自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【34】

鹿目家前

あずき「……」

仁美「どうするのですか?」

あずき「あたしは……」

あずき「……」

あずき「…やっぱり、いけないよ」

あずき「ゆかりを見送る資格なんてないよ…」

仁美「…」

あずき「…先生は大丈夫なんですか?」

仁美「私はゆかりちゃんと約束しましたわ」

仁美「あずきちゃんの事は任せて、とね」

あずき「……」

仁美「だからいつか、あずきちゃんがすべき事を見つけるその日まで」

仁美「あずきちゃんと一緒に待ちますわ」

あずき「あたしと一緒に…」

仁美「ええ、いつか必ずゆかりちゃんは帰ってきます」

仁美「その時は一緒に出迎えましょう」

あずき「……わかりました」

あずき「ゆかり…ごめんね」

ほむ母「…」ジッ

仁美「!」

あずき「…あれ?あの人って確かゆかりの親戚の人じゃ」

仁美「暁美さん…」

ほむ母「あ…こんにちは、仁美ちゃん、それにあずきちゃん」

あずき「こ、こんにちは」

仁美「こんにちは、ゆかりちゃんの見送り…ですね」

ほむ母「ええ…でも、ゆかりちゃんからしたら、ただの遠い親戚と思われてる私がこの場に駆けつけるのはおかしいって」

ほむ母「そう頭ではわかっているのだけど、どうしても見届けたくて…」

あずき「?」

仁美「…そうですわね、お気持ちはわかりますわ」

ほむ母「だからせめて、ここから見送ることができるだけで十分よ」

ほむ母「それに、ここ最近のゆかりちゃんは、あの子の面影がより強くなったから」

ほむ母「直視するのも辛いの…まるであの子が帰ってきたかのように錯覚してしまうからね」

仁美「ええ…」

あずき「…」

ほむ母「でも、ゆかりちゃんならきっとあの子とさやかちゃんを助けてくれるって信じてるから」

ほむ母「今はここで神に祈りましょう」

仁美「はい、そうですわね。さっ、あずきちゃんも」

あずき「…うん、そうですね」

あずき「ゆかり…!」

鹿目家

マミ「いよいよね…」

ゆかり「はい…!」

マミ「まずは変身して、武器を出して」

ゆかり「はいっ!」パァァァッ

マミ「弓に砂時計がついているでしょう?ここに魔力を込めれば魔法が発動するわ」

ゆかり「これが…」

杏子「…やっぱり、ほむらのと似てるな」

マミ「ええ、でも彼女の時間遡行とゆかりちゃんの時間遡行は似ているようで全く別のものよ」

杏子「だな、あいつのは記憶を過去に飛ばすようなもんだけど、今回は体毎…だもんな」

マミ「でも大丈夫、ゆかりちゃんなら必ずやり遂げられるわ」

杏子「ああ、そうだな」

ゆかり「…」ドキドキ

まどか「ゆかり、最後にもう1つ」

ゆかり「ママ」

まどか「これだけは絶対に忘れないで」

ゆかり「?」

まどか「ゆかり、みんなを見て?」

杏子「頼むぜ、頑張れよ」

なぎさ「私は何時でも応援してるからね!」

ゆま「がんばって!」

タツヤ「元気にやれよ!」

知久「無理はしちゃダメだからね」

詢子「ゆかりにらやれる!胸をはって頑張りな!」

ゆかり「みんな…!」

マミ「ゆかりちゃん、あなたは一人じゃないわ!」

まどか「そう、ゆかりは一人じゃないの」

まどか「例え遠く離れていても、世界がちがくても」

まどか「ママ達はいつもゆかりを見守っているの」

ゆかり「…!」

まどか「過去の世界で、迷ったり悲しむことがあったら」

まどか「その時は振り返ってみて」

まどか「思い出してみて」

まどか「みんなの気持ちが、想いが、祈りがゆかりを優しく包んでいるから」

ゆかり「みんなが包んでくれる…」

まどか「そう、それさえ忘れなければ、きっと必ず奇跡はおこせるの」

ゆかり「…うん!わかったよ、ママ!」

まどか「ママとの約束だよ?」

ゆかり「うん、絶対に忘れない!」

ゆかり「どんなに辛いことがあっても乗り越えてみせるよ!」

まどか「うん、そしたら今日と言う未来を、明日を変えることができる」

まどか「ママもみんなも、ゆかりを信じて祈っているからね」

まどか「ゆかりが元気に帰ってくる明日を、ずっとずっと待ってるから」

まどか「がんばって」

ゆかり「うん!」

パァァァッ

わたしの気持ちがまっすぐになった時、魔法が発動しました

最初は不安だったけど、魔法の光に包まれた時

その光は暖かくて優しい気持ちがしました

それはきっと魔法の暖かさじゃなくて、みんなの暖かさなんだなってわかりました

わたしは一人じゃない

いつもみんなの想いが側にいてくれる

それを実感できたわたしは

もう何があっても挫けない



目覚めた心は走り出した

未来を描くため

押し寄せた闇

振り払って進むよ

振り返れば仲間がいて

気がつけば優しく包まれてた

何もかもが歪んだ世界で

唯一信じれるここが救いだった

喜びも悲しみもわけあえば強まる想い

この声が届くのなら

きっと奇跡はおこせるだろう

交わした約束忘れないよ

目を閉じ確かめる

押し寄せた闇

振り払って進むよ

どんなに大きな壁があっても

乗り越えてみせるからきっと

明日信じて祈って



魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【完】

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【33】

マミ「ゆかりちゃん、もうそろそろ…」

ゆかり「はい、準備はできています」

杏子「最後に言っとく、インキュベーターには何があっても心を開くなよ」

ゆかり「インキュベーター…!」

杏子「あいつが諸悪の根元だ、あいつはあたしら魔法少女のことを道具としか思っちゃいねぇ」

ゆかり「…!」

杏子「一番気を付けなきゃいけない相手は間違いなくインキュベーターだ」

杏子「そこは忘れるなよ」

マミ「……」

ゆかり「はい、大丈夫です」

マミ「キュゥべえにも心があったら…」

杏子「それがないからこうなったんだ、14年前の戦いを忘れたわけじゃないだろ?」

マミ「……ええ」

ゆかり「マミさん…」

ゆま「インキュベーターはまどかを付け狙う一番の敵、いくら見た目が可愛いからって騙されちゃダメだからね」

ゆかり「はい」

なぎさ「インキュベーターは何故か私達の名前を最初から知っててね」

なぎさ「ゆかりちゃんの名前が鹿目ゆかりだとバレる可能性が高いの…」

ゆかり「え?」

なぎさ「そうなったら、だだでさえイレギュラーな魔法少女なのに、まどかとの関係もバレかねない」

なぎさ「そうならないように…ゆかりちゃん、目をつぶって?」

ゆかり「は、はい」

なぎさ「これで誤魔化せるかわからないけど…」パァァ

ゆかり「あったかい…」

なぎさ「……これで大丈夫」

ゆかり「えっと…何をしたんですか?」

なぎさ「今のは円環の理にいる時に魔法少女仲間から教えてもらった魔法でね」

なぎさ「人の情報を細工できる、ってものだよ」

ゆかり「情報を細工?」

なぎさ「この魔法でゆかりちゃんの情報を鹿目ゆかりから、百江ゆかりに偽装したの」

ゆかり「え?」

ゆま「インキュベーターの目を欺く方法、って言うこと」

ゆま「これならたぶん、正体が鹿目ゆかりだとバレないはず」

なぎさ「そうそう」

ゆかり「えと…とにかく、鹿目ゆかりじゃなくて、百江ゆかりを名乗れば良い…のかな?」

なぎさ「正解なのです」

杏子「それならあいつも直ぐには気づかねーさ、それにイレギュラーな魔法少女は他にもほむらがいるからね」

杏子「あいつが、ほむらとまどかに気をとられてる内に行動すりゃ良いんだ」

マミ「そうなるわね」

ゆかり「わ、わかりました!」

タツヤ「本当の名前は今でも昔でも鹿目ゆかりなんだ、そこは忘れるなよ?」

ゆかり「もぉ!忘れるわけないよ!」

タツヤ「ん、それで大丈夫さ」

知久「ちょっと複雑だけど仕方ないよ」

詢子「むしろその方が昔の私達と会いやすいじゃん、なぁ」

ゆかり「うん、これなら遊びに行けるね」

詢子「うん、待ってるからちゃんと若い頃のお婆ちゃんに会いに来いよ?」

知久「お爺ちゃんもね」

ゆかり「うん!」

タツヤ「俺もな」

マミ「まろか!まろか!」

タツヤ「マミさん!?気にいったんすか?」

マミ「ふふっ」

ゆかり「てぃひひ」

ゆかり「…それじゃあ、わたし行くね」

まどか「まって…」ヨロ

ゆかり「ママ!?」

詢子「なっ?おい、まどか!意識が戻ったのか?」

タツヤ「姉さん!」

知久「まどか…」

まどか「大丈夫…一人で歩けるよ」

ゆかり「ママ…」

まどか「ゆかり…これを」

ゆかり「写真…ママとほむらさん?」

まどか「うん、ママの宝物だよ…」

ゆかり「初めて見た…」

まどか「ほむらちゃんはママの最高の友達なの、でも…ほむらちゃんとはすれ違ってばっかりで」

まどか「結局、最後まで言いたいことも言えなかったんだ」

ゆかり「言いたいこと…?」

まどか「うん、でもそれはほむらちゃんが帰ってきたら本人に言うって決めてるの」

まどか「それでね、ゆかりに知ってて欲しいことは…ほむらちゃんは何でも全部一人で背負い込んで」

まどか「友達もちゃんと作ろうとしなかった…でもそれは、ママのせいなの」

まどか「回りからはそう見えなかったのかもしれないけど、ほむらちゃんも泣き虫でか弱い優しい女の子なんだ」

まどか「だから、ほむらちゃんと衝突することがあっても、恨んで欲しくないの」

まどか「それを受け入れて、ゆかりとほむらちゃんが友達になってくれたらママはとっても嬉しいなって」

ゆかり「…うん、わかった、ほむらさんとも仲良くするね」

まどか「ありがとう」

ゆかり「ううん」

まどか「そして最後に…リボン借りるね」

ゆかり「え?うん」

まどか「今のリボンの結び方も可愛いけど、それじゃあママとそっくりでバレちゃうといけないから」

まどか「だから、この結び方でいてくれたら嬉しいな」

なぎさ「!!」

ゆかり「あっ、カチューシャみたいに結んであるんだね」

まどか「…やっぱりあなたの方が似合うね」

ゆかり「え?」

まどか「ううん、大丈夫。何でもないの」

ゆかり「?」

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【32】

タツヤ「それから、これを」

ゆかり「アルバム?」

タツヤ「ああ、この14年間のアルバムさ」

タツヤ「あっちの世界では俺たちは一応他人になっちゃうけど」

タツヤ「ゆかりは間違いなく姉さんの娘だし、俺の姪だし家族だ」

タツヤ「だからその証として、持っていて欲しい」

ゆかり「…うん、大切にするね」

タツヤ「もちろん、あっちの俺達には絶対に見せたらダメだぞ」

ゆかり「大丈夫だよ、そのくらいわかるもん」

タツヤ「とにかく、元気にな、無茶だけはするなよ?」

ゆかり「うん!」

タツヤ「もしあっちの俺達に会ったらバレない程度に仲良くしてくれよな」

ゆかり「小さい頃はマミさんと声が似てたんでしょ?楽しみだなぁ」

タツヤ「さぁ?どうなんだろ」

マミ「たしかに小さい頃のタツヤくんと私の声は似てたかもね」

詢子「だよなぁ、私もそう思ってたし」

知久「あはは、そうだね」

タツヤ「ふぅん…なんか恥ずかしいな」

なぎさ「まろか、って言ってみるのです」

タツヤ「えぇ!?嫌ですよ!」

マミ「まろか!まろか!」

タツヤ「ちょっと!?」

詢子「おー似てる似てる」

知久「ははは」

ゆかり「うぇひひ」

杏子「…」

ゆま「あずき、結局来なかったね」

杏子「ああ…ったく、あいつに似て意地っ張りなやつだぜ」

ゆま「昔のキョーコだってそんな感じだったでしょ?」

杏子「そうかぁ?」

ゆま「そうだって」

杏子「……そっか」



あずき「……」

仁美「行かなくて良いの?もうゆかりちゃん行ってしまいますわよ」

あずき「先生…やっぱり今のあたしじゃ、ゆかりに顔向けできないよ」

あずき「あたしは魔法少女のこと、親のこと、未だに納得いかないもん…」

仁美「そうですか…」

あずき「ゆかり…ごめんね」

仁美「…やっぱり、似てる」

あずき「え?」

仁美「そう言うところが、さやかさんとそっくりです」

あずき「……そうですか、嫌なとこ似ちゃったんだね」

仁美「でもね、さやかさんは必ず最後には駆け付けてくれる」

仁美「とても正義感の強いお方、でしたわ」

あずき「…何が言いたいんですか?」

仁美「いえ、ただ私の親友の話をしているだけですわ」

あずき「親友…」

仁美「さやかさんは自分よりも友達を大事にして、一人で背負い込んで」

仁美「自分の本当の気持ちには素直じゃなかった」

あずき「……」

仁美「そして、二度と私達の前に帰ってきてくれなかった」

仁美「私は、もうそんな悲劇は繰り返したくありません」

あずき「先生…」

仁美「あずきちゃん、あなたは…」

仁美「本当の気持ちと向き合えますか?」

あずき「え…?」

仁美「時間はかかっても大丈夫です、今は本当の気持ちと向き合うことが一番大事なんです」

仁美「それを見誤らないでください」

仁美「あずきちゃん、あなたは一人じゃないんですから」

あずき「……」

あずき「あたしの本当の気持ち……か」

あずき「そんなのわかんないよ…」

あずき「ゆかり……」

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【31】

そして過去へ行く日がやってきました

鹿目家

マミ「いい?最後にもう一度確認するわ」

マミ「まず、ゆかりちゃんが戻る時期はまどかさんが魔法少女になる少し前よ」

ゆかり「はい…!」

マミ「そこで最初に過去の私を訪ねて欲しいの」

マミ「当時の私は一人で寂しかったから、怪しいことをしなければすぐに仲良くなれるはずよ」

マミ「そしてタイミングを見計らって、この手紙や写真を渡して欲しいわ」

ゆかり「わかりました」

マミ「たぶん私はものすごく動揺すると思うけれど、あなたが側にいてくれれば大丈夫よ」

マミ「そして私と一緒に暮らせば良いわ」

ゆかり「はい、がんばります」

杏子「そして次は学校だな、たぶんそっちのあたしは見滝原中どころか、学校にすら行ってないと思う」

杏子「マミも学年が違うから、そこは頼りにしない方がいい」

杏子「クラスはまどかとさやかと一緒、それに同時期にほむらも転校してくるはず」

ゆかり「あれ?でもなんでそれがわかるんだろう…」

杏子「ああ、本当は存在しないはずのゆかりちゃんが学校に通えるのはアレだよ、アレ」

杏子「過去に戻るくらいなんだ、学校に通えるくらい魔法で朝飯前ってや?まぁ気にしなくて大丈夫さ」

ゆかり「そっか、魔法ってすごいんですね」

杏子「過去に戻って歴史を変えるんだぜ?そのくらいできなきゃな」

ゆかり「はい」

杏子「ちなみに、当時のあたしはたぶん空いてるホテルを使ったり野宿したりしてたはず」

杏子「それにマミとは喧嘩中で機嫌も悪いだろうから気を付けなよ」

ゆかり「は、はい」

杏子「でも、ゆまが一緒にいれば多少は丸くなってるかもね」

ゆま「私はキョーコがいなきゃ死んじゃうだろうし、きっとキョーコの側にいると思うよ」

ゆま「だから私経由でマミとキョーコの仲を戻してあげたいの」

ゆま「そうすれば、ゆかりちゃん、キョーコ、マミ、そして私の4人で一緒に暮らせると思うの」

マミ「家計が火の車になるわ…」

ゆかり「あはは…」

マミ「でも大丈夫よ、これを渡してもらえればね」

ゆかり「ケース?」

マミ「現金よ、あんまりたくさんあると私の金銭感覚がおかしくなりそうだから」

マミ「私達4人の生活費くらいしか入れてないのだけどね」

杏子「うげ!いくらあるんだコレ!?かなりあるじゃねーか!」

ゆま「既に金銭感覚がおかしくなってるね…」

マミ「え?そ、そうかしら?」

ゆかり「うぇひひ、さすが国民的アイドル…」

なぎさ「マミはこれだから面倒見るのが大変なのです」

マミ「えー…」

なぎさ「とにかく、ゆかりちゃんはまずマミ、杏子、ゆまを友達にすること、わかった?」

ゆかり「はい!」

なぎさ「私はきっと魔女になってると思うけど、マミの作ってくれたこの弾丸を信じてる」

なぎさ「もし、私が人間に戻れたらその時は友達になってね?」

ゆかり「もちろんです!」

なぎさ「ありがとう、その時はこのチーズケーキを食べさせてあげて」

なぎさ「この限定チーズケーキは当時の私の夢だったの」

ゆかり「わかりました!けど…賞味期限大丈夫なのかな?」

なぎさ「そのくらいなら魔力でなんとかできるから大丈夫だよ」

ゆかり「魔法って便利ですね」

なぎさ「うん、魔法だもん」

タツヤ「いや、ほんと便利だよな…俺も魔法使えたらな」

詢子「なに言ってんだ、男なら魔法なんかに頼らずにシャキッとしなきゃダメだろ?」

知久「あはは…それはおいといて、ゆかり」

ゆかり「なあに?」

知久「僕たちは魔法は使えないし、過去の世界では他人として接しなきゃいけないんだ」

知久「だから何の力にもなれないかもしれない…」

知久「でもせめて、このくらいはできるかな、と思ってね」

詢子「まぁアレさ、服とか小物とかゆかりが好きそうなのは揃えておいた」

詢子「それにお気に入りのぬいぐるみも一緒に入れとく」

詢子「だからあっちでも元気にやりな」

ゆかり「お爺ちゃん、お婆ちゃん、ありがとう!」

知久「後はゆかりの大好きなクリームシチューとオムライスのレシピもおまけで付けとくよ」

知久「これをマミちゃんに渡してほしいな」

マミ「まかせてください」

ゆかり「わぁ、やった!」

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【30】

数日後

ゆかりの部屋

ゆかり「頑張らなきゃ」

あれから、もう少しマミさんとなぎささんに特訓してもらいました

それに杏子さんとゆまさんも付き合ってくれました

でも、あずきちゃんが心配だったので要所だけお願いしました

そのおかげで、それなりに強くなれたと思います

まだ実践経験はないけど、大丈夫です

戦闘に関しては、ですけど…

それよりも問題なのは、過去の世界での生活です

わたしは未来から来た上に、ママ…鹿目まどかの娘

そのわたしの正体がバレたら、わたしの存在そのものがなくなってしまうかもしれないみたいなんです

タイムパラドックス、とマミさんは言っていました

詳しくはわかりませんが、ママがわたしの正体を知ることによって

わたしの生まれるはずの歴史が変わって、わたしの生まれない歴史になる可能性がある…らしいんです

ママが魔法少女にならなくても、わたしは生まれるらしいんですけど

とにかく、わたしがママの娘だとママにバレることだけは避けなきゃいけないらしいです

そもそも過去に戻る最大の理由はママを助けること

それはママを円環の理にさせないことを意味しています

ママが円環の理にならなければ、魔法少女への救済ができなくなってしまうのです

ですが、それに関しては対策があるみたいです

これも詳しくはまだ話せないみたいなのですが

円環の理になっていないママ

ママに次ぐ魔力をもった暁美ほむらさん

この2人の力が必要みたいなんです

なので、とにかくわたしがやらなきゃいけないことは

わたしの正体を隠すこと

ママを魔法少女にさせないで、ママ以外の魔法少女と協力して、ワルプルギスの夜という

とても強い魔女を倒すこと

そして誰一人死なせずにこの世界に戻ること

…になります

ですが、わたし一人の力でこれを成し遂げるのは無理です

仲間の協力が必要不可欠なんです

そこで最初に過去のマミさんにだけ事情を話して、マミさんの家に居候させてもらう

と言う作戦をマミさんが提案してくれました

だけど正直、色々不安要素が多い作戦です

過去のマミさんにとってわたしは見ず知らずの存在

しかも未来の自分が書いた手紙や写真を渡されて

魔法少女の真実まで知らされて…

過去のマミさんからしてみれば、すごくショッキングな出来事になると思います

逆の立場だったら、もしわたしがマミさんだったら信じられない事態だなって思います

でも、現代のマミさんは大丈夫だと言ってくれました

マミさん本人がそう言ってくれているので、それを信じるしかない…って感じです

それに、過去に行って身元不明の魔法少女なわたしが住める所なんてありません

ママにだけは絶対正体をばらすわけにはいかないので、わたしの家には行けないですし

杏子さんも一人で隣町にいて、一匹狼?らしいですし

美樹さやかさんや暁美ほむらさんはどんな人かまだ詳しくわからないですし

結局、マミさんに助けてもらうしかないんだなって

そう思ってしまうのでした

ようするに、過去に行って最初にしなきゃいけないことは

マミさんとお友達になる

…と言うことです

大丈夫なのかな…

ううん、頑張らなきゃ

ゆかり「うん、頑張るぞ!」

まどかの部屋

まどか「…」

マミ「これで良かったのかしら…」

杏子「嘘ついてるからか?」

マミ「ええ、全てをゆかりちゃんに委ねるのに本当の目的を全く話していないんだもの」

マミ「それどころか、嘘をついて…」

杏子「仕方ねぇさ、本当のことだなんて今話せるわけないじゃんか」

杏子「んなことしたら、ゆかりちゃん絶望するかもしれないんだぞ?」

マミ「ええ…」

杏子「とにかく、ゆかりちゃんには魔法少女全員を守ってもらわなきゃいけないんだ」

杏子「今は余計なこと言えないさ」

マミ「そうよね…」

杏子「今更あんたが弱音はいてどうすんだ」

杏子「あれから14年近くも悩み続けてあんたが出した答えだろ?」

マミ「ええ…」

杏子「なら自分の出した答えを信じるんだ」

杏子「あたしらはみんな、マミのその答えを信じてるんだからさ」

マミ「そうよね…」

杏子「それに過去で経験を積めばさ、ゆかりちゃんも受け入れられるさ」

杏子「自分の出生を、な」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 【予約必須】1/8スケールフィギュア 悪魔ほむらうめver 7/30から予約開始【ほむらちゃんかわいい】
  • まどか
  • ほむらちゃん
  • マギアレコード配信まだか☆まどか
  • 魔法少女まだか☆まどか
  • 暁美ほむら
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771