定はあるの?」

さやか「ねーよ」

ほむら「あらあら、無様ねぇ…仕方ないから、何かお土産を買ってきてあげるわ、何がいい?」

さやか「さやかちゃんは悪魔払いができるお守りがほしーです」

ほむら「おあいにく様、そんなものは存在しないわ…ま、ニューヨークチーズケーキでも買ってきてあげるわよ」

さやか「へいへい」

ほむら「それを杏子と二人で食べなさい」

さやか「杏子ねぇ…」

ほむら「どうかしたの?」

さやか「いやさぁ、今日暇だったからどっか遊びに行きたかったんだけど、マミさんに用があるって…」

ほむら「……あぁ」

さやか「くぅ…最近、マミさんとまた仲良くなってきたもんなぁ、杏子のやつ…」

さやか「だから、あたしは仕方ないから、あんたの長話に付き合ってやってんのよ」

ほむら「長話に付き合うのが目的じゃなくて、宿題を写すのが目的でしょう」

さやか「だって冬休みの宿題多すぎなんだもん!」

ほむら「このくらい一人でできるでしょう?」

さやか「できっこないわよー…あんたよく終わったわよね…悪魔の力使ったでしょ!」

ほむら「宿題は自分の頭を使ってしなきゃ意味ないわ」

ほむら「そんなんじゃ、来年の今頃大変なことになるわよ?」

さやか「来年?」

ほむら「高校受験よ、今のうちから取り組んでおかないと」

さやか「うぁー…あたまいたい…」

ほむら「あなた、円環の理にずっと居たんだから勉強くらいすればよかったのに」

さやか「まさかまた宿題に悩まされるとは思わなかったのよ…嬉しいような悲しいような」

ほむら「はぁ…まぁ、今回は大目に見てあげるわ」

さやか「うん?」

ほむら「私の宿題貸してあげるから、でも、なるべく写さないように」

さやか「まじで?ありがとう!ほむらちゃんマジ天使!」

ほむら「天使はまどかよ、さて…そろそろ私は行くわ、まどかが待ってる」

さやか「そっか、んじゃあたしも帰ろっと」

ほむら「なるべく早く宿題終わらせて、あたしもクリスマスを楽しみなさい」

さやか「あたしは予定ないんだって…はぁ、さやかちゃん結構可愛いのになぁ」

ほむら「明日になればわかるわよ」

さやか「はぁ?」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ほむらちゃん
  • ほむらちゃん
  • スーパーマミ
  • 【マギレコ】サブアカウントの現在の戦力【マギアレコード】
  • 【マギレコ】サブアカウントの現在の戦力【マギアレコード】
  • 【マギレコ】サブアカウントの現在の戦力【マギアレコード】
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771